07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

大和酒Shop&Bar 

東京在住の友“ラブユー東京”さんが所用で4日ほど関西へ来るという。
ちょっとだけでも会いたいなと思っていたら、1日は奈良に宿をとってくれた。

夕方5時30分に合流することに。
食事はどこにしようかなとアレコレ考えていたら、会ったとたん「昨日ブログに書いてあったとこへ行きたいな」。

もちろんワタクシも連れて行こうと思っていたのだが、食後にちょこっとのつもりだった。
彼女はいきなりそこへ行きたいのだという。

さすがはワタクシのお酒の師匠ではある。
OL時代、うぶなワタクシにお酒の楽しさを教えたのが彼女なのだ。

あの頃、休日前になると、お互いの部屋へ泊まりに行き、よく飲んだ。朝、白み始めるころに眠りにつき、起きたら夕方だったなぁんてこともあったね。

といってもその頃は、今のようなおいしいお酒(吟醸酒)はなかった。
日本酒にレモンをギュッとしぼって氷を放りこんで「おいしいな~」というような豪快な(?)飲み方をしていた。

というわけで、連日、三条通り「なら青丹彩(あおにさい)」にできた大和酒Shop&Barへ行くことに^^;
まるで飲んべえみたいじゃないの。

おつまみには、里芋のあんかけ、枝豆、パルミジャーノ・レッジャーノというチーズを削ったものなど。

チーズが意外に合うのにビックリ。
これからはおつまみも(常識にとらわれず)開発しなくてはと思う(ほかに考えることあるやろって?)。

なぁんて思っていたら、この日はもっと衝撃のおつまみを教えていただいた。

「花巴(はなともえ)」の7年古酒になんと生チョコという取り合わせ。

独特の深い味わいに、苦みのある甘さがなんとよく合うことか。

古酒はまだまだワタクシには遠い存在。
あの豊かな深さを持つお酒には、ワタクシごときはまだまだ飲む資格がないと思う。

これを飲めるように頑張って生きていこうicon09

大和酒Shop&Barでは、日本酒だけではなく、生ビールや焼酎、梅酒なども楽しめる。

ワタクシはこの日、曽爾高原ビールもいただく。やっぱり地ビールっておいしい。

奈良に「倭王」がなくなったのがほんとに残念だ、といつも地ビールを飲むたびに思う。

この日はお酒を飲むというよりも、おしゃべりのほうが多かった。
なにせ、数年ぶりなので。
長時間、失礼しました。

酒通の彼女に「奈良のお酒ってこんなにおいしいとは知らなかった」と言ってもらえて、ワタクシはとてもうれしかった。

彼女は、贈り物用に「風の森」を、自分用に小瓶を3種類ほど購入。それから、イゲタ醤油の「八方だし」なども味見をしておいしいと買う。
東京へ帰るのに重いんじゃないの? 瓶ばっかりやし、というワタクシの言葉に「大丈夫、キャリーバッグで引っ張って帰るから」。

その気持ち、ようくわかるけど…^^;

ラブユー東京さんは、まだ2日ほど関西にいるはず。
ホテルでお酒を開けていたりしてね。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2010/12/02 Thu. 19:21 [edit]

category:

TB: --    CM: 10

02

コメント

 

円亀山人さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。掲示板も興味深く拝見しました。
お嬢様もそうでしたか。
うちの娘も同じようなことをやっているのですが、親としては何も言えません。先日は「飲みすぎ注意」というメールだけ送っておきましたが。
青丹彩ビル、もうゼッタイお立ち寄りください。
私も行きつけになりそう^^;
曽爾高原ビール発泡酒のことは円亀さんにお聞きしていたので、そのことも話題になりました。小売店には回らなかったようなので、限定版だったのかな。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/12/04 07:18 | edit

 

かぎろひ様のお酒の師匠?
どんなスケールのおひとでしょう。
わが娘も大学時代に女子専用アパートで
先輩と二人でサントリー角を2本転がした
とのこと。はからずも大昔の出来事を思い出し
ました。いずれにしろ、今度奈良に行ったら、
絶対に「なら青丹彩(あおにさい)」に寄るゾ!!
なにしろ私は本物の「曽爾高原ビール」は飲んでい
ない。
東京国立博物館法隆寺宝物館のは発泡酒だった。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2010/12/03 22:18 | edit

