09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

山ぶどうのワイン「月日星」 

もう1週間前になりますが、6月2日、奈良ロイヤルホテルで開催された「ワイン試飲会と夢窓庵20周年記念パーティ」に参加しました。





「夢窓庵」と言えば、ミシュラン二つ星に輝く日本料理のお店。
佐保川沿いにあり、いつもお花があふれる素敵なたたずまいです。
ワタクシはこの前をよく通り、わが家でも話題になるほど(→icon52)勝手に親近感を増幅させているのですが、いまだお料理を味わうまでには至っておりません^^;

今回の催しは、大阪在住のHさんからお誘いいただきました。
Hさんは「お料理はもちろんだけど山葡萄ワインがそれはおいしいのよ」と熱く語る「夢窓庵」の大ファン。
奈良市の東部山間(春日奥山の東のほう)、生琉里町(ふるさとちょう)にある「夢窓庵」の山葡萄園での収穫時にも参加されたのだそうです。


スペシャルイベント、木下紀章氏のテノールコンサートが素敵でした。



←プログラム(クリックで拡大)






うっとりと酔いしれてコンサートは終了。

伸びやかなテノールの余韻のなか、さあ乾杯のときがやってきました。

と、再び木下氏が登場されると「乾杯の歌」(歌劇「椿姫」より)が!
人々はワイングラスを手に立ち上がり、リズムにのり、宴の雰囲気が一気に盛り上がりました。





すばらしい演出にも乾杯!

2012年産、山ぶどうワイン「月日星(つきひぼし)」は「富士の夢」と「神の雫」の2種。



この日、ご説明くださった山梨の「志村葡萄研究所」所長さんのお話によると、日本原産「行者の水」とフランス・メルロー種を交配したものだそう。「富士の夢」はことにポリフェノール含有率が高く、普通のワインの10倍ぐらいとか。
香り豊かで濃厚な味わい。うわぁ、おいしい♪

ラベルに描かれているのは「三光鳥(さんこうちょう)」。春日奥山には夏になるとこの鳥が飛来するのだそう。なんでも鳴き声が「ツキヒーホシ」と聞こえるとか。
描き手は、日本画家の上村淳之氏。会場にお見えで、ご挨拶もありました。

楽しいひとときをありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/09 Sun. 22:50 [edit]

category:

TB: --    CM: 2

09

コメント

 

白雪さん
こんばんは!
私も山の子ですが、やまぶどうは食べたことがありません。
ワインはおいしかったですよ~
ツキノワグマに遭うんですかっ!?
山歩きが好きな身としては、コワイことが多いですよね。
>剛くんのお歌
長渕剛ですよね。
剛クンってあるので、堂本剛クン? 草なぎ剛クン? ってまず思ってしまいました^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/06/10 20:48 | edit

 

やまぶどう、後にも先にも一度だけ遭遇し食べたことがありますよ。
まだうら若き厚顔の美少年のころ友人といつものように山に入り遊んでいるときに発見、とても美味しかったことを記憶しています。(なんて記憶力のいいこと、でもその当時から面の皮は厚かったようです)
今では山に入り遊ぶなんてことはできないそうです。イノシシ、ツキノワグマに遭遇するかららしいのですが。
乾杯の音頭の歌はてっきり、剛くんのお歌かと思いました。

URL | 白雪 #79D/WHSg | 2013/06/10 12:14 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form