01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

「三本松」ウォークは11月16日 その② 

ほんとうに遅くなりましたが、明後日に迫ってまいりました「かぎろひ歴史探訪」で訪れる三本松(宇陀市)の風情を紹介します。

コースは
近鉄大阪線三本松駅⇒道の駅「宇陀路室生」⇒海神社⇒安産寺⇒白鳥神社⇒長命寺・琴引峠⇒伊勢街道宿場町跡→三代目の三本松⇒大野寺対岸の大磨崖仏⇒近鉄室生口大野駅(解散)

↓中央の三角屋根が「道の駅」。その上方あたりに三本松駅

171110三本松


三本松駅から↑の撮影地点をのぞむと

171110三本松駅から

↑右手に道の駅、正面に見える橋を渡って海神社へ。その途中から眺めた風景がトップ写真


海神社

171110海神社


海神社から安産寺へ

171110海神社から


橋から見る宇陀川

171110宇陀川


安産寺は石垣の上に

171110安産寺へ

171110安産寺

当日は、重要文化財指定を受ける子安地蔵さんを拝観させていただきます。
急なお願いにもかかわらず、迅速に対応していただき、感謝感謝。ありがとうございます。

↓地蔵菩薩立象について(クリックで大きくなります)

171110地蔵菩薩説明


日本武尊をまつる白鳥神社

171110白鳥神社


社殿を守るかのようなでっかい銀杏の木。色づいているかな。

171110白鳥神社2


白鳥神社をふりかえって

171110白鳥神社3


あっ、電車~

171110電車



懐かしいたたずまいの長命寺

171110長命寺


境内の石仏群に手を合わせたり

171110石仏

汗をぬぐって休憩させていただいていると、管理されている方がいらっしゃって、当日はお堂を開けていただけることになりました。ご本尊は薬師如来さん。
地元の方々がお寺や仏様を大事に守られているのですね。


宿場町の風情を色濃く残す街道

171110宿場町


地名にもなっている「三本松」は三代目とか。

171110三代目三本松

初代の三本松は北條時頼が植えたと伝えられています。天然記念物だったのに、枯れて、指定が取り消されたのだとか。


三本松の所まで上ってみると

171110三本松ツツジ


ドウダンツツジの赤色にハッとさせられただけではなく、山並みと甍の美しさに、立ち尽くすのでした。

171110三本松から


大野寺の磨崖仏も拝観

171110磨崖仏


紅葉や黄葉、まだまだ楽しめるはず。

171110紅葉

171110銀杏


室生口大野駅で電車を待つのも楽しいひととき

171110室生口大野駅


※かぎろひ歴史探訪ウォーク 第9期⑤
11月16日(木)10時 近鉄大阪線三本松駅集合

171110三本松駅

事前連絡なしの飛び入り参加OK(1500円)
お弁当などをお持ちください。
かぎろひ歴史探訪⇒ 

Posted on 2017/11/14 Tue. 23:11 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

14

「三本松」ウォークは11月16日 

「かぎろひ歴史探訪」第9期の5回目は11月16日(木)。
10日に下見に行って、そのすばらしさの余韻に浸りながらも、連日、予定がつまりすぎていて、遅くなりました。
11日、興福寺旧境内で見つかった瓦窯跡の現地説明会、その後「正倉院展」へ。
12日、「やまとんくらぶ」で葛城山麓ウォークと梅乃宿酒造見学とお酒の会
13日、「正倉院展」最終日、呈茶席のお手伝いと片付け
(期間中、呈茶席にお入りくださった皆様、ありがとうございました。)

12日は8時お開きの後、スタッフ反省会(まだ飲むかっ^^;)。帰宅したのが午前様近く、翌朝6時に起きて、7時過ぎに出かけるという、ワタクシにとっては珍しいハードさ。とはいえ、楽しかったので疲れ知らず。お酒もたくさんいただいたわりにはスッキリ。
眠るだけに帰ったような感じで、家事せず、夫の顔を見ず(笑)

12日のやまとんくらぶ、散策の部

二塚古墳で

171112二塚古墳2

梅乃宿酒造を見学してから、お酒の会

171112お酒

興福寺旧境内瓦窯跡の現地説明会とやまとんくらぶについては、改めてご報告できればと思っています。
あっ、東大寺東塔院跡のご報告もまだでしたね。いつになりますことやら。


16日の「かぎろひ歴史探訪」が明後日に迫り、これからちょっと準備に入ります。
下見歩きのご報告はそれからにさせてください。今日中にはアップする予定です。いましばらくお待ちくださいますように。

とてもとても素敵な所で、桃源郷のようだったねと、センセと話しています。
とりあえず1枚。↓こんな所を歩きます。

171110白鳥神社3


それでは、後ほど!

