03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

『轉法輪』新春開運号 

轉法輪寺(五條市犬飼町)さんの季刊発行紙『轉法輪』新春開運号。

180103転法輪


龍センセの一文が掲載されました。
12月7日、「かぎろひ歴史探訪」第9期の最終回でお訪ねしてのご縁です。⇒


180103転法輪2


ページをめくって

180103転法輪3

↑集合写真も掲載されています。

↓これですね。

25371072_1366100330179814_1274961569_o.jpg

紙面の左側に、西山先生の写真が載っているのもどこかうれしくて。


では掲載までの顛末を。
歴史探訪が終わった翌日、轉法輪寺さんへ龍センセがお礼状を出したところ、お電話を頂戴しまして、新春号に載せたいので、もう少しふくらませて600字ぐらいで書いてほしいとのことでした。

お電話はワタクシがとったのですが、本人に確認もせず「わかりました。ありがとうございます」とお返事。
さらに、お正月号なので…、とおっしゃったので「はい、お急ぎですよね。当人は書くことに慣れておりますので、すぐにお送りできると思います」と、勝手に話を進めまして(笑)


早速、龍センセは書き上げたのですが、あらら、600字どころか1200字もあるやん。
と気づいて、半分に削るというハプニングもありましたが。

原稿をお送りするのも、早いほうがいいでしょうと、轉法輪寺さんのHPから⇒
メールアドレスがわからなかったので、FBへメッセージ。すぐにお電話もして、一件落着。昨年末には掲載紙もお送りいただいた次第です。ありがとうございました。

今、知ったのですが、HPで『轉法輪』のバックナンバーが読めるのですね。⇒


一応、ここにも全文、掲載しておこうと思います。


轉法輪寺さんで

 十二月七日の私どもの歴史探訪は五條二見駅に集合した約五十人が旧道を生蓮寺さん、烏ケ森堂を経て轉法輪寺さんに到着。その後は、黒駒の古墳、御霊神社、落杣神社から井上皇后の御陵、他戸親王のお墓、最後は五條の御霊神社本宮というコースを辿りました。
 ところで、最初のポイント轉法輪寺さんは、旧道から信号の無い国道二四号線を横断しなければならず少し心配がありました。ところが、地元の方が交通整理に出て下さり、全員無事に山門をくぐることができました。「有り難い」と掌をあわせたものです。
 大教堂を解放いただいた轉法輪寺さんでは桑山住職さんの法話、続いて般若心経。その誦経になぜか心の高揚を覚えました。その後に私の拙い歴史話が入り、参加者は弁当を広げました。その折りお出し下さったお茶の温かみと食後の柿の甘みは嬉しい思い出となりました。
 「せめてお寺の境内に居る間だけでも佛様を〃見る〃とは言わず、〃拝む〃という言葉を使ってほしい」とは、言っていたのですが、この日は、さらに教えられることがありました。歴史探訪は訪れた土地の歴史を知り、里風景を愛でるだけではない。その土地の人々の温かい人情に触れ、参拝する寺々で自ら掌を合せる佛縁に浴することを識らねば、と気付かされたのです。京都の東寺、弘法さんで遊び育った私になにか縁があったのかもしれません。頂いたお心感謝するばかりです。
                      かぎろひ歴史探訪   田中 龍夫

 

Posted on 2018/01/06 Sat. 13:01 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

06

今期最終回、五條ウォーク 

12月7日、「かぎろひ歴史探訪」第9期の最終回で五條へ。

五條は母の里でもあり、ワタクシにとっては特別な地。
なんと、思いがけず、今回の歴史探訪も、特別感いっぱい。友人、親類をまきこむことになったのでした^^;
ご縁はつながっていたというお話、聞いてくださーい。

