09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

三条通りの御高札場 



近鉄奈良駅から南へ、東向(ひがしむき)商店街を通って三条通りへ出ると、そのすぐ左手(東)にある風景。
もうすっかりおなじみですよね。

この御高札場が復元されたのは、昭和59年(1984)。
手前の真新しい柱のようなものは「奈良縣里程元標」で、こちらは平成22年(2010)5月に復元されました。

高札とは、禁制や法令などを民衆に伝えるために街頭高く掲示した板札で、古代から明治の初め頃まであったようです。

いつもこの前を歩いているのに、じっと立ち止まって見たことがなかったような気がします。



なかなかの風格ですね。もう27年も経つといったらいいのか、いやいや江戸時代のものだといっても信じられるような…

年季の入ったこの高札も、復元された当時は、里程元標のような色をしていたのでしょうね。

高札がいちばん盛んだった江戸時代の年号が入っています。
天和2年。
日本史年表で、天和2年(1682)を調べてみると、「諸国の高札を立て替える」とありました。テキトーな年号ではなかったのですね^^; 

墨色はかなり褪せてきてはいますが、奈良の行事が書かれていたり、この上に鎮座する祠が春日大社の末社・手力雄(たぢからお)神社であることなどが説明されていたりもします。
寺社仏閣の方向や歩数なども示されているのですが、その中に奈良国立博物館が入っているところで思わずクスッ。

奈良町はゆるりと歩くべし」という表現にも拍手~


←極めつけはこれ(クリックで拡大)
奈良公園をすみかとせし鹿に申し渡す


きちんと読めないのですが、ビニールという文字がわかります。人間が捨てたものをやみくもに食べてはいかんと、鹿さんに警告しているのでしょうか。
最後のほうは、人に愛される鹿たるべく日々研鑽すべし、と読めました(笑)


いやぁ、こんな楽しい御高札場だったのですね。不明を恥じておりまする^^;

でもかぎろひさん、どうして今頃、御高札場なの? って思われたアナタ。
ご明察bikkuri-03


実は、昨日久しぶりに取り出した「今井町」特集の、旧かぎろひ誌でこんな記事を見つけたからなのです。
御高札場復元を計画している地元商店街(橋本町)の青年たちがつくる「南都まほろば会」を取材したものでした(ワタクシが書いた記事ではありません)。



御高札場が復元されるちょうど1年前のようです。

写真の顔ぶれを見ていて、はて、知っているような、知らないような…

所用のついでに、奈良市商店街振興会事務局に立ち寄り、O専務とmikkoさんにSOS。

商店街に精通されているはずのお二人にとっても難題だったようです。なにせ28年も前のことですからね、容貌がころっと変わっていらっしゃる可能性も、なきにしもあらず…(?_?)
とんだお騒がせをしてしまったようで、どうもすみませんでした。

でも、とても楽しい謎解きではありました。こんなに笑ったのも久しぶりのような…


さて、写真に映っていらっしゃって、記念にこの本を欲しいとおっしゃる方には進呈させていただきますので、ご一報くださいませ。

写真を再掲しま~す。



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/05/10 Tue. 22:51 [edit]

category: 奈良市

TB: --    CM: 10

10

コメント

 

円亀山人さん
こんばんは。
再びのコメントありがとうございます。
そうですよね、国分寺はあったはずですよねぇ、でも八木にあったのは知りませんでした^^;
さすがに龍センセは知っていまして、そこから国府のことなどにも話が及びました。
今度、ついでがあれば国分寺へ行ってみたいと思いますが、本堂が焼失したというのは残念です。
情報ありがとうございました。それにしてもいろいろとよくご存じですね!

