07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

長弓寺 


行きたい時に行きたい所へ行くのはなかなか叶わないので、「ついで散策」「ついで拝観」(お寺様・神社様あいすいません)を楽しみにしている。

先日、「山鶴」の蔵を訪ねたときは、富雄川をはさんで対岸の地にある「真弓山 長弓寺(ちょうきゅうじ)」へ足を伸ばしてみた。ほんとに久しぶり。

聖武天皇の発願で行基が開基したと伝えられる由緒あるお寺である。



山門


本堂は国宝。


棟木に、弘安2年(1279)の墨書銘が残る。
蒙古群が来襲したあの文永・弘安の役の時代だ。

翼を広げたような、檜皮葺の屋根が美しい。

蛙股(かえるまた)には彫刻がほどこされていて、細部にもこだわりの美しさが感じられる。




あまり声高には語られないが、このお寺には国宝の本堂のほかにも魅力はいっぱいある。

「まゆみの鐘」と呼ばれる梵鐘もそのひとつ。
誰でも志納でつくことができる(心をこめてついてください、とある)。

たまたま来られていた人が鐘をついた。
思わず黙祷。心のひだに、ひたひたとしみこんでくるような響きである。そうして、ずうっと余韻が長引く。いったいいつまで続くのと思われるほどの余韻なのだ。今まで聞いた鐘のなかで、これほどの余韻をもつものがあっただろうか。

余韻というものは、境内の静かさやその時の気分で変わるものなのかもしれないが、その後もしばらく私のうちから消えなかった。
心がささくれたときや落ち込んだときは(そんなんあるんかって言われそうだが、あるんですっ)、ここの鐘を聴きに行こう!

鐘の作者は、人間国宝の故香取正彦氏。
こぶりでほっそりとした姿。余韻は大きさではないのね。
「生滅々已 寂滅為楽」の文字。

真言涅槃文の一節らしいが、深すぎて、私には説明できませぬ。
お寺の方にお尋ねを。



つづく


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2009/08/14 Fri. 09:15 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 5

14

コメント

 

素晴しい余韻を残す鐘の音を、
ぜひ一度聴きたいものです。
感想、少し長くなりますので、
掲示板の方へ書かせて下さい。
失礼します。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2009/08/14 23:15 | edit

 

野の譜さん
コメントありがとうございます。
旧のかぎろひ誌のときに、ご一緒しましたね。
長弓寺へ行ったとき、私も思い出していました。
お寺は全くといっていいほど変わっていませんでした。
あのとき訪ねたほうじの里へは、あれきりになっていますが、また行ってみた
い気がします。茅葺きの家などもありましたよね。
変わっていたらこわいなあ。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2009/08/14 22:50 | edit

 

Naraniyosiさん
楽しいコメントをありがとうございます。
ほんとに、真弓監督には、真弓山へ行っていただきましょう。
そして、「まゆみの鐘」をついていただいて、みんなでお祈りしましょう。
弓長とは懐かしい名前。ああいう中継ぎ選手がほしいものですね、今のタイガース。
でもまあ、今日は巨人に勝って、うれしいな。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2009/08/14 22:41 | edit

 

長久寺は田中様、かぎろい様にご案内頂いたのではなかったでしょうか。
違っていたら御免なさい。
屋根の勾配の美しさを正面の階段から見た方が良いか、直ぐ横の小さな
坂道を上った方が美しいか思案して下さったのを覚えているのですが・・・
鐘の音色は知りません。秋にでもぜひ訪ねたいと思います。

URL | 野の譜 #79D/WHSg | 2009/08/14 20:42 | edit

 

真弓監督は信貴山には必勝祈願参拝されてましたが、真弓山には祈願されてなかったようなので、これが原因なのかなと思ったりします。
奈良に来たついでに行けばよかったですけどね。
星野監督の頃の、弓長という中継ぎ左腕がよかったですね。
僕も先日、長岳寺の鐘を撞いてきました。
龍王山に響き渡りました。
鐘をついた自分も、鐘楼横で寝ていた猫もびっくりしました。
もちろん、墓地でボーッとしました。
そのうち、どういうバチがあたるのかとドキドキしてきています。

URL | Naraniyosi #79D/WHSg | 2009/08/14 15:46 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form