09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

都祁の里に日本の原風景を感じて 

9月14日、「かぎろひ歴史探訪」第9期の1回目は都祁の里へ。
近鉄榛原駅から乗ったバスは坂道をどんどん上ってゆき、香酔峠を越えると出あう都祁の地は別世界の感。不思議なほどの広がりをもって迎えてくれます。
都祁高原は実り豊かに秋色を深め、古代ロマンに浸ることができました。

コース
近鉄榛原駅⇒(バス)⇒友田バス停⇒都祁水分神社⇒来迎寺⇒小治田安萬侶の墓⇒國津神社⇒歓楽寺⇒三陵墓古墳群⇒興善寺⇒倉本酒造(希望者のみ)⇒吐山北口バス停


のどかな都祁の里を歩く一行

170914水分神社から

↑都祁水分神社から来迎寺へ


170914来迎寺から

↑来迎寺から小治田安萬侶の墓へ



170914小治田安萬侶の墓へ

170914小治田安萬侶の墓へ2

↑小治田安萬侶の墓へ


170914墓から


170914國津神社へ

↑國津神社へ


170914三陵墓古墳へ

↑三陵墓古墳群へ


もう歩いているだけで、大満足。心身ともに喜んでいるのがわかるのです。
そのうえに、歴史遺産が点在し、古代ロマンに浸ることができるゼイタク。仲間がいるというシアワセ。

都祁水分神社で

170914都祁水分神社

170914都祁水分神社2

『延喜式』の神名帳にも名前を残す由緒ある神社。祝詞、祈念祭の項には、「吉野、宇陀、都祁、葛木」と水分神社の1つとしてあげられています。

本殿は国重文。
その前の狛犬は珍しい造形と制作年代ともに、注目されるものです。
撮りたーい、撮りにくーい^^;

170914狛犬


来迎寺はたまたま法要中

170914来迎寺

170914来迎寺本堂2


37人でのウォークとなりました。
ご参加の皆様ありがとうございました。

170914記念撮影

↑三陵墓古墳群で記念撮影


仮解散の後は、久しぶりの酒蔵見学会。
倉本酒造さんにお邪魔しました。
20名を超える参加者で、酒蔵探訪としては人数の記録更新。

蔵の中で飲ませていただき、大いに盛り上がりました。おいし、たのし!
なぜか、写真があまりない^^; 必死で飲んでいたんやろ、って?

170914倉本酒造

170914酒

倉本酒造さん、ありがとうございました。

「かぎろひ歴史探訪」第2回は9月28日(木)に実施します。⇒

※参加者の方のブログ
鉄道の旅、音楽の旅⇒
団塊世代プラスONE⇒

Posted on 2017/09/16 Sat. 07:40 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

16

明日スタート! 

「かぎろひ歴史探訪」第9期がいよいよ明日スタートします。
3か月ぶりなので、どきどき、わくわく…

もちろん、準備は滞りなく整った(はず)。

170912準備

前期(第8期)、6回すべてに参加されたのは10人!
過去最多カナ。ささやかながら、皆勤賞も出しますよ~。お楽しみに。


お天気は良さそうです。↓今日(13日)の夕焼け。
明日が昨日でなくてよかった(笑)

170913夕焼け

それでは、お待ちしておりまーす。

Posted on 2017/09/13 Wed. 21:26 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

13

秋色の都祁高原 

かぎろひ歴史探訪第9期の1回目が9月14日(木)に迫ってきました。
9月8日に下見。

都祁の里はすでに秋の風情を濃く漂わせていました。
ひんやりした風のなか、目の前に広がる、黄金色の田園風景に歓声をあげながら歩いたのでした。

まずは、その風景をごらんくださーい。

170908稲穂

170908稲穂2



170908稲穂5

170908都祁


170908稲穂 三陵墓東古墳から

↑三陵墓東古墳から

下見のとき、コース選択などについて龍センセと意見が分かれて衝突することがよくあるのですが、不思議なことに今回は皆無。
2人ともアルファ波が出まくりだったのではと思うのです(笑)。ストレス社会から脱出して、たまにはこういう環境に身を置かねばなぁ、などと話しながら、スムーズな下見になったのでした。


