07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

奈良旅手帖 届く 


今日、高野山麓から奈良へ戻ると、楽しみにしていた「奈良旅手帖」が届いていた。

「奈良旅手帖」のことは、「ナラ咲く」に参加させていただいて、初めて知った。

私にとって手帖は必携の友で、仕事もプライベートも、メモも何でも書き込んで、頼りにしている。
逆に、手帖を失ったりしたらもうタイヘン(さすがの私もまだそれはないicon22)。

奈良の住人となっても、どこか奈良の旅人気分から抜けきれないでいるワタクシ。
「奈良旅手帖」と聞いただけで、ワクワクして、申し込みをしてあったのだ。

神社仏閣はもとより、レンタサイクル、コインロッカー、交通、早朝営業店…ほんとうに親切でていねい。
旅する人、奈良好きが重宝することは間違いないが、日々の手帖はむしろ奈良の住人こそがありがたく使えるのではないかと感じた。

寺社の年中行事は、よほど有名なものでない限りうっかりしていることが多いものだ。
私などもなかなかそのためには出かけられず、ついでに足を伸ばすことが多いのだが、帰ってから、ああ今日はあの近くでこんな行事があったのか、と気づいて残念に思うことも。
「奈良旅手帖」があれば、そんなこともなくなりそう。

デザインもすてきで、睦月、如月、弥生…師走と陰暦の美しい文字と、さりげなく添えられた万葉歌。
いいねっ、この感性!

日の出、日の入りが入っているのもありがたい。
手帖をつくられたあさみさんが、奈良を旅して、実際にこんなことがわかったらいいな、と感じられたことをそのままカタチにしたのではないだろうか、と思う。

コラムを執筆された多田みのりさんの文章にも奈良への愛が感じられる。

多田さんとは実は、偶然、2年ほど前だったか一緒に大仏鉄道跡を訪ねたことがある。
その後出版された『奈良のチカラ』という本も、共感を覚えながら読ませていただいた。
あ、それよりも、多田さんも「ナラ咲く」ブロガーのはず、よね。

あさみさんとみのりさんがお友達だと聞いてまたビックリ。

来年は「奈良旅手帖」を持って、奈良めぐり♪
うれしいな(今日はもう持って出かけたのだけど^^)。

手帖と一緒に、こんな素敵なものも入っていた。
ありがとうございます。お疲れさまでした。
楽しんでつかいますね。

「奈良旅手帖」については、奈良倶楽部さん、奈良ウガヤゲストハウスさんが詳しく紹介されています。
http://naraclub.blogspot.com/2009/10/2010.html
http://ugayan.narasaku.jp/e14825.html

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2009/10/10 Sat. 21:40 [edit]

category: こんな品

TB: --    CM: 2

10

コメント

 

あさみさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
これだけのものを作り上げるのはたいへんだったと思います。
でも、たくさんの人に利用されて喜ばれたら、うれしさもいっぱいですね。
多田さんによろしくね~。
ブログもたまには更新してね~とお伝えください。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2009/10/10 23:24 | edit

 

こんばんは。無事に届いてよかったです~
>旅する人、奈良好きが重宝することは間違いないが、日々の手帖はむしろ奈良の住人こそがありがたく使えるのではないかと感じた。
奈良に住んでいる方に、そう言っていただけて本当に嬉しいです。
多田さんにも伝えておきますね~
本当にありがとうございました!!

URL | あさみ #79D/WHSg | 2009/10/10 22:13 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form