07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

おんぱら祭 

大神(おおみわ)神社の摂社、綱越(つなこし)神社のおんぱら祭が7月30日~8月1日行われた(←案内ポスター。クリックで拡大)。

半年間の穢れをはらい清める「夏越の大祓(なごしのおおはらえ)」。各地では6月30日に行われることが多く、大神神社でも1か月前に終了している。→大神神社、夏越の大祓

綱越神社のおんぱら祭はつとに有名で、地元では「おんぱらさん」と親しまれている。
どこかユーモラスな“おんぱら”という響きも、漢字で書くと“御祓”で、なるほどぉ。神社の名も、夏越→綱越になったという説も。あるいは逆とか。
全国で行われる夏越の大祓のルーツがこの神社だったとしても、おかしくないよね。


一度もおんぱら祭へ行ったことがないワタクシ、この機会(『かぎろひの大和路』次号の特集地域)に、3日間とも参列してみようっと。

ところが、ところが、思いがけないことは良くも悪くも起きるもの。
ワタクシ自身の大失態もあり、トホホのありさまに…(-_-;)

まるで、人生模様を凝縮したかのような3日間の顛末とお祭りの様子、よろしければ聞いてくださいますかぁ。


◆7月30日 宵宮祭
神事の後、奉納行事が目白押し。
和太鼓大美和の演奏、三輪そうめん踊りなど、楽しみにしていた。

しかし、伯母が他界(93歳、大往生)、高野山麓まで日帰りで葬儀に出席することに。


◆7月31日 10時から神事、夜は花火大会
神事は午前中に終わるだろうから、花火大会までどうしようかなあ、とアレコレ悩んでいた。
纏向にいる先輩に連絡してみようか、別の場所へ行こうか、はたまた1度帰って出直すか…


綱越神社は大神神社の一の鳥居(大鳥居)を仰ぐように鎮座する小社。いつもとは違う華やかな雰囲気が漂っていた。




↓普段はこんな感じ(2011年6月23日撮影)




↓7月31日、神事が始まる。献饌の儀。




巫女による浦安の舞



神馬(しんめ)引き(神社の周りをぐるりと3回)



1巡目の神馬引きを撮った後、カメラのシャッターがおりなくなった。
肝心の「茅の輪(ちのわ)神事」がこれからというとき。

ん? なんでや? ま、まさかの電池切れ(>_<)

前夜、メモリーカードの残量はチェックしたのに、電池のほうはうっかり、すっかり…;; 考えてみたら、藤原宮跡~明日香村行で1日撮りまくっていたんだったわ。ああ!

いつもは、念のためにコンデジも持ってきているのに、暑いから荷物は最小限にしようと意識的に置いてきたのだった。ああ!!

そうや、携帯!
↓使ったことがない携帯のカメラで撮ってみたのだが。ああ!!!




あわてふためくワタクシとは対照的に、穏やかな人々の列は「水無月(みなづき)の夏越(なごし )の祓(はらえ)する人は千歳(ちとせ)の命延ぶといふなり」とうたいながら、茅の輪を3度くぐって、この神事は滞りなく終わった。

意気消沈。いったん帰ると、もう花火大会に出直す余力は残っていないのだった。ああ!!!!


◆8月1日 後宴祭

済んだことはしゃあない、と気持ちの切り替えが早いのは長所と思うことにしよう。
翌朝、気を取り直して後宴祭へ出かけた。例祭の茅の輪神事や神馬引きの情報は耳にしても、後宴祭がどんな様子なのか聞いたことがないので、興味津々。

11時から始まるという神事の、10分前に神社に到着。
ん? 見事にだぁれもいない。へぇ、ほんまにここで行われるの? と不安に思い始めたきっかり11時。神官さんがお二人お見えになった。
参列者はワタクシと、もう1人男性と、2人だけ。ちょっと拍子抜け。

しかし、たった2人を丁重にあつかってくださり、「お祓い」「低頭」「拝礼」。
しんとした、厳かな雰囲気に浸れたのは貴重な経験ではあったが、これは予想外。撮りにくい…^^;

撮りたい! 焦る。ジリジリと後ずさり、失礼を承知で、一瞬のスキをねらってパチリ。
プロ魂と呼んでくれぃ。魂だけだが…^^;




最後に、神官さんからありがたいお言葉を頂戴した。
2人しかいなくて、ほんとうに申しわけありません、という感じ。
お祭りに行かれた皆様、最後まで見届けてくださいまし、ね。



神官さんから「周波数」「波長」というお言葉が聞かれたことにビックリ。
気分や体調がすぐれないのは、どうやら神様と波長が合ってないからのよう。


この後、撤饌



↑祭の後、こころなしか、ホッと和やかな神官さんの様子。
お疲れさまでした。


←7月31日のお祭りでいただいた、小さな「茅の輪」。
多々失礼してしまったけれど、そんなワタクシでもこれを飾っておくと、お守りになるかなあ。






※7月31日、葛木御歳神社(御所市)でも「夏越の大祓式」が行われました。
→リンネさんの「葛城の郷」参照

神饌






海の幸、山の幸を神様にお供え。

乾物は、寒天と高野豆腐。
なぜ、三輪そうめんがないのか、不思議じゃありません?

