07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

役行者と五色のウサギ 

左は、前回紹介した杉村商店「行者米」の袋にあったコピー。

役行者(えんのぎょうじゃ)は五色の兎にしたがって御所(ごせ)まちに現れ、葛城山の頂に籠もったとある。

そんな話あったっけ?
これって有名な話なん?
五色の雲っていうのは聞いたことがあるような気がするけど…

ワタクシ、恥ずかしながら、役行者と五色のウサギのことは知らなかった。

たった数行の「品」の紹介だからといって、原典も知らないままサラリと流すわけにはどうしてもいかない(家事は手抜きだが、仕事はキマジメ^^;)。

五色のウサギを省いたら商品の紹介にはならないし…

原典に触れないまでも、おさえておく必要はあるだろうな。

正史である『続日本紀』に書かれているのは、讒言によって役小角(えんのおづぬ)が伊豆に配流されたということとそれにまつわる話だけ。

伝説のたぐいはいったいどれほどあるのだろうと考えると、ちょっと気が遠くなる。

奈良県立図書情報館で調べることはできるだろうが、1日こもっても探し出せるかどうか…。

ちょっとその前に、ヒントつかめないかなあと、龍センセ(かぎろひ誌主宰)の書庫におもむいてみる。

すぐさま「これに目を通してみて」と出してきてくれたのが、『役行者伝記集成』(銭谷武平著)。

これがすごい本だった!

パラパラとめくって、ものの1分ほどで、解答が見つかったのだから。
感動のあまり、身体のチカラが抜けてしまったほど。

役行者の主な略伝が、平安時代から鎌倉、室町、江戸、と時代ごとに紹介されている。

それも、読みづらい原文ではなくて、やさしく現代語訳されているのがありがたい。
タイトルや内容は堅いはずなのに全編、温もりが感じられるやわらかい文章で、著者のお人柄がしのばれる。
たちまちファンになってしまった。

著者の銭谷武平(ぜにたにぶへい)氏は、長崎大学名誉教授で農学博士。
天川村洞川(どろがわ)の陀羅尼助丸で有名な「銭谷小角堂」がご実家のよう。

1920年生まれとあるから今年90歳。
ご健在なのでしょうか。

ありがとうございました。
この後も、ゆっくり読ませていただきます。


あ、役行者と五色のウサギ、は何に書かれていたかって?

はい、鎌倉時代の『源平盛衰記』。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/08/19 Thu. 13:37 [edit]

category: 読書

TB: --    CM: 3

19

コメント

 

白雪さん
emirinさん
こんばんは!
コメントありがとうございます。
いやいや、私もよくわからないんですよぉ。
正史である『続日本紀』に出てくるから実在していたであろうということで、あとは伝説のたぐいばかりで…
聖徳太子みたいですね。
emirinさんすごい。『源平盛衰記』確認されましたか?
>この本の抜粋時々UPしてもらえますか、原文では無く「かぎろひ流」で。
機会があればまたご紹介させていただきま~す。
ほんと、感謝、感謝の本です^^

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/08/19 22:08 | edit

 

今晩は!
なんだか、難しそうですね・・・
でも、さすがかぎろひさんです、やっぱり違う・・納得するまで!
役行者・・・
恥ずかしいですが、イマイチよくわからない私なんですが・・・
少し前に、葛城の道(風の森)である本に少し、役行者の事が
書かれてあり、一言主神とのやり取りなど、読んでいくと
面白くなってきました。
役行者、実在していたというのは、通説のようであると
書かれていますが・・・
発見・・・源平盛衰記に・・
五色の兎に随て葛城山の頂に上る。藤の衣に身を隠し、
松の緑に命を継で、孔雀明王の法を修行する事三十余年也・・・
私も、白雪さん同様・・・お願いします!

URL | emirin #79D/WHSg | 2010/08/19 21:41 | edit

 

サスガ!仕事には手抜きが無い!これではファンにならざるを得ない。
この本の抜粋時々UPしてもらえますか、原文では無く「かぎろひ流」で。

URL | 白雪 #79D/WHSg | 2010/08/19 17:58 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form