05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

編集いま昔② 

「奈良八重桜の会」が発足して10年を過ぎたということもあり、今までの活動をふり返り、これからを見つめる意味でも「10周年記念誌」を作ろうということになりました。

「いいね」と満場一致で決まったのはいいのですが、(おそれていたとおり^^;)、ワタクシがまかされることになりまして。

先生方に頼んであった原稿や、メンバーからのひと言メッセージも7割かた届いて、ようやく本格的に取り組まねばという段階を迎えています。

作業としては、まず掲載する写真を揃えるところから始まったのですが、これがタイヘン!

10周年記念誌とはいえ、会の発足が2001年なので、実はもう13年目に入っているのです。12年間分の写真、揃うだろうか。その間、パソコンが壊れて失ったデータもあるだろうしと思うと、ヒヤリ。

幸い、毎年、会報を作ってきたので、そこから写真を拾えるかも。



よかった。会報データは無事で、ホッ。

が、最初の号のデータが…ないっ(T_T)
13年前やからなあ…と思ってハタとひらめいたのは、フ、フロッピーディスク!!
こころあたりの引き出しを探すと、わぉ、あった、あった、と大騒ぎ。






我ながら「物持ちええな」。このときばかりは、「断捨離」にほど遠い性格を喜びましたね。


←外付けのFDドライブもまだ持ってますよぉicon22












そして、カメラもね、デジタルに替えたのはほんの6年ほど前のことなんですよね。
フィルムも見つかりまして。これで掲載写真は何とかなるでしょう。。






それにしても、ここ10年ちょっとの間に、IT世界の進化に驚かされます。

30ン年前から編集作業に関わっているワタクシ、この間のめまぐるしい変化を思い出すたびに感慨にふけることもしばしばです。そんな経験を以前、書きましたので、今回は②としました。以前の記事はこちら



編集ソフトは、やっとAdobe InDesignを使い始めました。
まだ、サクサクとはいかないのですが、以前のPageMakerなどに比べると、格段の使いやすさで感動しています。



レイアウト面が原稿用紙のマス目で表れるのが何だかうれしくて、ちょっと新鮮で楽しい日々デス。

すでに、この前の機関紙はこれで作成。あっ、まだ初校もあがってない状況なのですが…






「奈良八重桜の会10周年記念誌」は約40ページほどになる予定ですが、まだまだこれからが正念場です。

あっ、掲載予定の100字メッセージがまだの会員さまへ。
まあこんな調子なので、もう少し猶予はありますが、どうかよろしくお願いしま~す。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/30 Sun. 07:08 [edit]

category: 仕事

TB: --    CM: 8

30

コメント

 

マングースさん
こんばんは!
コメントありがとうございます。
emirinさんのところでお見かけしていたマングースさんと、不思議なご縁でお近づきになれて、うれしい限りです。どうかよろしくお願いします。
8インチのディスクって、初めの頃でしたかね。これは使わずに終わりました。
あっという間に通り過ぎていくものが多すぎるような気がしてしまいます。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/06/30 22:43 | edit

 

こんにちは。
先日は拙ブログにコメント頂きありがとうございました!
フロッピーディスク、懐かしい物になりましたね。
学生の頃は3.5インチではなく8インチという大きなディスクも
あったことを覚えています^^
「奈良八重桜の会10周年記念誌」大変でしょうけれどよろしくお願いします。
楽しみにしてますね♪

URL | マングース #79D/WHSg | 2013/06/30 15:45 | edit

 

emirinさん
こんにちは!
パソコンにHDDが付いている! 私も以前のはあったんですけどね。
はい、昨日は、あのカリカリの音を久しぶりに聞きましたよ。
フロッピーには、写真が2~3枚しか入らなかったし、よく壊れましたよね。10年以上も経っているので、もしやと思いましたが、生き残ってくれていました。
また、元の場所にしまってしまいましたが、中身を移さなアカンかったわ(笑)
フラッシュメモリも、当初に比べたら、信じられない安さですよね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/06/30 15:19 | edit

 

なららさん
こんにちは!
図版の世界も、ものすごい変化があったのでしょうね。
私も鉛筆と消しゴムが必需品だった時代が懐かしい。人との関わりも温もりもたくさんあったような気がします。
パソコンの前の仕事だけではやってらんないと思いますので、小出版でよかったなあと。明日は、久しぶりに取材に出かけますので、ついでに歩くつもり。楽しみです。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/06/30 15:09 | edit

 

ジュゴンさん
こんにちは!
おお、本格的に関わっていらっしゃったのですね。
私のほうは、最初の、紙によるレイアウトなんかは先輩に教えてもらいましたが、その後は自己流(独学^^;)
IllustratorやPhotoshopには、まだまだ苦戦しておりますが、編集ソフトはそういう仕事をしてきたせいか、結構、使いやすい気がしています。よくできていますよねえ。
写植の時代は、ほんとうにあっという間でしたね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/06/30 15:04 | edit

 

お早うございます!
懐かしい・・3.5インチFD!
かぎろひさんのように、編集には無縁ですが編集ソフト・・すごいですね!
医療用もそうですが、設計など様々な仕事用のソフトって・・
本当にすごいと思います。
うちは、さすがに3.5インチFDは、HDDに移動して捨てました。
でも、パソコン(Windows Vista)には、FDDが付いてます。
あのカリカリという音が懐かしいです。
この頃は、USBフラッシュメモリなんかでも持ち歩きですから・・
数年前までは、考えた事がありませんでした。
ファイルの書き込み速度も速くなってますね。

URL | emirin #79D/WHSg | 2013/06/30 09:09 | edit

 

おはようございます
読ませていただき、深い感慨にふけりました!!!
図版などは、
紙焼の写真を貼り付け1ミリのスリットを慎重に慎重にカッタ―で切って作っていた時代がありました・・・
字数合わせに四苦八苦したり・・・
今はイン・デザインさまさまですよね!!
大事なデータが読めない!笑えませんね
3.5などはどうすればよいのでしょうね・・・
手作業のころのレイアウト仕事の方が楽しかった気がします!!

URL | ならら #79D/WHSg | 2013/06/30 08:09 | edit

 

おはようございます。
私も仕事で医療関係の雑誌に携わっておりました。フロッピーの画像に思わず「懐かしい!」
そこで編集いま昔の方も読ませていただいて、写植の文字にまた感慨深く..私の時は写植からパソコンによる編集のちょうど過渡期で、言葉では言い尽くせない程大変な思いをしました。写植でも機械から、写植専用のパソコン?(グラフET2という名前でした)そして、マックで編集ソフトを使っての「版下」つくり..写植の機械は触っていませんが、そのあとのグラフET2から覚えさせられて、本当に苦労したことを思い出します。パソコンでしかも画面上で版下があっという間に出来上がった時は、本当に今までの苦労はなんだったの!と..感無量でした..
梅田に大きな写植の会社がありましたが、どうなったんでしょうね..

URL | ジュゴン #79D/WHSg | 2013/06/30 08:02 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form