こんな癒し風景のなかを、都祁水分神社をかわきりに

170908都祁水分神社

↑写真中央あたりに鳥居


170908都祁水分神社3


わー、こんな道を歩きますよ

170908稲穂の道


山寺の趣ある来迎寺

170908来迎寺



小治田安萬侶の墓へは、こんな子がお迎え

170908ニコニコ樹木


たずねる人なく、キバナコスモスに慰められるかのよう

170908キバナコスモス


170908小治田安萬呂の墓


國津神社

170908國津神社


歓楽寺

170908歓楽寺2



お昼はちょっと遅めになりそうですが、三陵墓古墳で、ゆっくりしましょう。お弁当と龍センセ講座

170908三陵墓西古墳2


170908三陵墓西古墳


三陵墓東古墳

170908三陵墓東古墳


東古墳から西古墳を

170908三陵墓東から西



南白石バス停で仮解散。
今回は、倉本酒造さんで蔵見学と試飲をさせていただきますので、3択でどうぞ。
①南白石バス停発15時17分のバスで榛原駅へ
②南白石バス停発15時17分のバスに乗るが吐山北口で下車、倉本酒造へ
③倉本酒造までハイキング

②には龍センセが乗車
③はワタクシが同行します。

倉本酒造まではバス停2つ分。国道沿いなので結構車量は多いのですが(歩道あり)、
都介野岳をのぞみながら

170908都介野岳


あっ、田んぼの向こうに石仏が!

170908石仏

ちょっと立ち寄ったり

170908石仏2


やがて、額井岳が姿を現すと

170908額井岳

倉本酒造はすぐそこ。
全景

170908倉本酒造全景


主要銘柄は「金嶽」

170908倉本酒造

170908酒

小さな蔵ならではの丁寧なお酒造りをされています。お楽しみに!


※「かぎろひ歴史探訪」第9期1回

2017年9月14日(木)
近鉄大阪線榛原駅集合
10時11分発の針インター行きバスに乗車。次の便は12時台になりますので、遅れないようにお願いします。

バス乗り場は北出口なのでご注意を!
改札を出て左へ進んでください。

170908改札口

170908バス乗り場案内

170908階段

↑階段を上ってまっすぐ


バス乗り場

170908バス乗り場

バスは増便をお願いしてあります。

※飛び入り参加OKです(1500円)。
お弁当などをお持ちください。
詳しくは⇒

Posted on 2017/09/09 Sat. 15:39 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

09

かぎろひ歴史探訪第9期 

ずいぶん涼しくなりましたね。
夏の眠りからハッと目覚めれば、目の前に積みあがるあれやこれや^^;
しっかり充電したはずなので、頑張りたいと思いまーす。

「かぎろひ歴史探訪」第9期のスタートが来週に迫ってまいりました。
6回分をざっとご紹介します。

第1回  9月14日(木) 都祁の里(東国への道)
第2回  9月28日(木) 龍田道(亀の瀬越え)
第3回  10月12日(木) 夏見廃寺(畿内東端の名張)
第4回  10月26日(木) 柳生の里と柳生街道
第5回  11月16日(木) 伊勢北街道(三本松の宿場)
第6回  12月 7日(木)  紀州街道と悲劇の皇后母子の里

もう少し詳しくは⇒


今回は第2回に「亀の瀬地すべり現場見学」を申し込んでいます。⇒

1709亀の瀬


第3回には「夏見廃寺展示館」を訪ねますが、本来は木曜日がお休みのところ、特別に開館していただきます。⇒

どちらも、とても親切にご配慮いただき、感謝感激です。ありがとうございます。

お楽しみに!

来週木曜(14日)はいよいよ第1回の歴史探訪ウォークですが、近々下見に行きますので、その後、ご報告したいと思います。

Posted on 2017/09/05 Tue. 21:18 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

05

「かぎろひ歴史探訪」第9期ご案内 

「かぎろひ歴史探訪」第9期の案内をHPにアップしました。

第9期


第1回  9月14日(木) 都祁の里(東国への道)
第2回  9月28日(木) 龍田道(亀の瀬越え)
第3回  10月12日(木) 夏見廃寺(畿内東端の名張)
第4回  10月26日(木) 柳生の里と柳生街道
第5回  11月16日(木) 伊勢北街道(三本松の宿場)
第6回  12月 7日(木) 紀州街道と悲劇の皇后母子の里

詳しくは「かぎろひの大和路」のHPをご覧くださいませ。→

第9期第1回は最初から数えて51回目! もうそんなになるんですね! ビックリ。
ご参加の皆様、ほんとうにありがとうございます。

またお会いできるのをたいへん楽しみにしております。
飛び入り参加OKですので、会員でない方もお気軽にどうぞ。

詳しいコースについては下見の後、このブログでご案内させていただきます。

Posted on 2017/06/23 Fri. 15:18 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

23