07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

滝坂の道から地獄谷へ 

1005022top.gif

帰省中の娘が「地獄谷」へ行きたいというのでお伴をすることに。
5月2日、久しぶりに春日山原始林に分け入った。

したたる緑に息をのみながら緩い上り坂をどんどん行くと、山中に地獄谷石窟仏や春日山穴仏を拝することができる。
奈良ならではのすばらしい散策コースだと再認識した。

コース
破石(わりいし)町バス停→滝坂の道(柳生街道)→寝仏→夕日観音→朝日観音→首切地蔵→新池→地獄谷石窟仏→春日山石窟仏→春日山周遊道→近鉄奈良駅(約10㎞)


滝坂の道。
石だたみは、江戸時代に奈良奉行によって敷かれたという。

1052takisakanomiti.gif


能登川のせせらぎ、野鳥の声、緑のシャワー、木漏れ日…

ああ、いきかえるぅicon21


この緑の重奏はどうだ!

midorigousei.gif



滝坂の道でまず出会う寝仏(左が頭部)

1005002nebotoke.gif




三体地蔵菩薩磨崖仏

takisakazizoumagaibutu.gif



通り過ぎてから、おっと、「夕日観音」を拝さなかったことに気づく。
以前歩いてからだいぶ年数が経っているもので、忘れていることも多い(新鮮ではあるが)。
どうやらがけをよじ登ってぐるっと西へ回らないといけなかったみたい^^;
またこの次ということで…。


朝日観音

100502yuuhikannon.gif


観音という名前で呼ばれているが、中央は弥勒仏、左右が地蔵仏だそうで。
文永2年(1265)の銘があるという。


首切り地蔵

1005002kubikirizizou.gif


江戸時代の剣客、荒木又右衛門が試し斬りしたという伝説がある。

お地蔵さんの赤い前掛けが新緑に映えていた。

ここで12時、お弁当タイムに(写真撮り忘れ~)。

※トイレあり



新池sinike.gif




高円山ドライブウェイをまたいで、いよいよ地獄谷へ。

地名表示は、その名も地獄face07

zigokuhe.gif



地獄谷石窟仏

zigokudanisekkutubutu.gif



凝灰岩をくりぬいた洞窟の壁に、仏像が線刻されている。
向かって右が十一面観音、左が薬師如来、中央が廬舎那仏(一説には弥勒菩薩)。

もう少し大きく。

zigokudanisekkutubutu3.gif



平安時代の作とされるが、彩色がよく残っていること!
洞窟という環境がよかったのだろうか。

右の壁に妙見菩薩の線刻がある(らしい)。撮れなかった^^;

この後、春日山石窟仏(穴仏)をめざす。

石段あり、はしご階段あり、ふうっ。

anabotokehe.gif



春日山石窟仏(穴仏)は、東大寺大仏殿を建てるときに石材をとった後、彫られたものとみられている。東窟と西窟に分かれている。

説明書きによると、石仏は全部で18体あるというが、確認できたのは写真のものだけ。
これは西窟の地蔵菩薩4体。

anabotoke.gif


こちらは大日如来を中心にしたもの。左端に天部像が見える。

anabotoke2.gif


久寿(きゅうじゅ)2年(1155)の銘があるという。

作者とみられる今如房の文字

anabootlemozi.gif


帰りは、春日山周遊道路を通って奈良市街地へ。
道はうねっているので、時間はかかったけれど、新緑のトンネルを歩く道はとてもすがすがしい。
「地獄谷めぐりは、極楽めぐりやったね」とか言いながら、さわやかな季節を存分に味わった1日となったのだった。

この次は、秋に歩いてみたい。
紅葉はさぞ美しいにちがいない。

tizu.gif


" marginheight="400" marginwidth="400" src="http://maps.google.co.jp/?ie=UTF8&brcurrent=3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c665244,1&ll=34.67677,135.872984&spn=0.024705,0.036478&z=14&output=embed">
大きな地図で見る



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/05/04 Tue. 20:49 [edit]

category: 石仏

TB: --    CM: 22

04

コメント

 

まいゆりさん
こんばんは。
ブログ見せていただきました。
丁寧な説明と写真は臨場感あふれるものですね。
筋肉痛になるのも無理からぬことと思いました。
今度は私もあのコースで行ってみたいと思います。
リンクしていただきありがとうございます。
これからも楽しみに見せていただきます~^ ^

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/20 20:55 | edit

 

筋肉痛からやっと開放され、記事をUPしました。
よろしければ遊びに来てくださいね。

URL | まいゆり #79D/WHSg | 2010/05/20 12:16 | edit

 

