09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

「野の菫(すみれ)」展 

2年ほど前、「スミレの花」というタイトルで書いたことがありました。
野のすみれをずっと撮り続けていらっしゃる市川博さんからポストカードをいただき、あまりの素敵さに書かずにはいられなかったのです。


クローズアップされてみればそれは可憐ですが、野に咲くすみれって、普通に歩いていたのでは目に入ってきませんよね。
奈良の風景が好きでいつも感動しながら歩いているワタクシも、すみれの花の写真を見せられて、ハッとしてしまいました。足元に咲く小さな花に目をとめていただろうか…、まさか踏んづけているなんてことは…、はなはだ自信がありません。


市川さんは、すみれの花を撮り続けて40年。
各地にすみれを撮りにも行っていらっしゃったようですが今は、生まれ育った奈良の地に根づくすみれの姿を追い求めることがライフワーク。約26種類もあるんですってface08

モットーは「稀少種を追いかけない。撮りますが採りません」

はい、ご想像どおり、市川さんはとてもやさしい男性です。
ご本人とすみれの花とメッセージが何の違和感もなく一線上につながります。


奈良町(ならまち)にある、カレーと喫茶の店・香炉里(こるり)の壁面ギャラリーが、6月1日から、市川さんの撮ったスミレの花の写真で飾られています。

今月いっぱい展示されているのですが、早く見たいっと、6月3日、午後から自転車を走らせました。




こぢんまりした清潔な店内に、可憐なすみれの写真がとてもよく似合っています。




ちょっとアップにしてみますね。


いつも仲のいい市川さんご夫妻を連想しましたよ。
今回の展示や装丁については、奥様の啓子さんが担当されています。







以前、いちばん胸をつかれたこのすみれもありました。
残雪の中に咲く花。




市川さんからいただいた案内文の中に
展示会場のような場所ではありませんので、おいしいカレーを召し上がっていただきながらご覧いただければと思います。(もちろんお茶だけでもOK!です)
とあって、市川さんらしいなと思いました。

それから、
大した内容ではありませんので、あまり期待しないでください。(念のため)

これも市川さんらしいとクスッ。

そしてもうひとつ。
ご来店いただき、署名をいただいた方にはポストカードを進呈させていただきます。

こんな素敵なのをいただきました!

「桃源郷」というタイトルのついたこの写真は、三輪山の麓にある桃畑だそうです。

「つい見過ごされがちな、そして踏みつけられそうになりながら精一杯生きているスミレの姿を追い続けたいと思います。」
とありました。


小さなすみれになって、その目で風景を見ているような不思議な世界…
たいへんやさしい気持ちになって、帰途につきました。

おそらく、すみれの花ばかりではなく、「香炉里」を営む入江さんご夫妻のあたたかいお人柄に触れたせいもあるでしょう。
長らくお話しさせていただいて、すっかりファンになりました。

「香炉里」さんについては、また改めてご紹介させていただきま~す。


※市川博「野の菫」展
2011.6.1(水)~6.30(木)

Curry & Cafe 香炉里(こるり)
午前11時~午後8時
毎週火曜日定休
奈良市十輪院畑町11番地9
TEL・FAX 0742-24-3648


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/06/04 Sat. 08:37 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: 6

04

コメント

 

らん♪ちゃん
おはようございます。
お疲れさまでした~
がんばれ~
残雪のすみれをよく見かけるとは、さすが北陸ですね。
見た~い
桃源郷もすてきですよね。
今度は上ばっかり、大きなものばっかり見てないで、下にも、小さなものにも目を向けようと思います。目が悪いんだけど^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/06/05 07:25 | edit

 

円亀山人さん
おはようございます。
あれっ、私よりも先にコメントくださっているのに、昨夜は気がつかなかった、あれっ。同時刻になっています。数秒、円亀さんが早かったのでしょうね。
私は自分のコメントを書いて、確認もせず、さっさと終了していました。すみません。
ご丁寧にありがとうございました。KCNのメールチェックがいちばん早いはずなのですが。
すみれ、音楽も心に響きますね。何かの象徴ですね、すみれ。
ユーチューブで聴いてみましたが、エリーザベト・シュヴァルツコップの歌はないようですね。古いから? と思ったら、5年ほどまえに亡くなられたばかりなのですね。お声にも深味がありました。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/06/05 07:21 | edit

 

こんばんわ!
残雪のすみれは北陸でよくみました(^O^)
でも、桃源郷のすみれが私にはキュンときましたよ♡
見る人の思いもそれぞれですが、
いろんな視点から見せてくださる方の、このような写真って好きです♪

URL | らん♪ #79D/WHSg | 2011/06/04 22:32 | edit

 

emirinさん
こんばんは。
思いがけない迷走の旅をしておりまして、遅くなりました。
花のことをよくご存じで、素敵な写真を撮られるemirinさんに見ていただきたいなあと思います。
バックはおっしゃるとおり布。麻だったかなあ^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/06/04 21:04 | edit

 

本日、請求書届きました。月曜日に送金させて頂きます。
お手数をおかけしました。早速、北海道の友人から三冊一気に
読み終えたとの電話がありました。感心してましたよ。
この欄がメールよりもBBSよりも一番早く伝達できるようなので
非公式に利用してごめんなさい。
「すみれ」の写真、野に咲く小さな花の風情が「すみれ」自身の
目線で世界をみているような気分になります。
モーツアルトの歌曲「すみれ」K.476の歌詞(ゲーテ)が頭を過ぎ
り、[YouTube]を覗くと沢山の歌姫たちが歌っていました。でも、
私はやはり録音は古いけれども、エリーザベト・シュヴァルツコップ
の歌唱が一番心に響きます。ゲーテの原詩に2フレーズをわざわざ
追加したモーツアルトの思い入れと、ドラマの起伏を様々に変化する
こまやかな転調にのせた意図を歌そのもので表現している。
オーバーなゼスチャーでそれに代えようとする若い歌手には及ばない
世界なのですね。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2011/06/04 21:04 | edit

 

お早うございます!
どの写真もステキですね~
優しさが感じられホッとするような・・・奈良でもスミレの種類って・・・
そんなにあるのですね・・・
スミレ・・ってものすごく多いと、何かの時に読んだ事を思い出しました。
展示のバック・・布なのですか・・・とっても暖かくっていいですね!

URL | emirin #79D/WHSg | 2011/06/04 09:41 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form