09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

黒滝村でキャンプ 


8月8日から2泊3日で、吉野郡黒滝村へ。
総勢6名でテント2張のキャンプ生活。

人間本来が持っている野生の血が目覚めるのか、はたまた幼少期に野山を駆け回っていたワタクシ自身の環境のなせるわざなのかはわからないが、歳を重ねても自然の真っ只中に身を置くキャンプの魅力は色褪せない。

蚊や蠅がいたり(黒滝村にはいなかったが)、やや清潔度に難点あり、などもその魅力に比べたら何ほどのこともない。

なぁんてエラソーに言っても、きちんと整備されたオートキャンプ場なのだけれど^^;


黒滝村は奈良県のど真ん中。奈良県のへそと言われる。

黒滝村の位置(クリックで拡大)






大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )


テントの中に横たわると、大地をじかに感じることができる。普段の暮らしにはないこんな野性味が新鮮bikkuri-01

満天の星に感動して眠りにつき、しらみ始めた空をテントの中から見る。

鳥のさえずり、川のせせらぎ、山の冷涼な空気。








早朝、山々から立ち上る水蒸気


すぐそばを黒滝川が流れる。


川歩きを楽しむ。


こんな浅い川、楽勝でしょ、って?
いやいや、激しい流れも渡ったのよ。

写真ではわからないカナ。滑らないようにカメラを抱えて必死で急流を渡る。

小さな魚や、素早い動きのおたまじゃくもいた。


近場を散策。あの吊橋を渡ってみようよ。下はあまごセンター。


黒滝吊橋。長さ115m、高さ35m



こわごわ渡っていると、小学生の男の子が全力疾走でこちらにやってくるのにはまいった。お願いやから、そっと渡ってね~


野趣いっぱいの食事もまた楽しからずや。レトルトでもインスタントでも、ちょっとぐらい野菜がゴリゴリしても、何でもおいしいからふしぎ。


おなかがいっぱいになると

マージャンに興じたり、シャボン玉で遊んだり。

残ったお酒たちを川で冷やしてみる。

おお、なかなか絵になるね~









天川村までドライブして洞川(どろがわ)温泉へ。帰りは下市(しもいち)の湯で汗を流す。


黒滝村の道の駅では名物のコンニャクも忘れなかったicon61


3日間、カンペキに仕事を忘れ、童心にもどり、ゆるゆるとしたひとときを過ごしたのだった♪

リフレッシュicon09

さあまた現実に戻って、がんばりましょphana

※みよしのオートキャンプ場
吉野郡黒滝村御吉野193
TEL0747-62-2340
http://www3.ocn.ne.jp/~miyosino/

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/08/11 Wed. 16:40 [edit]

category: 吉野郡

TB: --    CM: 14

11

コメント

 

円亀山人さん
おはようございます。
いえいえ、昔のお話をたいへん楽しく拝聴しておりました~
リュックに鍋釜などの用具を詰め込んで、電車を利用、歩いてキャンプ地へおもむく、食事は現地調達…これがほんとのキャンプの醍醐味なのだと、自然に納得することができます。
円亀山人さんから、体験談やご存じのことをいろいろ教えていただけるのを、実は楽しみにしているんですよ。
時にはカツッ!を入れてくださるのも大歓迎です^^

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/13 07:31 | edit

 

かぎろひ様、ごめんなさい。
自分が書いたコメントを読み返して、限りなく恥ずかしい
気持になりました。自分はいつからこんなイヤな人間にな
ったのだろうかと・・・。
酷暑の夏、毎日をあちこちと飛び回られて超ご多忙に過ご
されている方が、ほんの数日ホットする自然とのふれあい
の時間をもたれ身も心もリフレッシュされたこと。そして、
台風4号の通過というきわどさのなかを、無事帰ってこら
れたことを素直に喜べばそれで済むこと。何も昔のことを
あれこれ持ち出して、どうこう書く必要は全くありません。
「温故知新」とはいっても「古」が出しゃばって「新」に
押し付けがましいことを書いては身も蓋もなし。その点、
「あしひきのふーにゃん」さんの如く、謙虚に過去を学ぼ
うとする態度は立派です。古く狭い体験だけの物言いから
は何も生まれない。もっと謙虚に「今」を学ばねばと自戒
しています。「老人は過去を語り、若者は未来を語る」と
いつか耳にした格言(?)を反面教師として勉強させてい
ただきます。こんな私ですが、これからもよろしく。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2010/08/12 20:29 | edit

 

emirinさん
こんにちは!
コメントありがとうございます。
はい、大自然の中で食するものは何でもおいしいですね!
特に、川の中のものが…
黒滝吊橋、ちょっとこわかったものの、楽しい経験になりました。
吉野郡は未知の地が多いのですが、たいへん魅力的ですねえ。
充電できたので、しばらくは頑張れそう、カナ。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/12 17:36 | edit

 

お早うございます!
キャンプはしてませんが、遊びには行った事があります!
もう、大自然の中で、ウラヤマシイかぎりです。
それに、川の中にいろいろビンが・・・うまい!だろうな~!(>_<)
黒滝吊橋・・これは、まだ経験なし・・
今度渡ります(こんなの大好き)
黒滝の道の駅・・・今度はタッパー持参で・・・
素晴らしい休息でしたね、これでエネルギー充電出来ましたね。

