07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

春日大社万燈籠 


2月3日、1日中のデスクワークの後、散歩がてら春日大社へ向かった。
思い立ったら、すぐ行けるこのシアワセ。


奈良へ初めて来た頃、まず出合った寺社の行事が、春日大社の万燈籠だった。
とても感動して、それからは夏も冬も、自然に足が向いたものだ。
たいていは1人だったが、2人のこともあったな、でもいつしか遠ざかっていた。

境内の約3000基の燈籠に火が入り、厳粛な、幻想的な雰囲気が漂う。
闇の深さは、また普段忙しさの中にいて忘れてしまっていたことやもの、人などを呼び起こすのだろうか。
ひたひたと自分の中に流れこんでくるものがある。

現実からふうっと離れたような不思議な感覚に浸りながら、一巡する。
そうしてゆっくりと街へ下りながら、現実世界へと戻っていった夜だった。

途中立ち寄った奈良国立博物館本館。
夜の姿もすてき。


興福寺東金堂では、鬼追式で人垣ができていたが、万燈籠の余韻のため、なかなか雰囲気に入ることができなくて素通り。
ちょこっと鬼さんだけ撮ってみたけど、わかるかなあ。



※春日大社万燈籠
節分万燈籠 節分の日
中元万燈籠 8月14日・15日
春日大社
http://www.kasugataisha.or.jp/

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/02/04 Thu. 08:59 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 6

04

コメント

 

emirinさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
万燈籠は、ほんとに奈良の魅力いっぱいの行事だと思います。
闇は、想像力をかきたて、見えないものが見えるようなそんな不思議さがありますね。
元興寺さんの節分行事、実は行きそびれているんです。
emirinさんのブログで楽しませていただきました~。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/02/04 15:43 | edit

 

ひろみさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
体調、もどりましたか。
寒いので、ご無理のないようにしてくださいね。
ひろみさんの節分のブログが見られなかったのはちょっと残念ですが、また来年楽しみにしておりま~す。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/02/04 15:37 | edit

 

白雪さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
奈良にお住まいされて40年になるのですか。
私は20年ちょっとですから、大先輩ですね!
万燈籠は、ほんとに奈良らしい、いい行事だと思います。
普段の夜は恐くて春日の森へ1人では行けませんので、こんな機会があるのはいいですね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/02/04 15:34 | edit

 

こんにちは!
万燈籠・・・幻想的ですね~!
こんな夜は、何かが違う夜になりますね・・・
闇に包まれて・・凛とした空気から、町の灯りの中へ・・
送り出されて行くような雰囲気!
奈良は、日常的から非日常的に引き込まれて行く場所かも
しれませんね!

URL | emirin #79D/WHSg | 2010/02/04 11:44 | edit

 

こんにちわ♪
いいなぁ~節分(^^♪
おとといの夜に体調をくずして
昨日の節分はどこも行けませんでした。
予定では「二月堂」→「興福寺」→「春日大社」の順だったのに・・。
でもかぎろひさんのお陰で行った気分になれましたよ(●^o^●)
ありがとうございます~。

URL | ひろみ #79D/WHSg | 2010/02/04 10:50 | edit

 

おはようございます、昨夜は春日さんに行かれたのですね。
私も奈良に住まいして40年ちょっとになりますが、一番最初に出会ったのが春日さんの万燈籠でした。その時にいくらか忘れましたがロウソク料を払い社内の釣燈籠に神火を奉納させて頂いた記憶があります。
とても懐かしく拝読させて頂きました。

URL | 白雪 #79D/WHSg | 2010/02/04 09:23 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form