 

*ならら*さん
こんばんは
コメントありがとうございます。
すでに視察されてましたか。さすが。
もちろん「篠峰」も「櫛羅」もあります。
篠峰は100円で試飲できますよ。
ぜひ再トライを!
奥の赤膚焼のお店(大塩正史窯)も、なららさんにはぜひのぞいてほしいなと思います。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/12/02 23:33 | edit

 

emirinさん
こんばんは
コメントありがとうございます。
思いがけず、2日間続けて、地下バーへ通ってしまいました。
いい場所にいいお店ができたもんです。
気の置けない友とおしゃべりしながら飲むのは人生の楽しみの1つだとつくづく思います。
ラブユー東京、たしかに古い(笑)
東京ララバイも、ちょっと古いような。
私はTOKIOかな。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/12/02 23:26 | edit

 

白雪さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
ラブユー東京さんは、OL時代にいろいろな遊びを教えてくれた先輩ですよ~
ただ、最近は昔のように飲まなくなっているようです。
美味しいお酒をちびりちびり、でしょうか。
楽しいとあっという間に時間が経ちますね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/12/02 23:19 | edit

 

あら、kumaさん、ありがとう♪(ってつい歌ってしまいます^^;)
こんばんは。
ええ、久しぶりに、気心の知れた友人とおしゃべり三昧で、とても楽しいひとときでした。
気軽に入れるこんなお店が三条通りにできて、ほんとにうれしい限りです。
最近の日本酒、どんどんおいしくなっていますよ~
まあ、美味しすぎると、危険でもありますが。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2010/12/02 23:12 | edit

 

こんばんは
いやいや!!
こちら、
即初日に視察しておりましたが、
ちょっとお店に入る勇気がなかったので、すぐに階段を上がってしまいました^^;
最近あるかたに教えていただいた「篠峰」があるようですね。
トライかしら!!

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2010/12/02 22:50 | edit

 

今晩は!
早々・・・なら青丹彩地下バーですね・・
ホント・連日だ!
かぎろひさんの、師匠さんて・・どんな人?・・と
想像が巡ります・・・(笑)
友と飲むなんて・・楽しくて、時間の経つのも忘れて行きますね。
白雪さん同じく・・「ラブユー東京」(少し古いかも?)です!
私だったら・・「東京ララバイ」でしょうか・・
それにしても、キャリーバッグとは、流石です。

URL | emirin #79D/WHSg | 2010/12/02 22:34 | edit

 

>まるで飲んべえみたいじゃないの。とありますがkumaさんと同じ感想です。
「まるで」は?要らないのではと思います。御所町の「東川酒店」の奥様に取材済です。
記事の中では「ラブユー東京」(少し古いかも?)が師匠になっておられますが、実際には???ではないかと察しますが?
何れにしても気の置けない友は良いもんですね。特にどちらもが・・・・の場合は。

URL | 白雪 #79D/WHSg | 2010/12/02 20:56 | edit

 

かぎろひさん、こんばんは!
連日行かれてますね〜 http://blog.narasaku.jp/img/d/xE72A.gif>
も〜 充分のんべぇさんですよっ。http://blog.narasaku.jp/img/d/xE74B.gif>
(失礼をお許しください )
なんだか楽しそうですね。おつまみも美味しそうだな〜 お友だちとの楽しいひとときですね。http://blog.narasaku.jp/img/d/63903.gif>
日本酒、苦手なのですがなんだかいろいろ挑戦してみたくなります。
今日、吉野に行った帰りに、お酒の試飲をさせていただいたのですが、フルーツ系だったのもあり美味しかったので調子にのっていろいろいただき過ぎたのか、帰りの電車では眠たくて爆睡してしまいました。http://blog.narasaku.jp/img/d/xE72A.gif>
飲めるようになりたいな〜http://blog.narasaku.jp/img/d/63908.gif>

URL | kuma #79D/WHSg | 2010/12/02 20:04 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form