まいゆりさん
行ってこられたのですね。
ご報告ありがとうございます。
私どもよりハードなハイキングだったようですね。
またブログアップを楽しみにしております。
私の記事も載せてくださるとか。
うれしいです。ありがとうございます。
それから、まいゆりさんのブログゆっくり見せていただきました。
お嬢さんスゴイですね!
奈良県代表じゃないですか☆
これから応援させていただきます~。
生駒山へは昨年行きました。
南生駒駅から、往馬大社とか行基ゆかりの竹林寺とか寺社をいくつか訪ねて、鬼取あたりまで登りました。
見晴らしバツグンで、しかも歴史にも浸るいいコースだったなあと思います。
以前は、HPに載せていたのですが、このブログを始めてから削除してしまいました~。参考までにと思ったのですが、保存もしてなかったようです^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/16 17:19 | edit

 

今日、天気もよかったので家族揃って行ってきました。
コースは、滝坂の道から地獄谷へ行って峠の茶屋を目指し、春日山石窟仏、若草山山頂にしました。
地獄谷からそのまま山の中を歩いたので道も細くなり、とても心配しました。
我が家から滝坂の道入り口まで歩いて20分ほどなので、とってもよいハイキングコースになりました。
今度は生駒山に行く予定です。
身体は疲れましたが、行ってよかったです。
ありがとうございました。
記事は後日アップするつもりですが、かげろひさんこのブログも一緒に入れさせていただいてもよろしいでしょうか?

URL | まいゆり #79D/WHSg | 2010/05/16 16:16 | edit

 

まいゆりさん
はじめまして。
お訪ねありがとうございます。
地獄谷石窟仏はドライブウェイを越えてすぐのところにあります。
彩色も残っていて、すぐれものだと思います。
その後、春日山石窟仏へもどうぞ(逆でもいいと思いますが)。
新緑の道はそれはもうすばらしくて、身体中がリフレッシュするような感じでした。今の、元気のもとになっています。
わりと歩きやすい道で、道標もたくさんありましたよ。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/13 18:08 | edit

 

はじめまして。
朝日観音まで入ったことがあるのですが、地獄谷・・・行ってみたくなりました。
この季節の中、いったら気持ちいいだろうな。
計画立ててみます。

URL | まいゆり #79D/WHSg | 2010/05/13 13:20 | edit

 

なららん♪さん
こんにちは~
コメントありがとうございます。
今回の連休は仕事を忘れて毎日楽しく出歩いておりました^^
今日はひっそりと高野山麓の実家で過ごしております。
ウソのような静寂です。
春日奥山、ぜひご主人さまとどうぞ。
私も秋に行きたいと思っています。
紅葉はゼッタイすごいはず(^O^)v

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/06 12:50 | edit

 

こんにちわ~
ようやく今日から普段の日?
ゆっくりPCの前に座れています(笑)
でも、すぐにまた週末ですね・・・。
私も一度行きたい場所なんですが、
歩くとなると、なかなか行くのをためらってしまって
でも、秋には行きたい~な"^_^"

URL | なららん♪ #79D/WHSg | 2010/05/06 11:02 | edit

 

*ならら*さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
しばらく行ってなかったのですが、改めて、いい道だと再認識した次第です。
新緑がすばらしくて、同じようなショットをいっぱい撮っていました^^;
でも、実際の感動はなかなか伝えられません。
お二人でぜひどうぞ~。
秋にまた行きたいなと思っています。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/05 22:42 | edit

 

こんばんは
好いですね・・・
ダンナと、「行こう行こう!」と掛け声だけの所です。
小鳥の声が聞こえてきそうな写真。。
そそられますw。

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2010/05/05 21:47 | edit

 

野の譜さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
実は「滝坂の道」は、ほんとの創刊号の取材で、みんなで歩きましたので思い出がいっぱいなのです。
写真家の故小林さんが、いつもは小食なのに柳生ではおうどんをおかわりしたり、能登川にできたツララを折ってワインに入れたり(このあたりは変わってませんねえ^^;)
確かに、地獄谷へ行ってからの春日山穴仏への道はちょっとキツイですよね。娘さん、たいへんでしたね。でもメデタシメデタシなのだから、きっと幸いを呼ぶ道なのかも。
私どもは、春日山周遊道路で妙見宮の階段を上ったのがこたえました。見晴らしがいいのかと期待して行ったら山の中で引き返し^^;
でもたいへん楽しいハイキングでした~

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/05 21:17 | edit

 

こんばんは。
滝坂の道、地獄谷懐かしく見せて頂きました。
大好きなハイキングコースで何度か歩きました。
新薬師寺付近から登ったり円城寺から下ったりしました。
一度は私も娘と歩きました。円城寺から歩き、地獄谷の
石仏を見てもう一度坂道を登るのにアゴを出した娘を
美味しいおそばを食べさせてあげるからと叱咤激励をしました。
翌日、娘のお見合いだったのですが疲れで口のふちに熱の花を咲かせ筋肉痛で顔をしかめてのお見合いでした。
でも幸いその相手と今も結婚生活を送っています。
今日、娘が来ました。かぎろひさまの写真で話が弾みました。
その頃は円亀山人様が書かれておられるようにトイレは無かったです。
娘さんも良い思い出を作られましたね。

