09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

柿の日  

10月26日は「柿の日」ということを、25日付けの奈良県メールマガジン「大仏さんのつぶより情報」で、ああそうだったと思い出した。



「10月26日は柿の日」と、日本記念日協会に正式に認定されたのは2005年だが、最初に提案したのは、奈良県の生産者だったという。

正岡子規の、有名な「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」が詠まれたのが、明治28年(1895)10月26日であるという話を紹介して、この日を柿の日にできないものかと呼びかけたのが、2002年の全国カキ研究大会でのこととか。

明治28年10月26日、正岡子規は、奈良の旅館「對山樓(たいざんろう)」に泊まる(現在は和風レストラン「天平倶楽部」。子規の庭もつくられている)。

句は法隆寺だが、実は東大寺の鐘を聞いて詠んだというのが通説。

そして、食べていたのは、どうやら「御所柿」らしい。

俳句雑誌『ホトトギス』(明治34・4・25 )に「御所柿を食ひし事」というタイトルの一文があって、對山樓に投宿したことが綴られている。

…三日ほど奈良に滞留の間は幸に病気も強くならんので余は面白く見る事が出来た。この時は柿が盛(さかん)になっておる時で、奈良にも奈良近辺の村にも柿の林が見えて何ともいえない趣であった。柿などというものは従来詩人にも歌よみにも見離されておるもので、殊に奈良に柿を配合するというような事は思いもよらなかった事である。余はこの新たらしい配合を見つけ出して非常に嬉しかった。

或夜夕飯も過ぎて後、宿屋の下女にまだ御所柿は食えまいかというと、もうありますという。余は国を出てから十年ほどの間御所柿を食った事がないので非常に恋しかったから、早速沢山持て来いと命じた。やがて下女は直径一尺五寸もありそうな錦手の大丼鉢(どんぶりばち)に山の如く柿を盛て来た。さすが柿好きの余も驚いた。


柿も旨い、場所もいい。余はうっとりとしているとボーンという釣鐘の音が一つ聞こえた。彼女は、オヤ初夜が鳴るというてなお柿をむきつづけている。余にはこの初夜というのが非常に珍らしく面白かったのである。あれはどこの鐘かと聞くと、東大寺の大釣鐘が初夜を打つのであるという。東大寺がこの頭の上にあるかと尋ねると、すぐ其処ですという。余が不思議そうにしていたので、女は室の外の板間に出て、其処の中障子を明けて見せた。なるほど東大寺は自分の頭の上に当ってある位である。


先日、金剛山麓で柿を栽培されている中坊成敏さん(奈良県農業協同組合葛城柿部会副部会長)に、御所柿のことをお聞きしに行ったとき、おもしろい話をうかがった。

10月26日に、子規が對山樓で食べた柿は「御所柿」ではないのではないか、と中坊さんは長らく思っていたという。

なぜなら、御所柿が実るのは晩秋で、柿の中でもいちばん遅い、11月下旬。10月26日に御所柿はまだ食べられないだろうと、栽培家ならではの視点で、中坊さんはそのように考えていらっしゃった。

子規が「まだ御所柿は食えまいか」と聞いているあたり、子規自身も御所柿の実りは遅いと認識していたというふうにみてとれる。

ところが、中坊さんはその考えを否定せざるをえない日がくる。
ある年の10月初旬に桜井のほうからいただいた御所柿を見て驚いたという。なんと食べ頃の赤い実だったというのだ。
その後の経験などから、御所柿にはどうやら実りの時期が大きく違う2つのタイプがあるようだというのが、今の中坊さんの考えである。

という話から、子規の食べた御所柿は、御所(ごせ)あたりで一般にいう御所柿とは違う、もうひとつのほうだったとみられる。

※10月26日柿の日
【奈良の柿無料配布イベント】
10時~ 法隆寺前(生駒郡斑鳩町) 先着500名に。
11時~ 国立博物館新館前(奈良市登大路町)先着1,000名に。
 

 【「奈良の柿検定」プチプレ検定&みんな集まれ!柿クイズ大会】
11時~15時
馬見丘陵公園・集いの丘「花なら広場」
(「全国都市緑化ならフェア」会場/北葛城郡河合町) 
 
問合せ=県農業水産振興課 0742-27-7443

さらに12月12日(日)には「第1回 奈良の柿検定」も行われる。
ただいま挑戦者を募集中。

【第1回 奈良の柿検定】
12/12(日) 受付:13時半 試験:14時~
ゲーム大会・くだもの試食:14時40分~
合否発表・合格証交付:15時40分~

県社会福祉総合センター(橿原市大久保町)
定員=一般の部100人/小学生の部(高学年向き)50人。
受験料無料。申込方法等くわしくは下記より。〆切=11/26。
問合せ=県果樹研究会事務局 0747-24-0061
 http://www.kajuken.jp/


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/10/26 Tue. 06:54 [edit]

category: 御所柿

TB: --    CM: 6

26

コメント

 

*ならら*さん
おはようございます
急に寒くなりましたね!
御所柿の実りも早くなる?
ああ、今年は御所柿を食べた~い、食べるゾ、と思っているのですが、どうなりますやら。
気にしていると、不思議にそれに関する情報が入ってきますね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/10/28 07:11 | edit

 

こんばんは
ほん最近何かの本で「御所柿」のことを読みました。
小粒で、またとないほど甘い柿であると、その本にはかいてあり、
なるほどこの柿のことをかぎろひさんが追いかけていらっしゃるのだと、分かったんですよ。
また、続きを楽しみにしています。

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2010/10/27 23:28 | edit

 

たーちゃんさん
こんばんは
柿の甘さは果物の代表でしょうね。
やはり西吉野の柿はバツグンですが、高野山麓九度山町の柿もいけますよ。
って、わがふるさとだから言うわけではありませんが^^;
でも今年は不作のようですけどね。
そうそう、天理の刀根さんが発見されたそうですね、刀根早生。
今年は、御所柿を食べた~いと思っています。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/10/26 20:09 | edit

 

emirinさん
こんばんは!
御所柿がたいそういとおしくなっております^^;
子規の庭の御所柿も見にいかねばとは思っているのですが、たしか3年ほど前に植えられたようですので、実はまだかもしれませんね。
6年かかると聞いたような気がします。
それと、奈良県内でいちばん高齢の御所柿は桜井市にあるようです。
これも見に行きたいなあと。
まずは、なんとか、食べたいものです。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/10/26 20:01 | edit

 

奈良の柿といえばやはり西吉野の柿が最高と思います。
知り合いから毎年西吉野産の柿をいただきますが最高に甘いです。
それと天理市の萱生町が日本3大品種の刀根早生柿の発祥地で
国道169号線沿いに看板が出ています
桜井の柿もこの流れでしょうか

URL | たーちゃん #79D/WHSg | 2010/10/26 19:53 | edit

 

お早うございます!
なるほど、もう一つの柿・・・
なぞは、深まるばかり・・・(>_<)
桜井の柿は・・何だろう??
不思議な御所柿・・・益々興味が湧いてきましたよ!
子規の庭の御所柿・・実を付けているのだろうか?
まだ、確認してませんが!

URL | emirin #79D/WHSg | 2010/10/26 08:49 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form