09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

法華堂(三月堂) 


法華堂(三月堂)[国宝]がまもなく3年間の修復工事に入る。
須弥壇の修復のため、全ての仏像が移動するという。

2010年5月18日~7月31日は拝観停止。
8月1日からは拝観できるが、内陣には入れない。
しかも仏像は、7体のみの予定。

そして、来年10月以降、日光菩薩、月光菩薩は東大寺総合文化センター(建設中)に移ってしまわれるのだとか。


ほの暗いお堂のなか、
16体のうち14体が天平仏。
12体が国宝。
あまりにもぜいたくな空間であった。

免震装置の完備する総合文化センターへ移られるのは、めでたいことのはず。

だけど、だけど、今のままの状態で拝観できるのは5月17日まで、などと聞くと、何やらさみしい。

ワタクシが奈良の住人になるとは思っていなかった頃、奈良で勤務し始めた頃、そして奈良で住み始めて…、時々ここを訪ねたくなった日々が思い出される。
これまでのワタクシの人生のなかの、心にのこるできごとと、三月堂とは結びついているような気がする。
ありがとうございます<(_ _)>

3月3日、かぎろひ散策の折り、急遽立ち寄ることに。
たくさんの仏様の前で、しばらく豊潤なひとときを過ごすことができた。

三月堂修復について、詳しくは東大寺のホームページで。

http://www.todaiji.or.jp/contents/guidance/guidance5.html#attention


西から見た三月堂。
向かって左が天平期の建物である正堂。
右が、鎌倉時代に重源(ちょうげん)上人によってつくられたという礼堂。

修二会の期間中、特設売店が出現しているんですね。
お昼には閉まっていたから、お松明に併せての開店?
何を売ってるのかなあ。

※法華堂拝観停止期間(2010年5月18日~7月31日)は、俊乗堂が特別開扉される。
俊乗堂は2010年4月2日~4月15日も開扉

http://www.todaiji.or.jp/contents/guidance/guidance10.html
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/03/06 Sat. 22:25 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 4

06

コメント

 

椿さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
>薄暗いお堂内での沢山の仏像を見られるのは もうしばらくはない・・という事ですね。
しばらくないというよりも、この状態で拝観できるのは5月17日までということのようです。今後もうない…
日光・月光菩薩さんが建設中の東大寺総合文化センターへ移ってしまわれるようです。
5月17日までに来られたらいいですね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/03/14 07:51 | edit

 

かぎろひさん こんばんは。おひさしぶりです。
法華堂 実は 行ったことがなく 今 奈良で行きたい場所をあげると 一番の場所だったのですが 修理にはいると聞いて ビックリ。
しかも 仏像は 他での展示となると 写真でしか知らない あの
薄暗いお堂内での沢山の仏像を見られるのは もうしばらくはない・・という事ですね。
そうなると 何が何でも 奈良へ行きたくなるものです^^;
娘の保育園のお迎えの時間を考えると すごいスケジュールになりそうですが 何とか 主人の理解を得て 奈良へ一人旅出来たらいいなぁと 今 考えています。

URL | 椿 #79D/WHSg | 2010/03/14 01:44 | edit

 

バロックおじさん
こんばんは。
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
法華堂に対する思い入れは、奈良好きならみんな持っているのかもしれませんね。
日光・月光菩薩様が法華堂からお移りになるのは、何ともさみしい気がしてなりません。
まあ、狭いお堂に仏像がひしめいていた感じはありましたけどね。
先日私は、鐘楼の前で鹿にカメラを向けました。
シカトされました^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/03/08 01:41 | edit

 

こんばんは。ご無沙汰してしまいました。
法華堂には思い入れがあります。天平と鎌倉が「合体」した建物で
その美しさに見とれたこと、仏像に魅せられてから入堂したときに
天平仏の見事な姿に圧倒されたこと、そして執金剛神に会いたくて
夜行バスで出かけたことなど、僕の「奈良への思い」を熱くした
お堂です。いつか改修するとは思っていましたが、どのような
姿を見せてくれるのか、楽しみでもあり、ちょっぴり不安でも
あります。御仏も場所が変わると姿が変わって見えるのでしょうか。
これも「時代の流れ」なのかもしれませんね。
鐘楼の脇を抜けて階段を登り切る前、法華堂の前に立つ鹿が
こちらを向いた瞬間をカメラに収めたことがあるのですが、今でも
お気に入りのショットです。
鹿:「今、撮ったのか?」
僕:「しかと」
・・・20年前の話になりました。

URL | バロックおじさん #79D/WHSg | 2010/03/07 21:59 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form