07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

御所柿史料 

御所柿①
御所柿②

「御所柿」は『広辞苑』にも載っている。

(もと奈良県御所市から産したからいう)柿の一品種。実の形は扁平で縦の筋4つあり。種少なく、熟すれば深紅色となる。肉が柔らかで柿の品種中風味が最もよい。

イラスト付きだ。




江戸時代の百科事典『和漢三才図会(わかんさんさいずえ)』にも「五所柿」として見える。



(クリックで大)




およそ柿の品種はたいへん多いが、和州(大和)五所(ごせ)の産が最も優れている。
今、畿内では皆、これを移し植えている。
果体は扁平で、わずかに方を帯び(四角で)、わずかに尖り、果肉は紅色で、味は甘く、潤脆(潤いがあって脆い)。
蔕(へた)の処は縮陥(ちぢみくぼんでいる)。
形は他の柿と異なっている。
その核(たね)は小さく肥円にして尖る(肥えてまるく尖っている)。
俗に五所柿という。
あるいは大和(やまと)柿とも木煉(こねり)柿ともいう。


このほかにも、江戸時代の俳諧作法書『毛吹草(けふきぐさ)』や『本朝食鑑(ほんちょうしょっかん)』、『日本山海名物図絵』などに「御所柿」の名前が見えるという。

御所柿についての史料を、一から調べるとなると、大変だったと思うが、すでに「NPO法人ごせまちネットワーク・創」さんが調べられており、ワタクシは原典にあたるだけでいいので、かなりラクチンicon22

ワタクシ、まだ「和漢三才図会」にあたっただけ(復刻本の和漢三才図絵は龍センセの書庫にあったもので^^; 上の和綴じ本の写真は「NPO法人ごせまちネットワーク・創」提供)

近々、奈良県立図書情報館にこもって、一気に原典にあたってくる予定icon09

写真の『御所柿』という本は、昭和3年、御所まちの西尾小五郎さんという方が著されたもの。

「NPO法人ごせまちネットワーク・創」さんが発掘されて、装丁を新たにされた貴重本だ。

ワタクシただいま拝借中<(_ _)>

西尾家の御所柿が昭和天皇に献上されたのを記念して発行されたもののようだが、御所柿について実に詳しく調べ上げられている。

自分の家の御所柿が天皇お買い上げになった喜び、御所柿のすばらしさ、わがまちの誇りなどが、時代を超えて伝わってくる。ちょっと読みにくいけれど、ねicon10


ちょっとだけ中をのぞいてみて(クリックで大)。
 

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/09/04 Sat. 16:13 [edit]

category: 御所柿

TB: --    CM: 4

04

コメント

 

吉本洋さん
こんばんは。
白山市に「やまと柿」=「御所柿」があったとは!
貴重な情報をありがとうございます。
昨年、御所柿に出合って興味をもっていますが、私自身は知らないことばかりです。
でも、奈良県御所市のNPO法人には「御所柿プロジェクト」があって、ずいぶん研究されていますし、御所柿振興の機運も高まっています。
今度、関係の方にお会いしたとき、この情報をお伝えしておきますね。
奈良県内の御所柿調査は進んでいると思うのですが、まだ県外まで調査はされていないでしょうね。
全国の御所柿を調べていくと、何か新しい発見があるかもしれませんね。
何かわかりましたら、ブログでまた書かせていただきたいと思います。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/11/23 22:12 | edit

 

石川県白山市の者です。我家に古くから「やまと柿」という呼んでいる柿があります。近所にぜんぜんありません。古い柿の木なので、ルーツを調べてみたところ、この柿が実は「御所柿」のことだとやっとわかりました。また貴重な柿だということも、かぎろひさんのブログからよく分かりました。
 なんでそんな柿が石川にあるのかというと、前田の殿様が推奨していたらしいのです。まだまだ謎です。なにかヒントありましたら教えてください。

URL | 吉本洋 #79D/WHSg | 2011/11/23 20:53 | edit

 

円亀山人さん
こんばんは~
コメントありがとうございます。
数十行の記事で、果たしてそれが記事になるのかどうかもわからないのですが、可能な限りは資料を集めて、原典にあたりたいと思っています。
なぁんて、カッコつけましたが、不定期スロー発行のせめてもの心意気と申しましょうか、孫引きだけはしないというのが、かぎろひの自負であります。
なぁんて、やはりお恥ずかしいのですが、それよりも早く出してくれという声も聞こえたりして…^^;
九度山の柿はサイコーにおいしいと思います。
今年は遅霜の影響で不作のようですが。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/09/05 23:56 | edit

 

すごい勉強ぶりですね。
「龍センセの書庫」も宝の山!!
和とじ本などの原典にあったって、裏づけをとり
記事にしてゆく。暑い中大変な作業ですが、もう
少しで秋風の季節です。
ところで、以前かぎろひ様が書かれていたのかどうか、
忘れましたが、楽天通販で「九度山産の富有柿」が、
大変なお値段で販売されていました。それでも、もう
売り切れと赤字で書かれているのに驚いたものです。
九度山の柿も実においしそうでしたよ。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2010/09/05 23:01 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form