07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

正暦寺から円照寺へ 

1月9日の正暦寺は、華やかな錦秋とはすっかり趣をかえていた。
静かで清楚なたたずまい。
モノトーンの冬景色のなかに彩りが映える南天の赤。
約3000本植えられているという。



正暦寺へ行く楽しみの1つに、お寺の魅力や山里の風情はもちろんだが、帰路の散策コースもあげられる。

①柳茶屋~窪之庄のバス停へ。一般にはこれが正式ルート。車道でもある。
②西へ山道を辿り、円照寺へ
③境内奥(北)から、山道を辿り八伏峠へ
④弘仁寺から白川溜池~天理へ

今回は、①以外では最もポピュラーだと思われる②のルートを辿ることに。


こんな林の道を抜けると、山里の風景が広がる。


30分ほどで、もう円照寺(山村御殿)。
拝観はできないが、いつもちょこっとのぞかせてもらう。
手入れが行き届いて美しい。

ここから、白毫寺を経て奈良の中心街まで歩くのも可能だが、この日は、気になる仕事もあって、散策はこのあたりまで。




八島町からバスに乗ると、運転手は女性!
女性ドライバーに会ったのは初めてのような気がする。
カッコイイ。

んでまた、オバサンの興味津々で、車内は独占状態だしで、時間待ちの停車時に聞いてみた。
奈良交通さんには現在、7~8人の女性ドライバーがいるそうだ。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/01/12 Tue. 00:21 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 6

12

コメント

 

円亀山人さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
さすがですね、全コース制覇されていらっしゃいますか。
正暦寺近くの山道はちょっと1人ではコワイ感もありますが、この道は円照寺を経由するのが魅力だと私も思っています。
あそこがないと半減かも。
③は1度だけしか経験がありませんが、山道を抜けて、八伏峠に出たときの景観に感動しました。菩提山川の源流に出合えるのもいいですね!
今回も行きたかったのですが、地元の人に、前日雨が降ったからやめたほうがいいとアドバイスをいただいたので、あきらめた次第です。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/01/12 18:32 | edit

 

野の譜さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
野の譜さんのブログ記事、よく覚えております。
深緑が美しい頃でしたね。
私は帰りでしたので下りばかりでしたが、逆は上りばかりなので、お疲れになったと思います。
お寺近くはかなりの山道ですし。
だいたいが、ついで散策なので、いつも1人です^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/01/12 18:23 | edit

 

「正暦寺」への往還コース、4つとも歩きました。
③を逆に辿ったことはありませんが、往路として白毫寺からミカン畑の
急坂をあえぎながら登った苦しさを覚えています。あの坂は並みの斜度で
はないですね。復路に利用すると、転げ落ちそう!!
でも、菩提山川の源流をまたげるのは一興です。
円照寺への山道、昔と変ってないようですが、少しすっきり感がするのは、
冬だからでしょうか。でも、やはりまだマムシが出るコースなんですね。
三島由紀夫が「豊穣の海」に書いている「月修寺」は、ここがモデルだそう
ですが、いかにも彼好みの高貴な雰囲気は「近寄りがたい門跡寺」の見本
のよう。でも、いつ行っても静かで、夏などホッと息がつけます。
昔は「割石」バス停で下車。「万葉莊」を定宿にしてましたが、
女性運転手さんは知りませんでした。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2010/01/12 15:22 | edit

 

おはようございます。
昨年、娘と久し振りに歩いたコース(逆コース)で、脚力の衰えに
驚きました。弘仁寺にも寄らずに奈良の町へ戻りました。。
お一人での行動お気をつけてください。私が一人で歩いていた頃と違い何かと不穏ですものね。

URL | 野の譜 #79D/WHSg | 2010/01/12 10:38 | edit

 

*ならら*さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
そうなんです。
山中は、1人ではちょっとコワイかも。
マムシ出ましたか。
イノシシも出そうですよね。
まさか、熊はないでしょうけど^^;
山歩きは大好きなんですが、1人のことが多いので、少し不安もあります。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/01/12 08:30 | edit

 

おはようございます
この道、昨年正暦寺さんの大護摩だきに寄せていただいた時、
主人と歩きました。
円照寺さんからしばらくの長閑な風景、とっても和みますね。
が、
一転
山中に入ってから、マムシとかにも遭遇して・・
なじめてマムシを見ました(驚)
自然満喫のルートでした。

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2010/01/12 06:28 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form