07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

秋篠の森 Hôtelノワ・ラスール 



『かぎろひの大和路』26号「秋篠川流域」特集のなかでとり上げる宿といえば、ここしかないと決めていた。
「秋篠の森」のホテル ノワ・ラスール。






開店25周年を迎え、全国的にファンがいる「くるみの木」が営むゲストハウス。
ホテルは、2004年に誕生。

オーナーの石村由起子さんは、急に出張が入ったとのことでお会いできず残念だったが、スタッフの藤岡さんが素敵な笑顔で出迎えてくれた。

ツインルームとデラックスツインの2部屋だけ。
どの窓からも見えるのは木々の緑。



あらっかわいい、ロビーの窓辺にこんなものが。トトロのしわざ?



森の中で拾った木の実だとか。
思わず心なごみ、話がはずむ。
オーナーの蒐集品やアンティークな家具がさりげなく置かれたしつらいも、いい雰囲気。
できるだけゆったりのんびりくつろいでほしいという心くばりがあちこちに感じられる。

窓から向こうに見えていたのは、「食の円居(まどい)なず菜」。
食事はここでいただく。

なず菜の外にはたきぎ。
そう、ここには暖炉があるのだ。
パチパチと燃える暖炉の火、ろうそくの灯り。冬はまた格別の趣に違いない。


食事は宿泊客だけではなく、一般にも開放。
予約をすればいただくことができる。
和食をベースにした創作料理。

敷地内に、「ざっか月草(つきくさ)」。
個展なども開く。
これらについては、またの機会に。



ツイン2名、デラックスツイン2名(デラックスツインは、エキストラベッド使用で4名まで可)
朝夕食つき
全室バス・トイレつき

宿泊料金は、ツイン1万6800円~
デラックスツイン2万1000円~
(一部屋を2人で利用したときの1人の料金)
いずれも平日料金。

ホテルは毎週火曜(月曜夜も)と第3水曜が定休日。


奈良市中山町1534
西大寺駅から押熊行きバスで約10分、平城中山下車、徒歩5分。
駐車場無料(20台)
http://www.kuruminoki.co.jp/makishino.html

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2009/08/21 Fri. 09:59 [edit]

category: こんな宿

TB: --    CM: 2

21

コメント

 

はなのさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
秋篠川源流あたりの桜並木が散歩コースだっておっしゃっていたので、お近くなのでしょうね。
部屋の中では、信州の高原ホテルにいるような錯覚をおこしました。
こんな所で、ゆっくりしてみた~い。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2009/08/21 12:55 | edit

 

 こんにちは
何度かお食事に伺いましたが確かにいい感じですね~。
かぎろひさんのおかげでホテルの中が拝見できてラッキーでした。
 でも貧乏性の私は「我が家の寝室もこんなふうにしょう」とか、
場所的にあまりにも近いので「景色、いっしょやん」なんて思って
しまうのが悲しいです。(トホ)
 

URL | はなの #79D/WHSg | 2009/08/21 12:12 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form