05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

竹林寺の和(輪) 

8月2日、竹林寺(生駒市有里町)での法要の日に、やっと護寺ボランティアの皆様にお会いすることができました(→)。

影でお寺を支えていらっしゃる皆様のことを、『かぎろひの大和路』誌上で紹介させていただきたいと思っていますので、清掃作業中の様子も知りたいと、8月20日お訪ねしました。毎月、1日、10日、20日の3回、午前中いっぱい奉仕されています。

ワタクシがお寺に着いたのは、9時前。すでに何人かの方が作業を始められていました。
時間の制約とか、義務とかは一切なく、全ては各人の自主性に委ねられているそうで、ボランティアの真髄をみる思いがします(ワタクシもボランティア活動に関わっていますが、なかなかこうはいかないものです)。

いつのまにか、あちこちで人の動く気配がしています。誰がどこをどうという取り決めもなく、自然に、思い思いの場所を担当されているようです。一箇所に偏ることなく、広い境内がくまなく清められていくような感じ。

↓作業風景、スナップショット。

13.8.20清掃風景



暑さとヤブ蚊のなかで、約3時間、ほんとうに頭が下がります。

あっ、実はワタクシもちょっとだけお掃除させていただきました。えへへ、厚かましくも、行基さんのお墓あたりを。
落ち葉かきをしていたのですが、何ともありがたくうれしくて、いつのまにか取材のこともカメラも忘れるところでした^^;

13.8.20行基


行基さんと忍性さんが眠るこのお寺には、やはり何か大きな力があると実感。
真夏に汗をかきかき、一生懸命奉仕される皆さんはすこぶるいい笑顔をお持ちで、手を合わせたくなりました。

疲労がピークの作業後、「すいません、集合写真とらせてください」という無理なお願いにも快く応じてくださり感激(掲載許可もいただきました)。

13.8.20集合写真


それからのティータイムや情報交換にも、厚かましく仲間入り^^;
とっても楽しいひとときを味わいました。

13.8.20会議


この日の大きな議題は、10月17日の夜に実施される「月待ち会」について。今年で7回目を迎えるそうです。アルバムを見せていただきましたが、皆さんの思いがつまった手づくりの、いい雰囲気が感じられました。唐招提寺長老さんの法話、コンサートなどもあるようです(今年の詳しい内容は未定)。

竹林寺の清掃奉仕も、心ある方ならどなたでも受け入れてくださいます。毎月1日、10日、20日に実施されていますが、当日の突然ふらり参加もOK。癒されて清々しい気持ちになれますよ。

皆様、お疲れさま。ありがとうございました。


8月2日の竹林寺法要のことをブログに書いたところ、清掃ボランティアのお一人だという「山野のしゅんらん」さんからコメントを頂戴しました。
ええっ、どなただったのかしら、この次は探してみようとお会いするのを楽しみにしていました。

なんと、代表者のおひとりで、2日にもお話していたMさんだったのです!

山野のしゅんらんさん「ブログは拝読していたのに、かぎろひさんのイメージと全然違ったもので…」

とほ、どんなイメージなのかしら、ってちょっと心配に^^;

中尾良蔵さんの著書『竹林寺の歴史』をお貸しくださいました。



中尾さんは、いちはやく竹林寺の復興に尽力された方で、2006年お亡くなりになりました。
「竹林寺の法灯を見守ってて・・・」と願われた中尾さんの思いを受け継がれての奉仕でもあるのですね。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/08/23 Fri. 08:55 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 2

23

コメント

 

山野のしゅんらんさん
おはようございます!
またまた、いろいろとお世話になり、ありがとうございました。
酷暑の中のひたむきな活動に、頭が下がります。
いつも清々しい境内が、皆様のお力で支えられていることがよくわかりました。
竹林寺さんは私の心の中でますます大きな存在になっています。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/08/24 07:45 | edit

 

かぎろひ様
酷暑の中、私たちの護寺活動を取材して頂き、恐縮しつつも、次世代に「竹林寺」のことを伝えたい気持もあり、発信力ある方に関心を示して頂くことは、心より嬉しく思っています。
行基様・忍性様の時代と、現在とは比べ様もありませんが、「静謐な気」に満ちた境内に癒されて清掃を続けて来られました。
御縁を頂く・・・ 、そう思えるお人が増えると嬉しいです。
本当にありがとうございました。
                山野のしゅんらん

URL | 山野のしゅんらん            #79D/WHSg | 2013/08/24 00:10 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form