URL | emirin #79D/WHSg | 2010/08/12 11:02 | edit

 

リンネさん
こんばんは
コメントありがとうございます。
アウトドアいいですね~
元気もらえます。
吉野の自然は深くてスケールが大きいですね。
こんな自然を相手に山歩きや沢登り…私にはとてもとても無理~
またリンネさんのブログアップ楽しみにしております。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/11 21:35 | edit

 

kobutaさん
こんばんは
コメントありがとうございます。
天川村、ちょこっと行ってみただけなのですが、またゆっくりと宿泊して楽しみたいと思いました。
いいとこですねえ。
ゆず味噌、今日は早速、茄子の田楽で試してみましたが、とてもやさしいお味で気に入りました。
丸茄子だともっとおいしいでしょうね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/11 21:24 | edit

 

黒滝川の川遊び写真気持ちよさそうですね~
おまけに冷やされたビールも飲みたくなります~
黒滝村の道の駅のこんにゃくは山歩きの帰り立ち寄ります。
アウトドアいいですね~
沢登りもお勧めします(笑)

URL | リンネ #79D/WHSg | 2010/08/11 21:19 | edit

 

円亀山人さん
こんばんは
コメントありがとうございます。
そうですよね、その頃のキャンプに比べたらほんの“ごっこ”ですね。
車に荷物を積み込んでひと走り、設備も整っていますしね。
それでも、日常生活とはまるで違うひととき。
自然の中で、思いきり楽しんできました。
またがんばりま~す。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/11 21:18 | edit

 

わーたのしそーう!
とはいえ、私も土曜日に、天川村にBBQと温泉入りにいってました。
いいですよねー!あのへんは!!
キャンプたのしいよなー。^^
ここでゆず味噌かったんですねー!
どんな料理に使うのかなー♪

URL | kobuta #79D/WHSg | 2010/08/11 21:13 | edit

 

はなのさん
こんばんは
コメントありがとうございます。
子どもたちが小さい頃は、よく海辺や琵琶湖へキャンプに行ったのですが、今回はかなり久しぶりでした。
奈良県内での川キャンプも初めて。
星ってこんなにたくさんあったんや、と感動しました。
ずっと見ていても飽きませんね。
いやぁ、エネルギー量は多くはありませんよぉ。
今回のキャンプでだいぶ貯めてきたような気がしますので、また頑張れそうです。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/11 21:10 | edit

 

白雪さん
こんばんは
コメントありがとうございます。
オープン時に行かれたとは、大先輩!
結構新しそうな感じがしましたが、どれくらい経っているのでしょう。
雨は何度も降ったのですが、満天の星が見られたときは本当に感動しました。わが高野山麓よりももっとすばらしい星空でした。
はい、流れ星も何度も見ました。お願い事をする時間はありませんでしたが。
黒滝温泉って、気がつきませんでしたが、調べてみると、おおあんなに近くにあったんですね^^;
下市温泉は川沿いでした。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/11 21:02 | edit

 

しばらくお留守とは察していましたが、まさか
2泊3日のキャンプだったとは!!
野生の血が騒ぐのは女性も男性も同じです。
ましてや、瀬戸内の島々や平家の落人伝説の
ある剣山に連なる祖谷川(祖谷渓谷)での
キャンプ経験の豊富なわたくしとしては、
オートキャンプ場なんて何やらホテル並のよう
に思えて・・・。
うん十年前のど田舎キャンプは国鉄(当時の)で
の移動であり、装備も重たいテントや支柱をはじめ
鍋釜は勿論、料理道具と材料一式を各自が分担して
背負い魚は川で現地調達。釣りが下手なら魚抜き。
酒だけは各自が好みのものを自己責任で確保してい
たっけ・・・。ラジオを聴きながら携帯も無線もな
い暮らしは心細いが今よりももっと暗い川底からの
満天の星空は素晴らしかったなぁ。昼間は泳ぎと、
スケッチブックを広げてのもっぱら写生でした。
ともあれ、懐かしくもうらやましい3日間。
よかった、よかった!!

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2010/08/11 20:45 | edit

 

 こんばんは、かぎろひさん。
キャンプなんて何十年も行っていませんが、
ブログを拝見していて野生の血が騒ぎます。
 私けっこうコウユウの好きなんですよ。
学生時代寝転んで満天の星を見たことや
キャンプファイヤーの神聖な儀式(?)
思い出しました。
 いつもエネルギッシュなかぎろひさん、
これからもますますご活躍くださいね。
 

URL | はなの #79D/WHSg | 2010/08/11 20:14 | edit

 

懐かしい風景、ここがオープンした時に行きました。
裏がすぐ川でいいですよね。
黒滝温泉には?いかれませんでしたか。
今日のコース思い出がいっぱいあるコースです。
下市の湯は横が吉野川の処でしょうか?
どちらにしてももう一度老体にムチ打ち行ってみたい。装備は一通り有りますので。
羨ましい、綺麗な星空また見たいです。夏空は流星がよく見れますよ。
五条のキャンプ場では一晩に2個の人工衛星を見ました。
とにかく羨ましいで~す。
まだまだ仕事!早く土日が来ないかな~。

URL | 白雪 #79D/WHSg | 2010/08/11 17:56 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form