02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 03

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

「かぎろひの大和路」33号 まもなく発行 

「かぎろひの大和路」復刊33号(通巻72号)の発行を待つ日々です。
遅くとも来週中にはできると思うのですが、確定しておりません^^;
おたずねいただきました皆様、ありがとうございます。いましばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

ひと足先に、内容を簡単にご紹介してみます。

表紙不退寺


特集 藤原氏の光芒  佐保、奈保の道 
平城京前半史を語る 佐保、奈保の陵墓
法華寺から元明陵へ
佐保路の趣深める古社寺
平城京より古い海龍王寺
不退寺
丘陵中腹に上古の夢跡
狭岡神社
那羅山墓
居並ぶ聖武光明皇后陵
不比等の墓いずこ
夭折の皇太子眠る 那富山墓


万葉人の語らい(33)    
生活と風習と 法連阿弥陀講  
大和を彩ったひと 大伴安麻呂
まちなみスケッチ(32) 岡山県高梁市 片寄俊秀
発掘情報 東弓削遺跡(大阪府八尾市)
文学&奈良 志賀直哉 幸町時代の二作品
お話 佐保姫や、あわれ!
まちのげんき⑦ 奈良・人と自然の会
こんな店・こんな宿・こんな品
奈良特産品  古墳グッズ
奈良弁③ わかるカナ?  鼻のてべっちょ
おたより 
ときのつなぎ 『奈良の「隠れ名所」』(奈良まほろばソムリエの会)
かぎろひ歳時記 佐保路の寺社     
なら酒 蔵めぐり21 倉本酒造(奈良市都祁)
やまと路NOW  法華寺の鳥居、業平の供養塔
「かぎろひ歴史探訪」第8期/特別展招待券プレゼント

33号不退寺

       
発行になり次第、発信していきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

Posted on 2017/03/07 Tue. 13:45 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

07

表紙はどれがいい? 

編集作業の最後は表紙。

お気に入りのビューポイントからの風景で決まりのはずだったのですが・・・

170221表紙

うーん、前号の表紙と似ているし、もうちょっと明るさがほしいよね。

で、あと2つ作って、そこから選ぶことに。

まず①

表紙若草山

↑あらら、復刊32号になっていますね^^; (実際は33号)



候補②

表紙不退寺


候補③

表紙桜


どれがいいと思います?

実はすでに決定しまして、印刷所へデータを送ってしまった次第です。

ようやく、すべてのページが手元を離れて、脱力状態。

さぁ、今夜は飲むぞ!

Posted on 2017/02/22 Wed. 14:55 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 2

22

竹林寺で 

12月26日、生駒方面に所用があったので、ついでに(と言ってはなんですが^^;)、往馬大社にお参りしてから、竹林寺へ足をのばしました。
4年前(!)、『かぎろひの大和路』で「行基と忍性が眠る里」を特集したとき(→)は、何度も訪ねたので、懐かしく親近感いっぱいの地。


新年を迎える準備が整った往馬大社

161226往馬大社


竹林寺へ

161226竹林寺


行基さんのお墓と

161226行基墓


忍性さんの五輪塔にお参り

161225忍性墓


「忍性」展の余韻のせいか、以前の塔に心が向かって。

161226旧墓石


ここへ来るといつも清々しい気持ちになります。
誰にも会いませんでしたが、このお寺を守っている方々がいらっしゃることを、よく知っています。
以前、取材させていただきましたから。→


年末のあわただしさのなか、奇跡的とも思える、静かさを満喫。


庫裏の前には、ご縁が結べるよう配慮されたノートなどが吊るされています。
「かぎろひの大和路」もm(__)m

161226雑記帳


お世話されている方のお顔を浮かべながら、ちょっとご挨拶を書いていこうかなとノートを広げると、最後に書かれた方の文字が目に入りびっくり。

161226雑記帳2

明日香村で(飛鳥駅前の「飛鳥びとの館」ですね)、『かぎろひの大和路』を購入してくださった方が、記事を読んですぐに竹林寺をお参りされたということが書かれていたのです。

静かな境内でひとり、うれしさをかみしめたのでした。
ありがとうございます。


※竹林寺さんでの清掃には誰でも参加することができます。

161226竹林寺清掃


※忍性さんについて、よろしければ→

Posted on 2016/12/29 Thu. 08:50 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 2

29

30年前の「かぎろいの大和路」 

豊住書店さんから「バックナンバーがなくなりそうやから、持ってきて」という電話。
ええーっ、11月中旬に納品したばかりなのに!?