帰って行かれる神官さんを追っかけて突撃質問。
が、「さあ」「昔からこうなんですよ」というお返事。

う~ん、なんか、納得いかへんわぁ。
ご存じの方、いらっしゃったら教えてくださ~い。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/08/02 Tue. 21:13 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 9

02

コメント

 

らんちゃん
こんにちは!
再訪ありがとうございます。
私もまたドジな記事を読んでしまいました(笑)
この時以来、電池もメモリーカードもきちんとチェックして、取材にのぞんでいます。失敗しないと身に付かないようで^^;
今年、30日は磯城郡川西町にある糸井神社へ行ってました。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2012/08/01 12:38 | edit

 

おじゃまいたします~~
やっぱり・・・また笑ってしまいました。
私の中では電池切れの話しか残っていなかった様子。
(ごめんなさい~、おもしろすぎました♪)
「おんぱら」ってなんでなんだろうって思ってたのですが
納得できました。ありがとうございます。
今日も後宴祭があったんですね。
全く知りませんでした。
しかも「周波数」に興味が・・・。

URL | らん #79D/WHSg | 2012/08/01 11:30 | edit

 

リンネさん
こんばんは
そうそう、お酒、お餅、海の幸、山の幸はたいてい供えられていますよね。
なぜ、三輪の地で、歴史ある三輪そうめんが供えられらないのか。気になりますよねえ。
まだ取材は続きますので、機会があれば、お聞きしたいと思います。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/04 21:56 | edit

 

こんばんは
神饌に興味津々です。
どの祭りに何を供えるかはそれぞれ決まりがあると思います。
しかし、お酒とお餅はどこでも神饌の中心ですね。
「さあ」「昔からこうなんですよ」というお返事。
私も納得出来ませんね~
絶対理由があると思います。
神饌には信仰の在り様、祭祀儀礼の意義など複雑な要素が見え隠れしていると思いますよ。

URL | リンネ #79D/WHSg | 2011/08/04 20:50 | edit

 

らん♪ちゃん
おはようございます~
またやってしまいました。
いくつになっても、そそっかしいことで、お恥ずかしい限り。
電池の入れ忘れ(経験済み)よりマシか、と慰めておりますが、一緒かぁ(苦笑)
後になると笑えますが、そのときは真っ白になりましたよ。
大いに笑ってください。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/03 08:56 | edit

 

おはようございます~。
高野山へは、叔母様でしたか
お悔やみもうしあげます。
なんとも忙しい日々ですね(*_*)
しかも、トラブルも発生しちゃって!
うぅぅぅぅむぅぅうぅ。
こっそり。。笑っちゃいました(ごめんなさい~~)

URL | らん♪ #79D/WHSg | 2011/08/03 08:22 | edit

 

*ならら*さん
emirinさん
こんばんは!
ありがとうございます。
実は先日の藤原宮跡~明日香村ツァー後、怒濤の日々が続いておりまして…^^;
おんぱら祭の後は、娘が帰ってきて、毎夜の飲み会。午前様。不良の母娘です。
先ほど帰り着きました。
明日で閉幕しますので、また仕事がんばりまーす。
相変わらずのそそっかしさで、お恥ずかしい限り。
携帯カメラもたまには使わなきゃ、と思いました。kumaさんに教わろうっと。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/03 01:25 | edit

 

今晩は!
伯母さま心よりお悔やみ申し上げます。
カメラは、ほんまに災難?・・ショック!
私も・・人事とは思えません(>_<)
悔しくなりますよね・・・
かぎろひさん・・・執念だぁ~プロ魂・・メラメラと燃えてて・・
きっとオーラがいっぱい出てたに違いない!
携帯の写真・・ホント撮れてますよ・・
kumaさんみたい!
「かぎろひの大和路」・・楽しみにしてます。

URL | emirin #79D/WHSg | 2011/08/02 23:46 | edit

 

こんばんは
いや~~ん!!かぎろひさんめちゃ「怒涛の日々」だったんですね。
伯母さまのご不幸お悔やみ申し上げます。
見事なプロ魂しかっと見せていただきました。
次刊の「かぎろひの大和路」力の入った記事が並ぶことと・・・^^
携帯の写真とってもうまく撮れていますよ^^v

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2011/08/02 21:21 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form