171207黒駒古墳

前夜のこと、Sさん(飲み友の若い女性)から突然のメッセージ。

ご相談があります。
参加者の皆さんに、我が家の柿を貰って帰ってはいただけないでしょうか。

数個ずつでも持ち帰っていただけるのであれば、明日、父にでも運んで貰おうかと思うのですが、いかがでしょうか。



ビックリしながら、ワタクシ
うわわ、お申し出に驚いています。 こんなにうれしいことはありませんが、甘えていいのでしょうか。
コース途中に柿の販売所もあるので、おそらく何人かは買われるのではないかと思っていたところです。
参加者全員の人数は確定できていないのですが、たぶん30人~40人ぐらいかと想像しています。皆さん喜ばれると思います。


そうして、最終ポイントの御霊神社前までお父様に持って来ていただくことに決まったのですが…。


当日、轉法輪寺で。

171207転法輪寺

母の実家からも総出(笑)
いろいろ世話を焼いてくれていた、いとこ(母の長兄の長男)に、
「友達のお父さんが、御霊神社まで柿を届けてくれはるねん。全員の分、あるみたい」と言うと
「なんていう人?」
「Sさん」
「よう知ってるから、お宅へ取りに行って、人数分に小分けして五条駅まで届けたるわ」
Sさんのお父様にその旨、電話をすると「Mちゃん?」
Sさんのお父さんといとことは、ちゃんづけで呼び合う仲だったことにビックリ!
うーむ、世間は狭い(笑)


轉法輪寺で、ご住職にも入っていただき記念撮影

171207集合写真

今期最高の参加者があり、48人。
ほんとうにお世話になりました。
92歳のおばちゃん(母の兄嫁)も会いに来てくれまして。お元気そう。あやかりたいわ~


帰宅すると、Sさんからメールが届いていました。
うまく渡せたかなー、と確認したくて父に電話したら「Mちゃんが取りに来てくれてん」
??Mちゃん??って誰?と、なった私でしたが、話を聞いて、納得しました。
父とは同級生だったようで。しかも、息子さんと姉も同級生です(笑)



いとこからすると、Sさんとワタクシの関係が不思議に思えるらしく
「なんで知ってるの? 」

ワタクシ「お酒の会で知り合ってん」

あきれた表情(笑)

Sさん
私も同じく、かぎろひさんとの関係を話したら、姉妹からはあきれられましたよ……。


そうして、
ご縁って、面白いですね。そして、それを繋げてくれるお酒って素敵ですよね(笑)


激しく共感!!


翌朝、人と人のつながりにほっこり、ふんわり。人生ってやっぱりオモシロイ。


轉法輪寺のご住職から、ゆるゆるした会やな、というようなことを言われました。

はい、たぶん、ひとつはそれが特色でしょう。
参加者それぞれ、足並みがそろわず、そろえようとせず、マイペースで。
50人にもなると、トップ集団と後続、続々集団、の間はかなり離れるのですが、それもよし。
各自、歩くペースも違いますのでね。興味のあるものも違うし。
まあ、皆さんの協力あってのことですけどね。

それからもうひとつの特色は…、今回、気づいた、人情を感じることや、とセンセ。
そういえば、後々、心に残るのは、そこの歴史もさることながら、地元の人との触れ合いが大きいような気がするのでした。

あっ、報告がそれました?

コース
JR大和二見駅⇒(旧街道)⇒生蓮寺⇒カラスガ堂⇒轉法輪寺⇒御蔵橋⇒黒駒古墳⇒御霊神社・落杣神社⇒井上皇后陵⇒他戸親王墓⇒御霊神社本宮⇒五条駅


落杣神社・御霊神社から井上皇后陵へ

171207落杣神社


のどかな里道を井上皇后陵へ

171207井上皇后陵へ


他戸親王墓で

171207他戸親王墓から2

見晴らしバツグン。あっ、雪山が!

171207雪山

誰かが大台ヶ原では?って。 当たってます?

