07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

西行も訪れた秋篠の里 




江戸時代の奈良ガイドブックとも言える『大和名所図絵』(秋里籬島著)の
「秋篠里」の項を見る。

秋篠寺についてページを割いたあと、「秋篠里」の次に、「外山里」とあり

「秋篠の西にあり 名木の楓あり」と記す。

そして、西行法師の歌が見える。

あきしのの 外山の里やしぐるらむ 生駒の嶽に雲のかかれる 
(『新古今和歌集』巻6冬歌585)    
 
『平城村史』には、「外山の里」は後に中山と改めたとある。

とすると、今の中山町のあたりで、西行はこの歌を詠んだのだろうか。

先日訪ねた秋篠川の源流付近なのかもしれない。

そういえば、西に生駒山がきれいに見えたなあ。




関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2009/08/11 Tue. 22:28 [edit]

category: 耳より情報

TB: --    CM: 2

11

コメント

 

鹿鳴人さん
お訪ねいただきありがとうございます。
かなりリラックスして楽しくやっておりまして、お恥ずかしい限りです。
こうして意外な方に見ていただいているのかと思うと、もう少し緊張感をもたなければと思うのですが、ついついアホなことも書いてしまいまして^^;
商店街に掲げられている「おもてなし標語」いいですね。
こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2009/08/13 18:43 | edit

 

かぎろいさん。ようやくブログをさがしあてました。すばらしいブログよく更新しておられますね。さすがプロ。
おもてなし標語も紹介していただき、遅くなりましたが、お礼申し上げます。またよろしく。

URL | 鹿鳴人 #79D/WHSg | 2009/08/13 16:34 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form