07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

東京から奈良ゆかりの贈り物 

先日、西の京を一緒に歩いた読者のKさんから贈り物が届いてびっくり。

入っていたのがきれいなお饅頭。
「心ばかりですが、奈良縁のお饅頭、ご笑味ください。」と手紙にある。



「塩瀬総本家」のお饅頭。
しおりを読んでみると、和菓子の祖と言われるあの林浄因(りんじょういん)が、塩瀬の初代だとか。

初めは奈良に住んで、お饅頭を作り出したのだから、ほんとうに奈良ゆかりだわ…。奈良にお店がないのが不思議なくらいicon10


それから、一緒にそっと入れられていた愛らしいもの。

赤と紺のボンボン、庚申さんに似ていませんか?
私が勤める特養の婆ちゃんが日がな作っては並べており、それはもう沢山沢山…



ならまちの「身代わり猿」そっくりface02
思わず笑顔になるかわいらしさ。


そしてもうひとつ、気づいたことがbikkuri-01

スナック菓子はおまけface01お酒のお供に!

ワタクシがまず目をとめたのはお菓子ではなくて、さりげなく括られていた茶色の紐。

あれっ、この紐って、「お水取り展鑑賞とお松明」イベントで、お土産のお香水の袋を括ったものでは!?

昨年までは瓶をビニール袋に入れただけのそっけなさでお渡ししていたお香水。
今年は、いつもよく気のつく「結の会」のIさんが、お香水の文字をプリントした袋と紐を準備して持ってきてくれたのだ。
当日時間内に、190人分をきちんと袋に入れてリボン結びにできるか、という一抹の不安があった。
で、4~5人がいち早く東大寺本坊へ駆けつけて作業開始っ!
協力体制で頑張ったおかげで、意外に早く終了した。
ボランティアながら少しでもというココロがはたして、お客様に届いたかどうかはわからない。自己満足だったかもしれない。

でもこうして、ほどいたお香水の紐を捨てるのではなく、お菓子の袋につけられて帰ってきたのを見て、ココロが届いているのをまざまざと実感、胸が熱くなったのだった。



Kさん、ありがとうございました。
また、お会いできますことをbikkuri-03


以上の文章を3月11日に書いた。
そして、ブログアップしようと思っていた矢先に起きた大地震。
贈り主のKさんのことが気になり、記事もそのままになっていた。

たしかブログをお持ちだとおっしゃっていたことを思い出し、いろいろ検索していたら、やっと見つかった。
偶然にも「お水取り展鑑賞とお松明」のことを書いてくださっていて感激。
そして、ご無事だということもわかりホッ。
http://elsur147.exblog.jp/16037903/

いたたまれないニュースが続くなか、小さな喜びを見つけた気がした。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/03/13 Sun. 20:54 [edit]

category: こんな品

TB: --    CM: 4

13

コメント

 

J-A@waveさん
こんばんは
コメントありがとうございます。
そうでしたか。
林浄因さんのご子孫の方が奈良にいらっしゃるのですか!
お菓子の仕事はされていない。
う~ん、どなたか、わかりませ~ん。
今度、お会いしたとき、こっそり教えてくださいね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/03/16 18:27 | edit

 

かぎろひさん、奈良からの情報発信拝見しています。
林浄因さんの子孫は、京都と奈良に分かれ、塩瀬総本家は京都の方のようですね。
で、奈良の方の子孫も現存していらっしゃいますが、今はお菓子の仕事はされていません。実はかぎろひさんなら「ああ、あの方だったのか」と思われるのではないかと。

URL | J-A@wave #79D/WHSg | 2011/03/16 10:08 | edit

 

らん♪ちゃん
こんばんは
コメントありがとうございます。
そうですよね、今、自分にできることを、していかなくてはと思います。できる範囲の募金、節電、でしょうか。
そして、せいいっぱい今を一生懸命いきるしかないなあと。
いつ何時、なにが起きるかわからないのですもの…

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/03/14 20:45 | edit

 

こんにちわ!
春を呼んでくれそうなお菓子ですね。
そう簡単に春は来ないかもしれませんが
みなさんのおっしゃるとおり
「できることから始めましょう」と、ようやく思えるようになりました。
数日間、何にも身に入らずに
ぼぉ~~~としていました
笑うのが申し訳なくて笑わない日々を過ごしていましたが。
今日は修二会の最後の日
深夜の行に伺って祈ってきます。

URL | らん♪ #79D/WHSg | 2011/03/14 16:38 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form