07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

真夏 奈良公園の歩き方 

真夏、奈良公園を楽しく歩けるルートを案内せよ、という指令を受けました。
お昼の12時から14時、目的地はならまち、という条件つき。来られるのはおもに県(市)外の方で約20人。

春秋に奈良公園を楽しむ人は多いのですが、こんな暑いさなかに、早朝ならともかく、真っ昼間に歩きたいというのは珍しいですよね。
でもひそかにうれしいワタクシ。実は、シーズンオフならばこそ、太陽が高いからこその魅力というのが、あるのです。やっぱり暑いけど、多彩な花も紅葉もないけれど。

私ならこう歩く、というルートがパッと浮かびましたが、ご無沙汰の所もあるので、下見に行ってきました。

7月8日、うだるような暑さのなか、近鉄奈良駅をきっかり12時に出発。







東向(ひがしむき)商店街に入り、中ほどから東へ折れる道をとると、興福寺境内へ入っていきます。

中金堂、再建工事中。落慶は平成30年(2018)の予定。





東へ、東へ。
信号をわたると、奈良国立博物館。

ちゃんと、青信号でわたる鹿クン、奈良ではごく自然な風景。




鹿のいろんな姿態を見るのも奈良公園ならではの楽しみ。




時間に余裕のある方は、奈良国立博物館で涼みがてら、鑑賞するのもおすすめ。
特別展「みほとけのかたち -仏像に会う-」
7月20日(土)~9月16日(月・祝)→こちら



博物館の敷地を右手(南)へ出ると、春日大社参道に合流。

ここにあるムクロジの大きな木の下でちょっと休憩しましょうか。

強烈な陽ざしもシャットアウト、風の通り道になっていて、ふう、いい気持ち~。

見上げると、ムクロジの木の中から竹が5本顔を出す、ユニークな風情もずいぶん有名になりましたね。最初知った時は竹が3本ほどだったと思うのですが、今では5本! その数を増やしているようです。



参道を進むと、左手に御旅所。「春日若宮おん祭り」(12月)の主舞台とも言えるこの神聖な場所も、今は静かにただ緑の芝が広がります。



参道はまっすぐ東へ続くのですが、ここからちょっとだけ浅茅が原の木立の中へ足を踏み入れます。
なぜって、目の前に広がるこの景色を見てほしいから。



うわぁー、いつ見ても心あらわれる風景。
その前に、循環道路を渡らなければならないのですが。車に気をつけてくださいね。


飛火野をちょっと歩いて、再び春日さんの参道へ。

木漏れ日の中~














二の鳥居をくぐり、ここから、禰宜道(ねぎみち)へ。
ちゃんとお参りをすませてくださいね。ワタクシはちょっと急ぎますんで…^^;

「禰宜道」は」上、中、下の3つ。通称「ささやきの小径」は、下の禰宜道を言うようですね。
今回は真ん中の道をたどってみました。





市街地すぐのところにこんな森があるなんて、奈良の奥深さでしょうね。

ちょっと立ち止まって、見上げるのもよし、深呼吸して耳をすませば…静かななかにも森のうごめきが感じ取れます。



森の小径も10分ほどで、高畑(たかばたけ)へ。

車道(側道はありますが)を歩くのは暑そうなので、裏道をとりましょう。
それからはちょっとジグザクになりますが(このあたり写真がなくてすみません^^;)

←高台にある天神社を抜けて、

坂道を下り








←「名勝大乗院庭園文化館」(→hoshi-04)で、最後の休憩を。







「名勝 旧大乗院庭園」(→hoshi-04)にうっとり。時間が許せばお庭見学(100円)をどうぞ。
資料展「発掘された庭園―つちに埋もれた古の庭」が開催中。7月31日まで。月曜休館(祝日の場合は翌日)、入場無料。