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/05/13 00:42 | edit

 

「八木札の辻」を話題にしたついでに書きますが、
奈良にも「大和国分寺」(大和地方の国分寺)があったことを
ご存じの方は少ないようです。
東大寺は総国分寺なので、奈良の国分寺があって当然ですよね。
私も初めは「えっ!」と思いましたよ。
浄土宗勝満山満法院「国分寺」というのが現在の正式な名称です。
所在地は橿原市八木町2-6-15
八木町の細い路地にある小さな寺院で一度ぐらい訪れても覚えられ
ません。2003年8月に本堂が全焼したそうですが、私が訪れた
時には、まだ健在でした。近隣には八木寺、金台寺、西福寺などが
あります。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2011/05/12 20:24 | edit

 

円亀山人さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
東向商店街からもちいどのへの通りは、平城京の六坊大路で昔からメインストリートのようです。
八木同様、札の辻なんでしょうね。
昨年里程元標が復元されましたが、奈良県内の里程はここを基点として測量したそうですよ。
八木にNPO法人が立ち上がっているのですか。いつも県内のことを円亀さんに教えていただいています^^;
ここ橋本町は商店街の方がきちんと勉強されて保存や復元などを大事にされているようで安心しています。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/05/12 08:24 | edit

 

この「高札場」は見たような見てないような、定かな記憶が
ないのですが何となく懐かしいですね。案外新しいのに・・・。
私は瞬間、「下ツ道と横大路」が交錯する橿原市の「八木札の辻界
隈」を思い浮かべていました。あの狭い旧道沿いに古い町屋がひし
めきあい、都市計画で道路が拡幅されたら全く伝統的建築物も消え
去って味気のない街区に変貌するのではと以前から心配してました。
平成13年に「八木札の辻の町並みを考える会」が発足し、心ある
人々が立ち上がり今ではNPO法人になっているとか。少し安心し
ています。でも火災とか色々問題が多いのでしょうね。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2011/05/11 23:17 | edit

 

鹿鳴人さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
やはりそうでしたか~。もしかしたらとは思っておりましたが…
昨日は商振会でちょっと盛り上がってしまいました^^;
では、冊子をお届けしさせていただきま~す。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/05/11 12:12 | edit

 

かぎろひさん。前半は拝読してなるほどなるほどと読んでいたのですが、写真がでてきてびっくりしました。わたし前列右端に写っています。そのほかのメンバーも全員わかります。
当時、橋本町に高札場があり、しかも格式の高い御高札場であるということを奈良市市史編纂室の先生から教わり、しらべたり、妻籠の実際の高札場を見学に行ったり、30そこそこの皆若さで動いた次第です。オープニングの日には、上田知事さんも来られました。
わたしも僧兵のかっこうでほら貝を吹いたなつかしい思い出です。
南都まほろば会は今も30名近くのメンバーで元気に集まっています。みんなにぜひ見せたいと思いますので、ご進呈いただけたら幸いです。
よろしく。

URL | 鹿鳴人 #79D/WHSg | 2011/05/11 10:31 | edit

 

*ならら*さん
おはようございます。
私も初めて立ち止まったような。
もうかなり墨が薄くなっていて、ちょっと読みづらくなっています。お早めにどうぞ~
ね、お顔がわかるようなわからないようなで、昨日は結構盛り上がりました^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/05/11 08:33 | edit

 

ちょこっとふるにさん
おはようございます。
いつも励ましのコメントありがとうございます。
はい、ゆっくり気長く過ごしてしまったので…
もうそろそろ本腰を入れなければならない時期がやってきました~^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/05/11 08:29 | edit

 

おはようございます
お名前は存じ上げませんが、お顔は見しった方がいらっしゃるような^^
実は、
あの高札ゆっくり端から端までじっくり読んだことがなかったので、楽しかったです。
今度一度足をゆっくり止めてみます。
しかも”お上”がされたことかと思っていた高札場の設置って、橋本町の方がされたんですね!知りませんでした。

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2011/05/11 06:43 | edit

 

何時ものことながら、楽しい気分になります、ゆっくり気長く過ごしながら
頑張れる分だけ頑張って下さい。

URL | ちょこっとふるに #79D/WHSg | 2011/05/10 23:33 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form