05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

風のビューカフェ 友遊由 

12月10日、「生駒市コミュニティバスたけまる号」icon52で向かった最初の目的地は、終点暗峠のすぐそばにある「風のビューカフェ 友遊由(ゆうゆうゆう)」。

13.12.10友遊由

以前、ん~と、8月2日、竹林寺で法要に参列後、ラッキーガーデンでランチ、暗峠でかき氷を食べた、あの日!→icon52
忘れもしない、汗をかきかき歩いた暑~い日のこと。暗峠から下ってすぐのところにあるお店の前で、こちらのオーナー夫人にバッタリ。

人気の天然酵母パンは、この暑さで今はないけれど、連絡してくれたら用意しておくからという約束をし、名刺交換してあったのです。

それから諸事山積でなかなか叶わず、いつのまにかこんな時期に^^;


ちょうどお昼どき、まずはランチをいただきましょう。
何にしようか、迷う、迷う…。だってね、烏骨鶏の卵どんぶり、自家製お漬物と味噌汁付きのおにぎり、天然酵母の手作りパンセット、麺類…どれもおいしそうなんですもの。
お米はお店から見える美しい棚田↓で自らが作った「きぬひかり」だというし、烏骨鶏を飼っているそうだし…。

13.暗峠棚田
(↑2013.8.2撮影)

「烏骨鶏どんぶり」にいちばんひかれたのですが、でも、あっ、今日は天然酵母パンのことをお聞きしたいと思ってきたのだったわと思い直して、「友遊由ランチ」をパンでいただくことに。

13.12.10ハンバーグ2

手作り感いっぱいの家庭的な味わいにホッ。
ボリュームいっぱ~い、山のような新鮮生野菜は、全部、自宅菜園で採れたものですって。「年中というわけにはいきませんが、今日のは全部うちで採れたもの」とあくまで正直。

ここで採れたもの、収穫したばかり、っていうのがいちばん安心でぜいたくな気がしますよね。

デザートもついてましたよ。

13.12.10コーヒー


そうそう、いちばんお聞きしたかった天然酵母パンのこと。
無農薬栽培のレーズンを発酵させた酵母を使っているそうですよ。

酵母担当は奥様、パンを焼いていらっしゃるのはご主人。

もっちりした食感の本格派。パンはお店の前で買うこともできますが

13.12.10パン野菜

ハイキングシーズンには、すぐに売り切れる人気ぶりだそうです。
オフは土・日限定。

実はもうひとつ、お聞きしてみたいことがありました。
往馬大社の秋祭りを取材してから、ず~っと気になっていたことなのですが…

秋祭りの主役、松明は小麦の藁で作られますがicon52、小麦は暗峠近くの棚田で栽培されているのです。

13御小麦畑

お祭りに必要なのは麦藁ですよねえ。じゃあ、小麦粉はどこへ?

もしかしたら、棚田に近い「風のビューカフェ友遊由」さんが利用されているのではないのかなあ、とにらんでいたのです。天然酵母パンが人気だと聞いて、ますますその思いを深くしておりました。この日のいちばん大きな取材目的がそれだと言っても過言ではありません。


ほっほ、ドンピシャ!!

生駒大社の御小麦畑でとれた小麦の全粒粉ですぞ。
それだけでありがたい気がしてしまいます。


とはいえ、まだ試行段階なんですって。
なかなか思うようなものができないので、今はブルーベリーマフィン(ブルーベリーは自家栽培)にちょっと使っているだけとか。

しかし、最近、娘さんがパン作りを手伝うようになって、パンの種類も広がっているようです。
近い将来、往馬大社の小麦を使ったパンがお目見えするのではないでしょうか。
楽しみですね!!