他戸親王墓から

171207他戸親王墓から3


御霊神社へ

171207御霊神社


全員が五条駅で柿を受け取り、解散。

有志は五條酒造さんへ。

参加者16人。お酒を買って、各自持ち寄ったアテで。

171207五條酒造

171207五條酒造3

それぞれが個性的でおいしくいただきました。やっぱり、地元で、地の酒を、しかも蔵でいただくのはサイコーですね!
五條酒造さん、ありがとうございました。

さてと、この後、西大寺エキナカ豊祝に立ち寄り(8人)、ワイワイおしゃべりして、

もう一軒行こうという声があがり(ワタクシではありませんよ)
じゅん平へ行くも満員で、うまっしゅへ(5人。うち女子4人)

今日の復習しようとWさん。

171207五神

171207酒

女性3人は東京、千葉、神戸から。関東の2人は宿泊しての歴史探訪参加で、感謝と申しわけない気持ちと。
いつも遠くからありがとうございます。

「かぎろひ歴史探訪」はワタクシ自身も、仕事というよりも趣味の域。
奈良好き、歴史好き、歩くの好きな、気の合う友人がいっぱいできた感じでうれしい限りなのです。

ご参加くださいました皆様、お世話になった皆様、ほんとうに、ありがとうございました。

第10期は来年3月からのスタートとなります。6月まで6回。
コースも決まっていて、この日の参加者には配布しました。
欠席の方には郵送しますので、もうしばらくお待ちくださいますように。

追ってHPにもアップします(日程とコース名だけですが⇒)。

参加者のブログ
鉄道の旅、音楽の旅⇒
団塊世代プラスONE⇒

ブログアップを終えて、メールチェックしたら、Fさんから心温まるお言葉が届いていました。
許可を得ていませんが、うれしかったので、紹介させてくださーい。

昨日は大勢の参加者で、珍しく若い方の参加もあり楽しく歩けました。
ありがとうございます。お疲れ様でした。

一番印象に残ったのは、他部親王陵の遠方からの景観です。
たわわに実った柿の林の中に、寂しい雰囲気の森と鳥居がしずまる景観、どこまでも澄みわたった青空に一片の雲、
何もかも感動的でした。
和束町の安積親王陵も茶畑の中でいいですが、他部親王陵の景観には及ばないと思いました。

転法輪寺では、川崎さまのお心遣いに加えて、お寺さんをあげてお接待くださり感謝感激です。
五十歳を前に四国遍路をし、行く先々でお接待いただいたときの驚きと感激を思い出しました。

かぎろひさんのご母堂さまのご実家川崎家が、お大師さまとの強い繋がりがあったことを教えていただき感動いたしました。
川崎さまご夫妻には、五条駅まで、たくさんの柿を一人ひとり袋に詰めてお持ちいただいたこともありがたいことでした。
かぎろひさんと同じように大柄で、表情もどこかおおらかで似ておられますね。
あのような暖かい心の人が多い五條の地がもっと人の集まる賑わいを取り戻して欲しいと願わずにはおれません。
いただいた暖かいご恩を、これからの自分の生き方に生かさねばと思い至りました。

帰りの和歌山線の電車内でも、四国遍路を結願し高野山にお礼参りされてきた一人の若い女性を見かけ、思わず「おめでとうございます」と声をかけてしまいました。
久しぶりに、お大師様との同行二人、いただいたご縁とご恩を思い出し、印象深い年末の歩き会になりました。

五神はいかがでしたか。
飲んだことがないので魅力的でしたが、帰りを考えて失礼いたしました。



Posted on 2017/12/08 Fri. 21:08 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 4

08

9期最終回は12月7日 五條ウォーク 

「かぎろひ歴史探訪」第9期も、最終回になってしまいました。
12月7日(木)、JR和歌山線大和二見駅10時25分着の電車がありますので、それでお越しください(ICカードは使えませんので、ご注意を!)。

171201大和二見駅

※6月当初にお渡ししている案内のうち「交通アクセス」の発車時刻に間違いがありました。
近鉄橿原神宮前発吉野行きは9時31分になります。京都駅は8時、大阪阿部野橋は8時50分。
吉野口で乗り換え、10時6分発のJR和歌山線和歌山行きにご乗車ください。