発行元がこんなことを言っていてはいかんのですが、そう売れる本ではないはず(笑)。
いや、時間をかけて一生懸命に作り、大事に考えてはいるんですけどね。

お買い求めいただいた皆様、ほんとうにありがとうございます。励みになります。

雨が降る前に納品してきました。

161222豊住書店

161222豊住

↑残っている状態を撮ったもので、これに追加してきました。


私どもが在庫しているバックナンバーはすべて豊住さんでお求めいただけます。

7号 唐招提寺
9号 東大寺 その1 創建前後と大仏造立
10号 秋篠、押熊の里(秋篠寺、神功皇后陵、蛙股池)
11号 女人高野室生寺
14号 西大寺から菅原の里
15号 大神神社と山の辺の道
16号 東大寺転害門から般若寺
17号 天武の皇子たち(2) 忍壁皇子とその弟妹
18号 郡山城跡と城下町 弥生時代から近世まで
19号 平群 古代豪族の跡を辿る
21号 元興寺界隈 ならまち①
22号 唐古・鍵遺跡と三古社(田原本①)
23号 飛鳥めぐり② 桧隈の里
24号 山の辺の道② 柳本古墳支群
25号 五條① 歴史の交差点
26号 秋篠川 西岸に甍連ねる巨刹
27号 葛城の道② 伝承と史実のはざま
28号 三輪山と纏向遺跡 卑弥呼をたずねて
29号 太子道がつなぐ磯城の里(川西、三宅、田原本)
30号 行基と忍性が眠る里 生駒大社、竹林寺から暗峠(南生駒)
31号 影姫が行く山の辺の道 大和王権発祥と和爾氏
32号 忍海、新庄(葛城市) 古代葛城氏の余燼と漂う近世城下町風情7号


豊住さんでバックナンバーを確認していたら、ずーっと昔の、旧「かぎろいの大和路」が混ざっていてビックリ。
ど、どうしたんですか、これ。

整理をしていたら出てきたんですって。
保存状態も良くて、驚くばかり。
なにしろ、もう、発行元にもないものですから^^;

他にもあったらしいのですが、買ってくださった人がいるそうで。
2冊残っていました。

161222旧刊


ちょうど30年前の発行です。1冊250円。

懐かしすぎて、その頃のことをつらつら思い出しながら帰途についたのでした。
帰ってから、あ、買ってきたらよかった(笑)




Posted on 2016/12/22 Thu. 21:41 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 2

22

「かぎろひの大和路」バックナンバー 

豊住書店さんから、「バックナンバーもうないで。持ってきて」という電話が入り、7月1日補充してきました。
お求めいただきました皆様、どうもありがとうございます。

160701豊住書店


豊住書店さんには、バックナンバーを全冊置いていただいています。

もちろん私どもで在庫切れしているのも多いのですが、豊住さんでは現在、下記の号をお求めいただけます。
 7号 唐招提寺
 9号 東大寺 その1 創建前後と大仏造立
10号 秋篠、押熊の里(秋篠寺、神功皇后陵、蛙股池)
11号 女人高野室生寺
14号 西大寺から菅原の里
15号 大神神社と山の辺の道
16号 東大寺転害門から般若寺
17号 天武の皇子たち(2) 忍壁皇子とその弟妹
18号 郡山城跡と城下町 弥生時代から近世まで
19号 平群 古代豪族の跡を辿る
21号 元興寺界隈 ならまち①
22号 唐古・鍵遺跡と三古社(田原本①)
23号 飛鳥めぐり② 桧隈の里
24号 山の辺の道② 柳本古墳支群
25号 五條① 歴史の交差点
26号 秋篠川 西岸に甍連ねる巨刹
27号 葛城の道② 伝承と史実のはざま
28号 三輪山と纏向遺跡 卑弥呼をたずねて
29号 太子道がつなぐ磯城の里(川西、三宅、田原本)
30号 行基と忍性が眠る里 生駒大社、竹林寺から暗峠(南生駒)
31号 影姫が行く山の辺の道 大和王権発祥と和爾氏
32号 忍海、新庄(葛城市) 古代葛城氏の余燼と漂う近世城下町風情


バックナンバーといえば、奈良市観光センターにも置いていただいているのですが。。。
最近、買おうとしたらなかったという電話がよくかかるのです。そのうちの1人は「また入りますか?」と聞いたら「予定はありません」という応対だったんですって!

まあ、放ったらかしにしているこちらもこちらですが、書店だったら注文してこられるんですけどね。

というわけで、豊住さんから奈良市観光センターへ。
す、すいません、奈良市観光センターにバックナンバーありますと謳っているのに、ほとんどなくなっていました^^;  業務怠慢やねm(_ _)m
とりあえず、用意していった29号と30号は補充してきました。
近々、他の号も入れてきますね。

どうぞよろしくお願いします。

Posted on 2016/07/02 Sat. 16:03 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

02