そのありがたいブルーベリーマフィンやパンをお土産に買ってまいりました。
袋を開けたら、小麦粉も入れてくださってあり、いつのまに~
ありがとうございました。

13.12.10パン

※風のビューカフェ 友遊由
生駒市西畑町1085
TEL/FAX 0743-77-7282

月・木曜 定休日


←「風のビューカフェ 友遊由」のメニューを見ていると

「生駒の地酒」とあってうれしくなりました。

今回「蔵めぐり」で取材させていただいた上田酒造さんicon52の「生長・嬉長」とのこと。

ハイキングの帰り、棚田の風景や奈良盆地を見下ろしながら、おでんで一杯っていうのもわるくないなあ。





関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/13 Fri. 19:45 [edit]

category: こんな店

TB: --    CM: 6

13

コメント

 

PANDORAさん
こんばんは!
烏骨鶏どんぶり~暗峠~生駒山ハイキングの仮予約ありがとうございます。
メールでも手を挙げてくださっている方がいらっしゃいますので、現実味を帯びてきました。
山頂のどこに出るのか、下山道はどうか、などさっぱりわかりませんが(下見ができないので^^;)、山慣れた皆様と一緒なら大安心です。
PANDORAさんが奈良にいらっしゃる期間に決行したいと思いますので、よろしくお願いします。大阪側へ降りてもいいですね!

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/12/16 21:55 | edit

 

こんにちは!
 最新の記事に私のハンドル名を見かけたので、慌ててこちらのコメント
を見に来ました。
 来春の「烏骨鶏どんぶり~暗峠~生駒山ハイキング」は、私も仮予約と
いうことでお願い致します。
 数年前に石切神社から登ってきて生駒山ハイキング道に出て、そこから
暗峠に降りてきたことはあります。楽しみにしていま~す!

URL | PANDORA #79D/WHSg | 2013/12/16 16:33 | edit

 

なむ隊長ゞ
こんばんは!
神聖なお祭り準備のときに、小麦粉のことを聞くのが憚られて1人で悩んでいました^^;
無駄にするはずがないだろうから、ゼッタイどこかで使ってるはずやと。こういうのが当たるとうれしいですね。もちろん大社にも納めてはるようですが。
あ、烏骨鶏~暗峠~生駒山ハイキングですね。
仮予約ありがとうございます(笑)

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/12/14 21:45 | edit

 

こんばんは!
> ほっほ、ドンピシャ!!
取材経験が豊富でないと、こういう感は働かないでしょうね。
ありがたい小麦粉で作られたパンですから、
口にしたら神様のご加護に浴することができそうですね。
そして、今回の記事もお酒の話題で締めるかぎろひ流。
さすがです。
あ、生駒山ハイキング。
これも仮予約ということで。(笑)

URL | なむさいじょう #79D/WHSg | 2013/12/14 21:18 | edit

 

PANDORAさん
おはようございます!
そうそう、もう少しで暗峠の頂上ですから、ついこちらは素通りして、てっぺんで休憩をなんて思ってしまいますよね。
「烏骨鶏の卵どんぶり」、私も取材じゃなければこちらを選んだと思います。なにせ烏骨鶏を飼育されているというのですから、新鮮でおいしい卵どんぶりがいただけるはずです。
あっ、来春、烏骨鶏どんぶり~生駒山ハイキングはいかがでしょう。
実は、暗峠から生駒登山道発見、というか先日教えていただきました。登ってみたいのですが、1人ではコワイので「ハイキング部」に提案しようかなと思っていたところです。PANDORAさんならご存じかもしれませんが。
次のブログ記事で入口付近を紹介する予定です。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/12/14 08:00 | edit

 

こんばんは!
 「友遊由」、このお店は以前から前をよく通っていました。
 暗峠の茶屋「すえひろ」はお馴染みですが、ここはまだ入ったことが
ありません。
 「烏骨鶏の卵どんぶり」に一番惹かれました。次回の注文は決まりです。
 たぶん来春になりそうですが・・・
 

URL | PANDORA #79D/WHSg | 2013/12/13 23:42 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form