09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

JRラッピング列車「旅万葉」 

高野山麓から奈良へ戻る時、最近は南海電車で難波経由近鉄ということが多いのだが、2月6日は五條市内に用があり、その後はJR奈良駅近くで講演会を聞く予定もあったので、JR和歌山線を利用することにする。

これが偶然にも、私にとっては初めてのJRラッピング列車「旅万葉」♪

橋本駅で。



五条駅あたりまでは駅での停車時間が長く(対向車待ちなどで)、
「急ぐときなるべく避けたい和歌山線」なのだが、勝手なもので今日は何だかラッキー。
駅に停車するたびに、ウロウロしたり、外へ出たり。

隅田(すだ)駅で。左側面。


大和二見駅で。



名前のとおり、テーマは「万葉集」。
今日見たところでは、額田王、柿本人麻呂、大伴旅人、山上憶良、藤原鎌足、大伴家持、だったかな。

外装に、これらの人物の絵と歌、山々。

車内にも、歌人と歌の紹介、万葉に読まれた草花、鳥なども描かれている。




使われていた万葉歌
あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る
 (巻1-20 額田王)

東の野にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ
 (巻1-48 柿本人麻呂)

われはもや安見児得たり皆人の得難にすといふ安見児得たり
 (巻2-95 藤原鎌足)

酒の名を聖(ひじり)と負(おほ)せし古(いにしへ)の大き聖の言(こと)のよろしさ
 (巻3-339 大伴旅人)

銀(しろがね)も金(くがね)も玉も何せむに勝れる宝子にしかめやも
 (巻5-803 山上億良)

わが屋戸(やど)のいささ群竹吹く風の音のかそけきこの夕(ゆうべ)かも
 (巻19-4291 大伴家持)


「旅万葉」は昨年11月から運行。
ラッピング車はこれから、何種類か増えると、乗務員に聞いた。

それじゃ、和歌山バージョンの「旅万葉」なども登場するのかな。
紀州で読まれた万葉歌というのも結構多いから、海が描かれたりすると旅心もつのりそう。
阪神なんば線のように、対照的な絵柄のラッピング列車が行き交うと、相乗効果が期待できるかも。

和歌山線に楽しみが1つ増えた。


橋本駅で。右手にチラッと見えるのは南海電車。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/02/07 Sun. 03:22 [edit]

category: 鉄道

TB: --    CM: 6

07

コメント

 

emirinさん
こんばんは!
コメントありがとうございます。
電車が入ってきた時はちょっと興奮しました。
思わずカメラを出してパシャパシャ^^;
ほんとですね。
どんな電車に出合えるか、楽しみです。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/02/07 19:47 | edit

 

mihoさん
こんばんは!
コメントありがとうございます。
どなたかしら?と思いましたが、はいわかりました。
お訪ねいただきうれしく存じます♪
今後ともどうぞよろしくお願いします。
優秀な日本酒アドバイザー様にもどうぞよろしくお伝えくださいませ。
またお伺いさせていただきたいと思います。
そして、室生の地にも憧れます。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/02/07 19:44 | edit

 

今晩は!
JRにお目見えですね!
それにしても、万葉・・いっぱい!
「万葉の四季」のラッピングも走りますね!
楽しくなります・・電車に乗らなくちゃ~!

URL | emirin #79D/WHSg | 2010/02/07 18:56 | edit

 

JR、粋なことをやってくれてるんですね。
素敵な情報ありがとうございます。
電車に乗って、どこかへ行ってみたいです・・・・・。
先日はありがとうございました。

URL | miho #79D/WHSg | 2010/02/07 18:00 | edit

 

*ならら*さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
これからどんな列車が走るのか、また楽しみです。
出合えたらいいのですが。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/02/07 16:04 | edit

 

おはようございます
とっても素敵ですね。
万葉集がこんなに・・・・
旅情をそそられると思います。

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2010/02/07 10:15 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form