09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

スミレの花 



一昨日、知人のIさんから、こんな素敵なスミレの絵はがきをたくさんいただきました。

スミレの花を探し求めて、野山を歩き、写真に撮り、ご自分で絵はがきにされたものです。

三色スミレとスミレぐらいの識別しかしていなかったワタクシは、自分を恥じ入ると同時に、こんなに種類があるものかと新鮮な驚きで見入りました。

しかも、添えられたタイトルがふるっているのです。たとえば





明日香村稲淵のノジスミレ

小さなスミレと、向こうの棚田が不思議な世界を作っています。
カメラテクニック?













この写真には胸があつくなりました。

雪の残る野原に咲くスミレの花。

足元にそっと咲く小さなスミレの花を、ワタクシは見ずに通り過ぎていることも多いのではないかと、ふと思いました。

ちなみに、Iさんは男性です。
こういう優しい花を撮るには、そのいっぽうで、重いカメラを持って歩く力強さとフットワークも要るのでしょうね。
ささやんの世界とも共通しそう。

万葉集のこんな歌を思い出しました。
春の野に すみれ摘みにと来しわれそ 野をなつかしみ 一夜寝にける
 (巻8ー1424 山部赤人)

そうそう、Iさんは「日本スミレ同好会」の会員だそうです。
http://www.geocities.jp/sumire_doukoukai/

会員を募集しているようです。興味のある方はどうぞ。

Iさん、ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2009/10/25 Sun. 21:03 [edit]

category: 耳より情報

TB: --    CM: 4

25

コメント

 

emirinさん
おはようございます!
コメントありがとうございます。
いつも、スミレを追っかけていらっしゃるようですよ。
平城宮跡のスミレを撮った「遠足」というタイトルの写真も印象に残っています。青空のもと、スミレがずらっと咲く、ほほえましいものでした。
(これは年賀状でいただいたのですが、ちょっと取り出せなくて…)
なんか、私って大事なこと、見過ごしてないかなあ、と思ってしまいました。
つい、上を向いて歩いてしまう私です^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2009/10/26 06:44 | edit

 

今晩は!
なんだか、可憐と言うべきか・・・
本当に、スミレを主体にカメラを向けていらしゃる感じですね。
それに、スミレを通して生きていると感じるのは
私だけでしょうか・・・・
自然って素晴らしいですね!

URL | emirin #79D/WHSg | 2009/10/25 23:22 | edit

 

*ならら*さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
ほんとに写真おそるべし、ですよね。
映らないものが見えてきます。
そう言われてみると、周りに素敵な方がいますね~。
私はがさつでそそっかしくて、とんでもはっぷん(ふるい?)。
丁寧にと思いつつ、いつもバタバタッで、あきませんわ、いくつになっても。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2009/10/25 22:21 | edit

 

こんばんは
私も涙が出そうになりました。
いいお写真ですね。
写真って、お人柄がぜったいに出ると思うんですよ。
かぎろひさんの周りには自然の好きな、素敵な方がたくさん
おられますね。
お会いしたことはないですが、翻ってかぎろひさんのお人柄もしのばれます。

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2009/10/25 21:16 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form