こちらで、すっきり汗をぬぐい、身だしなみを整えて、さあ、ならまちへ。


←最終目的は「春鹿」の蔵だそうで。








せっかくなので、「蔵ショップ」できき酒を楽しむことにしました。
若い女性が多くて、ビックリ。




4種しか写っていませんが、実際は6種類、いただきました。詳しくはこちらで。

7月13日、指令者代表のマーキーさんに、このルートを一緒に歩いて検証していただきました。厳しすぎるようなら、また別の方法も考えようということで出発したのですが、気に入っていただけたようです。

真夏の、真っ昼間の奈良公園もなかなか素敵ですよ~。水分補給はお忘れなく。あちこちに自動販売機もあるので安心です。

後日、ルート地図ができましたら、アップしたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/07/14 Sun. 11:55 [edit]

category: 奈良市

TB: --    CM: 8

14

コメント

 

トラじろうさん
こんにちは!
はじめまして。コメントありがとうございます。
暑いなか、奈良公園へようこそ。奥深さを味わわれたとか、うれしい限りです。
禰宜道も素敵ですよ。ぜひ!

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/08/22 12:54 | edit

 

 はじめまして。
 数日前、観光バスでは味わえない奈良公園周辺の奥深さを感じてきました。県庁のそばにこういう場所があるなんて、奈良すばらしいです。
 禰宜道、次回歩いてみたいです。

URL | トラじろう #79D/WHSg | 2013/08/22 11:01 | edit

 

マーキーさん
おはようございます!
先日はお疲れさまでした。
おかげさまで、久しぶりの道を歩き、奈良の夏の魅力、再発見でした。
時間もゆったりめになりそうでよかったですね。
当日も楽しみにしておりまーす。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/07/19 08:11 | edit

 

マーキー@指令者です(^^)
下見の案内お疲れさまでした。
かぎろひさんリクエストに答えていただきありがとうございます(^^)v
今回のルートは奈良らしいゆったりした時間を来た人に過ごしてもらえればなあって思います。
夏だからこそ味わえる涼しさを感じてもらえたら嬉しいですね♪

URL | マーキー #79D/WHSg | 2013/07/19 04:04 | edit

 

emirinさん
おはようございます!
樫舎さん、多いので、というのはお客さんが多い? 量が多い?
やっぱり樫舎さんのは、極上やと思います。またぜひ味わいたい!
たっぷり2時間あるので、結構ゆっくり歩けると思います。
暑い日に、奈良の奥深さ楽しんでほしいものですね。
雨なら、今西家書院や十輪院、元興寺など、ならまちならいっぱいありますね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/07/15 08:09 | edit

 

今晩は!
飛火野から”ささやきの小道”は、暑いけれどいいですよね・・・
利き酒から樫舎さんもいいですけど・・・
多いので「フランツ・カフカ」は・・?
そうそう、大乗院庭園から近い今西家書院の喫茶もいいと思います・・
酒粕アイスクリームとか、蕎麦茶と葛切りなどもあるようですよ。
なんだか、いっぱいあって・・元興寺さんもいいですし・・・
暑いので・・ゆっくりと歩かれたら、いいと思うのですが・・・

URL | emirin #79D/WHSg | 2013/07/14 22:07 | edit

 

PANDORAさん
こんにちは!
PANDORAさんのところをお訪ねして、あちこちサーフィン(死語?)している間にコメント頂戴していました^^
奈良は暑いという印象をもっていらっしゃる方も多いと思いますが、都会の猛暑とはまた違いますよね。鬱蒼とした太古の森は夏でも(こそ)楽しめるのではないでしょうかね。
きき酒→樫舎というのもいいですねえ。
樫舎と暗峠のかき氷を、今夏めざします。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/07/14 13:48 | edit

 

こんにちは!
 夏の暑い時期なら樫舎の氷宇治金時もお勧めですね。
 先月(6月15日)に東京と福井から大学の同級生が来たときに、
同じようなルートを案内しました。一泊二日でしたのでもう少し
追加のコースもありましたが。(今西書院、元興寺、薬師寺など)
 特に春鹿の利き酒には興味津々で喜んでくれました。
 夏の奈良にも色々とお勧めできる場所がまだありますね!

URL | PANDORA #79D/WHSg | 2013/07/14 12:50 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form