URL | 野の譜 #79D/WHSg | 2010/05/05 20:10 | edit

 

円亀山人さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
何度歩いても、すがすがしくて歴史が感じられるいい道ですよね。
能登川のせせらぎもさらに魅力を深めているような気がします。
首切地蔵のトイレや道標なども結構たくさんあって、だいぶ整備されているようでした。
お酒にも歴史にも自然にも強くはないのですが、好きではアリマス。
今回は娘のおかげで、いい体験ができました。
1人では行ってなかったと思いますので。
またぜひ歩きにお越しくださいませ。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/05 16:35 | edit

 

なむさいじょうさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
市街地からすぐの所にこんな原始林があるというのは、奈良の大きな魅力だと、つくづく感じました。
円成寺から下るというのもいいかもしれませんね。
私はまだ上りばかりです。
秋もよさそうですよ(^_^)v

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/05 16:27 | edit

 

メグさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
うちの娘もそうですが、メグさんちの息子さんも上賀茂神社とか博物館とかフツーに行かれてますよね。
メグさんの影響かな。
滝坂の道から地獄谷、結構歩いている人が多かったですよ。
秋は紅葉がとてもきれいだと思います。
立派なカエデがたくさんありました^^

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/05 16:22 | edit

 

滝坂の道、全く変わっていないですね。
私は紅葉よりも新緑のヤツデが好きです。
清々しくて3日、4日の真夏日を忘れるほどでした。
首切り地蔵の近くにトイレあったっけ?
少しだけ変わってきているのかも。
いい娘さんと、お酒にも歴史にも自然にも強く
やさしいお母さんが歩く足跡に歴史が新たに加わって
ゆく。そんな、微笑ましくもうらやましいリポートで
した。何度目かの「柳生行」がしたくなりました。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2010/05/05 13:50 | edit

 

こんにちは~
ちょうど1年前の5月5日、円成寺から地獄谷、滝坂の道を歩きました。(下り中心でラクでしたが)
まだ行ったことはないですけど、紅葉のころもいいでしょうね。
奈良で原始林をこれだけ歩けるところは多くないので、貴重なエリアとと思います。

URL | なむさいじょう #79D/WHSg | 2010/05/05 12:07 | edit

 

素敵~~~
娘さんが 地獄 (谷) 
をみたい っておっしゃったのですね
かぎろひ さんの子育ての賜物ですね
こんなに素敵な所 
森林浴
心身のリフレッシュでしょうか
私も このコースを歩きたいと 思ってはいるのですが
なんせ 一人で歩くのは ちょっとと思っていましたが
わかりやすい道のようですね
秋に行ってみようかな (#^.^#)
しかし
前日のアルコールも 翌日にはすっかり抜けてるという
まだまだ お若い (*^^)v

URL | メグ #79D/WHSg | 2010/05/05 08:01 | edit

 

白雪さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
今しがた、「ぶらり」をお尋ねして足跡のこしてきました~。
お疲れさまです。
今回は「鶯の滝」のほうには行かなかったのです。
そういえば、前日飲み会でしたが、お昼だったせいか、朝には飲んだことすら忘れているほどでしたわ^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/04 22:41 | edit

 

旅宿ぶらりさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
山の中の石仏群、当時、こんな山奥でどのようにして暮らしていたのか、どんな思いで彫ったのか、想像を絶する世界ですね。
おすすめコースです!
緑の世界にどっぷり浸るこの季節はもちろんですが、秋の紅葉もすばらしいと思います。
ぜひ。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/05/04 22:33 | edit

 

こんばんは、そのころ私は東大寺で右往左往してました。
地獄谷の方面に、一口口に含むとコロコロと声が良くなる「鶯の滝」ありませんでしたか?記憶違いかな???
写真を見ても清々しい雰囲気出ていますね、アルコール抜けました?
昨日、今日と平城宮跡の方に行きましたが暑くて大変でした。
遣唐使船の歴史館今日朝7時30分に行きましたが既に4組15人位並んでいましたよ。疲れました。

URL | 白雪 #79D/WHSg | 2010/05/04 22:19 | edit

 

当尾の石仏も良かったですが、こちらの石仏群もまた素晴らしいですね。
保存状態がいい!
新緑のすがすがしい空気が伝わってきます。
歩いてみたいですね~!

URL | 旅宿ぶらり #79D/WHSg | 2010/05/04 21:51 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form