09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

往生院(生駒市) 

7月21日、取材をかねて暗峠(くらがりとうげ)ハイキングをしようと思い立ちました。2日間べったりデスクワークだったので歩きたいということもあるのですが、手持ちの仕事と同時進行でそろそろ取材も進めていかないとねえ。

なるべく朝早く、涼しいうちにと、午前7時過ぎ、リュックを背負ったままの姿で投票所へ向かい、そのまま電車に乗りました。

起点の近鉄生駒線南生駒駅に降り立ったのは8時頃だったでしょうか。このまま行ってしまうと暗峠に早く着き過ぎるような気がしましてね。
峠周辺のお店でランチしてかき氷を食べるのも1つの目的ななものですから、あんまり早くてもいかんのです。いやぁ、これも一応取材なのですぞ。

というわけで、山麓の、気になっていた2か所を訪ねてから暗峠道へ出ることにしました。
美務岡萬(みののおかまろ)の墓と、行基が火葬されたと伝わる往生院(おうじょういん)。

急に思いついた予定外の行動なので、きちんと調べてこなかったという難点はあるにしても、まあ誰かに聞けばわかるやろ、と軽い気持ちで。

竜田川を渡り





住宅地の坂道を登っていくと、美務岡萬の墓はすぐに見つけることができました(誰やねん、何がオモロイねん、という話は後日)。

そこから往生院はさほど離れていないはず(というくらいの認識^^;)
簡単な地図は持っていたのだけれど、これがわかりにくい。

新興住宅地の中を行ったり来たり、会う人ごとに尋ねても「さあ」「知りませんなあ」。
親切にも教えてくださる方は「あっち」「こっち」と逆方向だったりして・・・
時には、あれっこれって暗峠街道やん、そんなはずはないわ、と戻ったり・・・

美務岡萬の墓と円福寺の間ぐらいにあるとイメージしているのに、気がつくと目の前に円福寺(こちらの話題も後日)。



おかしいなあ。こうなったら意地でもと、どグルグル回るも探せず、ようやく「知っている」とおっしゃる植木職人さん(?)に出会うことができました。

住宅地のはずれの山のほうへ、教えられたとおりに行ってみると、そこは墓地なのでした。



お堂はこの墓地の奥にひっそりと、でも立派な石碑が建っていました。





少し荒れた感じのお堂ですが




境内には、屋根よりも高いほどに感じられる宝篋印塔がたたずんでいて、目を引きました。
説明板によると、元正元年(1259)の銘があり、県内最古だそう(重要文化財)。

←近づけば、見上げる迫力












でも、県内最古のほうは↓こちらかも? 




由緒ありそうなものが、あちこちに、なにげなく。

お堂におかれていたしおりによると、
中世から続く生駒谷11カ村の郷墓(ごうぼ)で、行基が火葬された地と伝えられています。
中世から近世にわたる約6000基もの墓塔が残っています。墓の中心である往生院には、行基の墓塔と伝えられる五輪塔があります。鎌倉時代の墓塔を残す県内でも創立の古い貴重な墓地です。


南北朝時代のこの五輪塔には、行基の遺徳を慕って参詣する人々が削ったと思われる痕跡が見られるそうです。
堂内に安置されているもよう。

墓地を歩いてみると、なるほど、歴史を感じさせるものが多く、おびただしい無縁仏群もあれば、えらいお坊さんのらしきもの、十三重石塔も。



やっと往生院へたどりつけたうれしさとともに、漂う長い歴史を感じていると、すでにお昼近くになっていて、もはや暗峠まで歩く気力はすっかり消滅していたのでした。

「急ぐことはない。また出直しなはれ」行基さんにも言われた気がして…^^;







↓地図で見てみると、行基さんのお墓のある竹林寺のほぼ真南に位置するようです。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/07/22 Mon. 05:53 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 6

22

コメント

 

なむ隊長ゞ
こんばんは! お疲れさまです。
行基さん、ヨーダのよーだ、ですって!? たしかに(笑)。近鉄奈良駅のお像とも似てますけどねえ。
この時期だからでしょうけど、散策している人、いませんよぉ。
あっ珍しい、と人影を見つけたら、なむさんだったりして(笑)
涼しくなったら一度歩いてみてくださいな。峠のかき氷はこの時期こそだと思いますけど(と、なにげにあおる)

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/07/22 22:54 | edit

 

こんばんは!
暑い中、ご苦労様です。
生駒のあたりは、まだ行っていないところが多いので、興味津々です。
暗峠もまだなんです。
営業妨害にならない程度に、散策してみようかと思っています。(笑)
行基さん、有馬温泉でもご活躍ですし、親近感ありますよ。
(上の写真の行基さん、耳がとんがっていたら、ヨーダのような。。。失礼しました)

URL | なむさいじょう #79D/WHSg | 2013/07/22 21:06 | edit

 

あっ、PANDORAさん
おはようございます!
ほぼ同時刻、私はPANDORAさんのところでコメントしてました^^
あのあたりは、行基さんゆかりの所がたくさんありそうですよ。
暗峠はまた挑戦したいと思います。
そうそう、かき氷が食べられなくて残念だったので、宇治金時アイスを買ってかえりました~

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/07/22 09:17 | edit

 

白雪さん
おはようございます!
麓を歩き回っただけで、すっかり疲れていました^^;
この時期、暑さとの勝負ですね。ふう。
生駒はほとんど知らないところばかりなので新鮮ですが、山の斜面の開発のすごさには驚かされます。住宅地の中に、史跡があるといった感じです。
暗峠をどんどん行けば、いつか難波宮にたどりつく、と思います。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/07/22 09:11 | edit

 

お早うございます!
 行基さんが生駒で葬られたことは知りませんでした。
 苦労して見つけられた行基さんが火葬されたと言われる往生院は、
深く記憶に残るでしょうね!
 暗峠のランチとかき氷は次の機会の楽しみということで・・・
 

URL | PANDORA #79D/WHSg | 2013/07/22 09:04 | edit

 

おはようございます。
暑いさなかの勇気ある行動に「いいね」やめる勇気はすばらしいです。
暗峠、語源は色々あるようですが何れも難所を示すものですね。
その下にこんなところがあったとは知りませんでした。またひとつ物知りになりました。
この暗峠を超えて難波を行けば、難波宮にたどり着くのですか?

URL | 白雪 #79D/WHSg | 2013/07/22 08:36 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form