Posted on 2017/11/14 Tue. 08:51 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

14

柳生の里探訪報告 

「かぎろひ歴史探訪」第9期はこの16日に5回目を迎えます。
近々、下見に行く予定なのですが、あれー、4回目の報告をしていませんでしたね。
一応、10月26日当日の夜、FBにアップしたので、なんとなく安心していました。⇒(FBってよくわかっていないのですが、誰もが見られるんですかね^^;)

簡単ですが、ざっと報告しておきたいと思います。

コース
近鉄奈良駅⇒(バス)⇒柳生バス停⇒天乃石立神社⇒芳徳禅寺⇒旧柳生藩家老屋敷⇒柳生八坂神社⇒旧柳生藩陣屋跡⇒疱瘡地蔵⇒かえりばさ峠⇒南明寺⇒阪原バス停⇒(バス)⇒近鉄奈良駅



天乃石立神社の奥、一刀石へ

171026一刀石


芳徳禅寺墓所

171026芳徳寺


龍センセの緑陰講座

171026緑陰講座


八坂神社で

171026八坂神社


疱瘡地蔵からかえりばさ峠へ

171026かえりばさ峠へ


峠からの下り道

171026かえりばさ峠から

171026下山

滝のような道には難儀しました

141026峠越え


全員無事に下山、明るい陽ざしを浴びてホッ

171026阪原

171026阪原2


皆様、ほんとうにお疲れさまでした。

171026集合写真

38人による歴史探訪でした。
東京からWさん、ブログ友達のまつよいぐささんが大阪からお友達と参加してくださり、いつもにも増して華やかな雰囲気に。
ありがとうございました。
行き帰りともバスを増便してくださった奈良交通さんにも感謝申し上げます。


参加者のブログ
鉄道の旅、音楽の旅⇒
団塊世代プラスONE⇒
できさんの奈良と出雲と⇒
太古さんのアルバム⇒

Posted on 2017/11/07 Tue. 22:24 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

07

10月26日、柳生の里探訪 

台風21号接近中。影響は出ていませんでしょうか。
くれぐれもご用心くださいますように。

この世に生まれてン十年、かくも雨が続いたことは記憶にありません。
「かぎろひ歴史探訪」第9期の4回目が近づき、晴天を待っていたのですが、止みそうになく、10月20日、小雨のなか、下見歩きをしてまいりました。

かぎろひ歴史探訪は早くも後半、4回目は柳生の里へ。
集合、受付場所は近鉄奈良駅行基さん前。9時41分発の「邑地中村」行きバスに乗りますので、遅れないようにお願いします。
乗り遅れると午後までバス便がありませんので、ご注意くださーい。
※柳生着10:24 バス代¥950


まずは、天石立(あまのいわたて)神社、芳徳禅寺へ

171020階段


141020天石立神社


ご神体は大きな岩。なんでも、手力男命が天岩戸を開いた時に、その扉石が飛来したと伝えられるそうな。

171020ご神体


一刀石。柳生石州斎宗厳が修行中、天狗だと思って切ったと伝えられています。

171020一刀石


境内にも岩がごろごろしていて、不思議な雰囲気が漂います。

171020岩


柳生一族が眠る芳徳禅寺

171020芳徳寺

※拝観料200円(団体割引30人以上、180円)


柳生藩の家老小山田主鈴の旧屋敷。 山岡荘八はここで小説「春の坂道」を書いたとされます。

171020家老屋敷

※入館料 350円(団体割引20人以上 280円)




家老屋敷からの眺め

171020家老屋敷から


そこから、八坂神社を経て、旧柳生藩陣屋跡へ

171020陣屋跡



疱瘡地蔵。

171020疱瘡地蔵3

疱瘡よけのお地蔵様らしいのですが、その足元に刻まれる碑文が貴重。
室町時代、徳政一揆の折の農民の宣言文で、文字はかなり磨滅して読みにくくなっていますが、センセの熱い解説があるはず。


さあ、ここから、山歩き。
石畳、木立のなか、登ったり下ったり。

171020山道2

「かぎろひ歴史探訪」を始めた4年前は、できるだけアップダウンのない道を、とキツク言われていたのですが…、最近は、ん? 結構ハードやん、と思われるような道をとることもあって、あれれ、と思うのです。
ま、ワタクシはうれしいのですが(笑)。
センセの足の状態が非常に良くなったせいか、ご参加くださる年配の皆さんが健脚だということに気づいたせいか(笑)