私どもスタッフは1時間前にスタンバイしておりますので、それで来ていただいてもOK。おしゃべりしましょう(笑)
あ、事前申し込みなしの、飛び入り参加も歓迎です(参加費1500円)
天気予報は今のところ、晴れ時々くもり、ですが、気温11度と寒くなりそうです。
ご安心ください、お弁当タイムは屋内を確保してきましたよ。えへん。

転法輪寺の

171201転法輪寺

大教堂で、ご住職のお話と龍センセの講座、昼食

171201転法輪寺2


実は、母の実家がごく近く。いとこが檀家総代をしているらしい。ので、えへへ、「お願い、一緒にお寺へ行ってm(__)m」 と頼み込んだというわけでして。すんなり。ありがとー。
ご住職は父のこともよく知ってくださっていて、郷里エリアを実感したのでした。


いとこの家で勉強して

171201犬飼


車で案内するよ、それから昼食でも、と言ってくれたのですが、丁重にお断り。
だって、車と徒歩では全く距離感が違いますのでね、下見にならなーい。

↓こんな古墳も、発見できていなかったカナ。

171201黒駒古墳

↑黒駒(くろま)古墳。7世紀の円墳とか。

↓説明。クリックで大きくなります。

171201黒駒古墳説明


柿の実がいっぱい残る、のどかな田園地帯を歩いて

171201柿


紅葉も楽しみながら

171201紅葉2




悲劇の母子が眠る地を訪ねます。
井上内親王(光仁天皇皇后)の宇智陵

171201井上内親王陵


同じ日に死んだとされる皇子、他戸(おさべ)親王のお墓

171201他戸親王墓3


詳しくは当日、センセの講座で。

霊をしずめるためにつくられた御霊神社は五條市内に20社以上。そのうちの、霊安寺町に鎮座する本宮へは、丹生川を渡って

171201丹生川


御霊神社本宮

171201御霊神社



このあたりから見る金剛山も好き

171201金剛山


五条駅へ、大川橋を渡って

171201大川橋


解散後、希望者は五條酒造さんで、お酒を楽しませていただきます。
立ち寄ってみたら、たまたま蔵元社長さんがいらっしゃって、快く応じてくださいました。

171201五條酒造


お楽しみに! おつまみなど、ご用意くださーい。

Posted on 2017/12/02 Sat. 00:33 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

02

安産寺の子安地蔵菩薩 

「かぎろひ歴史探訪」第9期の5回目は11月16日、宇陀市室生三本松あたりを歩きました。

コース
近鉄大阪線三本松駅⇒道の駅「宇陀路室生」⇒海神社⇒安産寺⇒白鳥神社⇒長命寺・琴引峠⇒伊勢街道宿場町跡→三代目の三本松⇒大野寺対岸の大磨崖仏⇒近鉄室生口大野駅(解散)


圧巻はなんといっても、安産寺の子安地蔵菩薩さん!
お昼前には安産寺に着いていたのですが、拝観を終えて外へ出ると、もう1日の予定が終わったような、満足感に満ちていたのでした。

国の重要文化財に指定されている子安地蔵さんは、三本松中村地区の自治会でお守りされています。
たいへんに手厚いおもてなしを受けて、恐縮感謝するばかり。

集会所を兼ねる本堂で、まずはビデオ観賞や説明を受けまして

171116安産寺


参加者はちょうど40人だったのですが、三班に分かれてゆっくり拝観させていただきました。お地蔵様のおはします収蔵庫でも、エピソードなどを交え興味深いお話を聞くことができました。

拝観以外の人は昼食タイム。
「外は寒いでしょう」とご厚意にあずかり、お茶まで出していただき、ほんとうにありがとうございました。

お地蔵様は、像高177.5cm、榧(かや)の一木づくり。
第一印象は、なにひとつ尖ったところのない、おおらかで、ぬくもりのある存在感。何も言わんでええ、よしよしと、身も心も包み込んでくれるような、ありがたさをひしと感じました。

