fc2ブログ

03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

行者米 

御所(ごせ)市の、ややさみしいメインストリート・新地商店街の中で、ひときわ目立っているのが杉村商店の行者米(ぎょうじゃまい)だ。

御所のまちが大いに賑わう「霜月祭(そうげつさい)」は今年12回目を迎えるが、初回に地域おこしをめざして考案されたもの。

御所には、修験道の開祖、役行者(えんのぎょうじゃ)の生誕地・吉祥草寺(きっしょうそうじ)があり、修行した葛城山がある(その頃の葛城山は今の金剛山と言われるが)。

また、霜月祭のときに、全国から集まった山伏が歩く道は「行者街道」と名づけられている。

「行者米」は、役行者を葛城山へ導いたと伝えられる五色のウサギにちなんで五穀をブレンドした杉村商店オリジナル。
奈良県産のヒノヒカリ・古代米の赤米と黒もち米・あわ・きび。

健康ブームにものって、全国から注文がくる人気商品。

1袋300g300円という手軽さがありがたい。

重いとちょっと躊躇するよね。
お土産にお米とお酒どっち? やはり後者でしょう^^;

おかげでこの日はどっちもゲット!


お酒はすでに飲んでしまったのに、行者米はやっとこのほど炊くことに。
炊く前に観察、観察。
5種類、取り出してみた(右)


かなり色が染まると聞いていたので、白米1合をプラスして炊く。


それでもなかなかいい色に炊きあがったicon22
違和感なくおいしい。

「五穀を決めるとき、いろいろ試してみたんですよ」と杉村商店の杉村佐知子さんがおっしゃっていた。
「ひえ」などには、ちょっと抵抗感をもったという。
五穀の配分も、試行錯誤の末の決定。

炊くときの注意事項bikkuri-01
行者米を、いつものお米のように洗っていて、ザルにとったとき、ああっ、ザルの目から流れ出したものが…
「あわ」と「きび」の粒がザルの目よりも小さかったのだぁicon10

行者米を炊かれるときはお気をつけあそばせ(って、こんなアホなことやらかすのはワタクシだけ?)


※杉村商店

御所市新地

TEL0745-62-2379

地方発送もしてくれる。



大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2010/08/18 Wed. 12:53 [edit]

category: こんな品

TB: --    CM: 8

18

コメント

 

リンネさん
おはようございます。
>「役行者を葛城山へ導いたと伝えられる五色のウサギにちなんで・・・」
そういう話があるのですか?
知りませんでした。( ..)φメモメモ
実は私も知らなかったんです。ホッ(笑)
で、原典、調べましたよ~
それは今日アップする予定です。
カメラ、なおりました?
山の話、楽しみにしておりま~す。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/19 10:03 | edit

 

おはようございます。
何年か前霜月祭のときに商店街を歩きましたが、この時ばかりは商店街は賑やかでした。
「役行者を葛城山へ導いたと伝えられる五色のウサギにちなんで・・・」
そういう話があるのですか?
知りませんでした。( ..)φメモメモ

URL | リンネ #79D/WHSg | 2010/08/19 09:23 | edit

 

円亀山人さん
おはようございます。
土井が浜遺跡、興味深いですね。
ミュージアムもできているようで、ホームページを訪ねてみると、なかなか楽しいものでした。
私は次に旅に出たいのが実は山口県でして、いつになるかはわかりませんが、ここも行き先の1つに加えたいと思います。
中山忠光にはあまりいいイメージをもってないのですが…

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/19 08:25 | edit

 

行者米に限らず雑穀が注目されだして大分なりますね。
一袋の量も大抵がこのぐらいで、やはりこれだけを炊く
よりは普通米にブレンドして食するのが普通のようです。
私が「古代米」と称する赤米をはじめて口にしたのは、
山口県の膨大な弥生人骨が残る「土井が浜遺跡」での
ことでした。まるで赤飯のようでいい香りがしました。
古代米も珍しかったが、弥生の人骨が残るのはめった
にないらしいですね。おまけに無数の鏃がささった実物
の人骨まで展示されていて驚きました。
当時は豊北町といいましたが、平成の大合併でどこに
属したのでしょうか。蛇足ながら天誅組の中心人物だった
中山忠光(幕末のお公家さん)が長州に逃げ、その支藩で
ある長府藩に殺されたのが、この土地でした。
かぎりひ様が往来されている五条市で挙兵したのですから
何かのエニシがあるのかも!?

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2010/08/18 22:41 | edit

 

白雪さん
水加減はいつもと同じにしましたよ。
塩をちょっと加えると、さらにおいしくなるとか。
食べてから、パッケージに書いてあることに気づきました^^;
やっぱりまた買わないといけないみたい。
100歳はどうなんでしょうね。
ずうっと食べ続けないとわからないのでは。
こればっかり食べるのはいやですけどね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/18 22:03 | edit

 

*ならら*さん
こんばんは
おっしゃるとおり、いい口当たりでした。
私は1合も白米を増やしてしまったのですが、そのままのほうがよかったのかな、とちょっと後悔しています。
また御所へ行ったら入手してこようかな。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/18 21:58 | edit

 

主夫として気になるのは水加減、どんなものでしょう?
今後のためにご教授をお願いいたします。
食べ続けたら住民票の上だけでなく実際にお話ができる100歳にたどりつけますでしょうか?

URL | 白雪 #79D/WHSg | 2010/08/18 20:50 | edit

 

こんばんは
行者米いいですね。
赤米だけだとちょっと、食べにくいですが、この比率のブレンドだともちもちした口当たりのおいしいご飯になりそうです。
意外と、稗とか粟とかおいしいですよね。

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2010/08/18 17:38 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form