とても素敵なコースなのですが、結構勾配のある坂道もあり、気をつけて歩きましょう。

山道は展望がききませんが、突然開けると、わー♪ 思わず声をあげてしまいました。

171020柳生

↑歩いてきた山道を振り返って


171020柳生2


ご褒美のような風景に、しばし立ち止まって

171020柳生3

↑おふじの井戸の近くで。南明寺もすぐ。


最初の予定では、円成寺まで歩くことになっていましたが、タイムオーバーぎみで、バス便も少ないこともあり、山歩きはここで終わり。阪原からバスに乗って近鉄奈良駅まで帰ることになりました。ご了承ください。
※阪原15:48 近鉄奈良駅16:37 バス代840円


柳生の里を満喫しますので、仕方がありませんね。
この日は一応、阿対(あたや)の石仏まで歩いてみたのですが、

171020阿対地蔵


柳生バス停から往復3km! 今回はパスしますが、いつか笠置ウォークとあわせて行けたらいいなと思っています。

171020阿体道標


※かぎろひ歴史探訪第9期④
10月26日(木)近鉄奈良駅行基菩薩前、集合
近鉄奈良9時41分発の邑地中村行きバスに乗ります。

事前申し込みなしでのご参加OKです。お弁当などをご用意くださいね。
奈良交通さんに増便のご配慮をいただいております。お気軽にご参加ください。

私どもスタッフは8時30分頃から待機してお待ち申し上げております。


※柳生街道⇒

Posted on 2017/10/22 Sun. 18:49 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 4

22

名張、夏見廃寺跡へ ご報告 

10月12日、「かぎろひ歴史探訪」第9期の3回目。

コース
近鉄大阪線名張駅⇒夏見廃寺跡と夏見廃寺展示館(昼食と講座)⇒積田神社⇒名張藤堂家邸跡⇒寿栄神社⇒アーケード街⇒宇流冨志禰神社⇒近鉄名張駅(解散)

霧雨のなか、夏見廃寺跡へ

171012公園


夏見廃寺展示館着

171012展示館着


展示館で

171012展示館


廃寺跡に立って往時をしのぶ

171012廃寺跡

晴天時よりも趣あり

171012廃寺跡2


昼食、龍センセ講座の頃には雨も上がって

171012講座


積田神社

171012積田神社2


銀杏の巨樹。色づく頃に来てみたい

171012銀杏



急遽、コースを変更して先に名張藤堂家邸跡へ行くハプニングもありましたが(約束の時間が迫っていたため)、無事に終えることができました。

最終ポイントになった宇流冨志禰神社

171012宇流冨志禰神社2


夏見廃寺展示館、名張藤堂家邸跡は本来、木曜日はお休みなのですが、ご配慮いただきました。
夏見廃寺展示館は、今期の予定を決めるとき(6月)に許可をいただいていたのですが、名張藤堂家邸跡は下見のときに初めて、共通チケットがあることを知り、だめもとでお願いしてみました。
急なことにもかかわらず、対応していただき感謝にたえません。ありがとうございました。

歴史探訪翌日、お世話になった教育委員会のKさんにご報告とお礼のメールをさしあげました。

思いがけず、こんなお返事がかえってきました。

実は夏見廃寺跡から藤堂家邸へ国道沿いを移動されているところを車で通り掛かりました。
後がありましたので声は掛けられませんでしたが、横目には見ておりました。
大変楽しそうな雰囲気が伝わってまいりまして何よりでございました。
このたびはありがとうございました。またのご訪問をお待ち申し上げております。


大変楽しそうな雰囲気とあるのがうれしくて!
今回は34人でのウォークでした。ご参加の皆様、ありがとうございました。

171012記念撮影

※参加者のブログなど
鉄道の旅、音楽の旅⇒ 
できさんの奈良と出雲と⇒
団塊世代プラスONE⇒
FB太古さんのアルバム⇒  


※次回は10月26日(木)、柳生の里を訪ねます。
近鉄奈良駅から邑地中村行き9時41分発のバスに乗りますので、9時30分までに行基菩薩前にお集まりください。
乗り遅れると午後までバスがありませんので、ご注意ください。
下見の後、またご報告します。

Posted on 2017/10/16 Mon. 06:59 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

16