我にかえって、じっくりと拝すると、揺れているような衣文の軽やかさ、美しさ! あ、靴をはかれて、わずかに腰をひねり、今にも動き出されそう。

なっちゃんに見せてやりたい、と思わず写真を購入(3枚1000円)

171116地蔵菩薩


安産のお守りも。えへへ。

171116お守り


境内の説明板から
本尊 地蔵菩薩立像
榧(かや)材 一木造 像高177.5センチメートル
昭和15年10月 国宝に指定され、昭和25年8月 国指定重要文化財となる

安産寺(真堂)の本尊は、木造 地蔵菩薩立像で、作者は不明であるが、今から千百余年前の平安時代初期の作といわれている。また、沓(くつ)を履く地蔵菩薩としても珍しい。

尊顔は細く切れた目が優しさと慈悲に溢れ、
身体(からだつき)は肩が張って十分な厚みがあり、重量感に富み、威容と風格をそなえている。

当初は彩色されていたが、現在では殆ど剥落し、また衣文線に沿って切金を施した痕跡も認められる。衣文は漣波式(れんぱしき)といわれるもので、幾重にも重なり、肩から腹部を経て股間に流れ落ち、裾に至って大きく反転している。その彫り口は繊細かつ大胆で鋭い。

これらの表現は、室生寺金堂の釈迦如来立像(国宝)と共通するところが多く、本像は「貞観(じょうがん)彫刻」の代表作の一つに数えられている。

当地ではこの地蔵菩薩を「子安地蔵」と呼び、子授け、安産の地蔵さんとして信仰が篤い。
平成四年三月



この日、「夏に西山先生が来はってね」「撮影は別に5時間もかけられました」とお聞きしました。
「ならナビ」の「仏教よもやま話」やね、とピンときたのですが、観そびれていました。残念。検索してみると、出てきましたので、まだの方はどうぞ。⇒


テレビ画像を見て感じたのですが、最初は同じ目線で撮られていますよね。見上げたときと印象が違ってビックリ。
そういえば、先日は灯りを消しての拝観体験もさせていただいたのですが、ドキリとするほどの違いがあって、これにも衝撃を受けたのでした。

地元の方にもお聞きし、西山先生もおっしゃっていますが、室生寺金堂に、このお地蔵様のものだと思われる光背が存在していること。そして、平成5年(1993)、東京国立博物館で開かれた特別展「大和古寺の仏たち」で、初めて、お地蔵様と光背を合わせて展示されたのだとか。「それはもうドンピシャ」だったと、地元の方が感無量におっしゃっていました。

その時の図録を入手された方のブログで、ちょっと写真を見ることができます。⇒

そしてまた別々に離されてしまった…、残念ですね。

※安産寺 子安地蔵菩薩拝観は
●初地蔵法要 一月第三日曜日 10:00~15:00
●ご縁日御開帳法要 八月第四日曜日 13:00~15:00
●月縁日法要 毎月九日 10:00~正午
上記以外の拝観・祈祷は要事前連絡
安産寺 
宇陀市室生三本松中村2932
電話 090-3268-5859


おっと、歴史探訪報告のつもりが、子安地蔵さんだけで長くなってしまいました。タイトルも変更^^;

後半はざっとご紹介。風景も人情もほんとうにええとこでした。

海(かい)神社で

171116海神社


白鳥神社の大銀杏はまだ緑

171116白鳥神社


白鳥神社から長命寺へ

171116白鳥神社から長命寺へ


長命寺でも本堂を開けてくださり、薬師如来様や色鮮やかな十二神将像を拝観させていただきました。説明もしていただき、ありがとうございました。

171116長命寺


宿場町の趣を感じ

171116宿場町


地名の由来になった三本松へ

171116三本松あたり


最終ポイントは大野寺磨崖仏

171116大野寺


皆様ありがとうございました。恒例の記念撮影は長命寺で。

171116記念撮影

※参加された方のブログなど
鉄道の旅、音楽の旅⇒
できさんの奈良と出雲と⇒
河内太古さんのアルバム⇒


※次回は12月7日(木)五條市を訪ねます。
JR和歌山線大和二見駅10時30分集合
橿原神宮前で乗り換えの方は9時31分発吉野行きにご乗車ください(6月に配布した交通アクセスの発車時刻を間違えていましたm(__)m)。吉野口でJR和歌山線に乗り換え。10時6分発。
事前申し込みなしの飛入り参加OKです。

