fc2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

玉手集落と玉手丘上陵 

奈良大和路を歩いて出合う魅力は数え切れないが、集落の美しさもその1つだと思う。
戦禍を逃れ、また自然災害も少なかったおかげで、各地に歴史を感じさせる趣深い集落が残る。

高野山麓の実家への行き帰り、JR和歌山線がここを通るたびに、思わず車窓に額をくっつけて見入ってしまう集落がある。
あっという間に過ぎ去ってしまっても、家並みの美しさ、重厚な民家群が目の底に残る。
行ってみたい…

先日やっと念願を果たすことができた。



JR和歌山線玉手(たまで)駅から東へすぐ。
写真は線路の南側から集落(南方)を見たところ。

集落側から和歌山線を見ると。

自分が乗っているのではないかと探していたりして…^^;

いよいよ集落へ。失礼しま~す。


想像以上の重厚さ。家屋の大きさに目を見張る。
1軒、2軒だけがというのではなく、集落全体がこんな豪壮さ。

集落をウロウロしたけれど、誰にも会わなかったので、何も聞けず。
物音すら聞こえてこない。
これだけ大きい家屋だから外へ音が漏れないのか、ここにも過疎化の波が及んでいるのか…

そして、この集落の背後に見えるお山が、孝安天皇陵に比定されている玉手丘上陵(たまでのおかのえのみささぎ)。


御陵へ至る道からふり返って見る玉手集落。


整備された林の道を上って行くと、御陵に達する。


孝安天皇陵から見る金剛・葛城の山。



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2010/07/24 Sat. 07:10 [edit]

category: 御所市

TB: --    CM: 2

24

コメント

 

こんばんは
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
玉手の集落を訪ねたのは7月の初めころでしたので、これほどの暑さではありませんでしたし、稲もあれから20日以上経過してますから、もうだいぶ成長しているかもしれませんね。
奇しくも今日、大阪の玉出あたりを歩いてきましたが、異常な暑さを感じました。
奈良や高野山麓はまだ緑が多い分、だいぶマシですね。
電車の件、さすがに目の付け所が違いますね!
それなりに涼しいとは思いますが、他の私鉄などの冷え方とは違うような気がします。
扇風機が回っていますし。また違う装置なんですかね。
この次はもそのあたりももうちょっと注意してみます。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/07/24 21:55 | edit

 

お暑うございます。こちらは今日も猛暑日です。
風が吹いたところで、体温と同じくらいの空気が動いても涼しさを
全く感じません。
それに比べると玉手集落のあたりは標高が高いのか、写真を
拝見したところ「暑い」という感じがしません。稲の育ちも遅いように
思えます。この時期に出かけてみたいですね。
以前「曲がったことのない横丁を曲がると、それは旅である」と
永六輔さんが仰っていました。それを実践されているようですね。
ところで写真の電車はクーラーを載せていないように見えますが、
まさか「非冷房」でしょうか? 2両目の連結部の窓が塞がれて
いますので、あるいはそこに冷房があるのかもしれませんが・・・。

URL | バロックおじさん #79D/WHSg | 2010/07/24 18:35 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form