詳しいコースなどは、来週下見に行きますので、その後、ご報告します。


Posted on 2017/11/20 Mon. 14:20 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

20

「三本松」ウォークは11月16日 その③ 前夜 

「かぎろひ歴史探訪」を明日に控え、今日も準備三昧でありました。
いやー、いつもはもっと早く終わるのですが、ぎりぎりまで他のことにかかりきりだったのと、思わぬ仕事が増えまして^^;
聞いてくださいますか。

実は前回の「柳生の里」ウォークで利用した帰りのバスの、料金システムに支障があった、というか、運賃データがずれていたのだそうです。「30円多くもらいすぎていました」ということで、30人分×30円を払い戻ししていただいたのです。
何かの時のためにストックしておこうかなとも思ったのですが、全員ではないし、たぶん気になるにちがいないし、忘れてしまう可能性もなきにしもあらずで、30円ずつ返金することに。

17111510円玉

30円ずつ袋に入れて、セロテープでとめる作業をしながら…、この忙しいときに、笑うしかない心境(笑)
お渡しする記念写真とセットにして完了!

171115写真

ふう。
そこへ、歴史探訪お仲間のOさんから電話。
「歴史探訪」6回分の案内にいつも交通アクセスも付けているのですが、最終回の橿原神宮前駅の時間が間違っているとのこと。
ええっ。気づいていませんでした^^; だいたい「交通アクセス」って付けても意味がないのではないかと思いながら作業しているので、校正もしていない。ほとんどの人は自分で調べられるとは思うものの、何しろJR和歌山線のことですからね。万一、ひとつ乗り遅れると大変!
というわけで、修正作業。明日、お渡ししまーす。

171115交通アクセス

Oさん、ありがとうございました。
今の時点でご連絡いただき助かりました。明日の探訪を終えてからだと、1人1人に電話連絡をしなければなりませんでした^^;
以後、もうちょっとちゃんとやろう。しっかし、電車の連絡時刻を調べて記していくのって、結構時間がかかるんですよね。交通アクセス、ワタクシは要らないんじゃないの? とひそかに思うのですが、アナログセンセは「必要」だとのたまうのですよ。


そんな作業中、「かぎろひ歴史探訪に参加したいのですが」とおっしゃる女性から電話がかかりまして。
どうやら、「かぎろひの大和路」33号を見て、歴史探訪に興味をもたれたようでした。
いろいろお話しした結果、来春からの予定をお送りすることになりました。

歴史探訪参加者の最年長は82歳ぐらいですと、お伝えすると「皆さんお若いのですね」
ひえぇ。「私は91歳です。8kmぐらいなら歩けます」とのこと。
お声も若々しく、とても90歳を過ぎていらっしゃるようには思えませんでした。
というわけで、元気をもらった次第です。

そして先ほど、大和の和尚さんからメールを受信。
別件があり調整しましたが残念ながら参加出来ません。
そこで情報提供だけしときます。
昨年私が企画した町の生涯学習教室で歩いたルートとその道端にある道標です。
私が現地で使う説明資料です。ご参考に。
(1)ルートマップ(三本松駅~榛原駅間) 丸囲みの数字は起点からの距離
(2)道標リストとルート上の史跡等の説明文
明日のご盛会を祈ってます。


PDFデータが添付されていました。

171115地図

ありがとうございます。
屋内作業ばかりでしたが、つながりをうれしく感じる1日となりました。

明日は晴れそうですが、気温が急に低くなるようですね。
10時、三本松駅集合。
私どもは9時頃から待機して皆様をお待ちします。

Posted on 2017/11/15 Wed. 21:45 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

15