09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

九州鉄道 

早いもので、吉野ヶ里へ行ってから1か月も経ってしまいました。

吉野ヶ里レポートはまだ途中で、肝心なところを残したままになっています^^;
もしかして、楽しみにしてくださっている方がいらっしゃったら申しわけありません。必ず、そのうちにアップしたいと思います。

さて、このほど、バス「かぎろひ号」を走らせていて、電車なんかも楽しいやろなぁと想像に遊んでいたら、九州で見た列車のことを思い出しました。

パッと見だけの印象なのですが、普段親しんでいるJRの電車とずいぶん違う印象を受けたのです。

九州入りして、初めに乗ったのは、こんなデザイン。



↑右と左は微妙に違いますね。
どちらのほうに乗ったのか、定かではないのですが、赤と銀のツートンカラーが新鮮に感じらました。


内部はもっと衝撃的!!



えっ、ヒョウ柄?

危険なまでに斬新なデザイン!
奈良ではあり得ない、と思いました(笑)

ワタクシが目を見張ってキョロキョロしているのに、乗客の皆さんはフツーに新聞読んだり、携帯いじったり、眠ったりしているのがなんだか不思議な気がしたほどです。

鉄道デザインでいきなり、進取の気性をもった情熱的な九州人というものを見せつけられたように思ったのでした。

乗り心地もバツグンで、滑るような、シャープな走りを感じました。これで博多まで。


見る列車はどれも、関西圏とは違うぞぉface08




どこか外国車輌のような雰囲気。
とにかく、明るく、鮮やか。


と思っていたら、濃いねずみ一色の重々しい列車が滑り込んできて、ギクッ。




全てがもの珍しく、カルチャーショックにも似た刺激を受けたのでした。


佐賀から唐津までのローカル電車は、どこまでものんびりと穏やか。
女子高校生が、座席に横になって眠り始めたのにはビックリしました。
あ、ごめんなさい、珍しくて盗み撮り。




あっ、金剛山!(似てるぅ)




唐津駅の1つ手前の鬼塚駅。



豊かに流れる松浦川沿いの駅。
降りたいと思った駅の1つです。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/08/15 Mon. 17:28 [edit]

category: 鉄道

TB: --    CM: 14

15

コメント

 

たこおやじ!さん
こんばんは…
こちらこそいつもありがとうございます。
たこおやじ!さんはお一人で歩かれたのですか!?
20㎞はお一人ではキツイかもしれませんね。
私の場合は女4人でペチャクチャしながら登りましたので、楽しかったです。
ああでも、山上で宿泊というのはいいですね。
この次は奥様とご一緒にどうぞ!!

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/16 18:57 | edit

 

こんにちは・・・
ブログにコメントありがとうございます。
ほんと、結構きつかったです。
一人やからかも?
180町の間に、行き会った人は3人のみ・・・
とにかくしゃべり相手がほしかったです^^
折れない心も・・・・
これからも、頑張ってください。

URL | たこおやじ! #79D/WHSg | 2011/08/16 12:49 | edit

 

emirinさん
こんにちは!
ほんとに、九州の電車には驚きました。
ヒョウ柄がいちばん衝撃だったかも。奈良では文句が出そうな気がします(笑)
女子高生も堂々とスゴイ。
まあ、車内はガラガラでしたけど。
景色は、奈良の盆地部と似ているって感じたところが多かったですね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/16 12:04 | edit

 

お早うございます!
九州は、カラフルですね!
内装もカラフル(笑)
ヒョウ柄・・そっくりだぁ~
似ている景色があって・・やっぱり日本っていいですね!
どこかで・・・思い出す物がいっぱい!
それにしても・・・女子高校生・・・これはしたことないぞ!
ローカル線ならでは・・?

URL | emirin #79D/WHSg | 2011/08/16 08:24 | edit

 

なむさいじょうさん
おはようございます!
今まで何度か九州へ行っているのですが、船、ブルートレイン、飛行機だったので、今回のように鉄道を楽しめたのは初めてです。
やっぱり、私にとっては鈍行の旅がいちばん楽しく性に合うように感じました。
車掌さんのなまりはいいですね。旅行気分が盛り上がるような気がします。
金剛山! と思ったときは、和歌山線の人になっていました(笑)

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/16 08:09 | edit

 

こんばんは!
九州での列車の旅はずいぶん前に1回だけなので、いろいろな車両に乗るor見かけられたようで、うらやましいです。
以前の1回とは長崎に行ったとき。
乗った特急の車両の一部が佐世保行きだったんですが、車掌さんのアナウンスが「しゃしぇぼ」って発音していたのを強烈に覚えています。
乗客の土地訛りも、何気なく聞き耳をたてて、どれだけヒアリングできるか、というのも面白いです。
確かに、金剛山に似てますね。
この時期は暑くて、ハイキングはお休みしてます。(笑)

URL | なむさいじょう #79D/WHSg | 2011/08/16 00:42 | edit

 

一文字 寅さん
こんばんは
鉄道ルネッサンス、そうなんですか。
ちっとも知らなかったのですが、そう聞くと、納得します。
確かに既成のJRのイメージを抜けていますね。
明るくて鮮やかで、シンプルなのに斬新な感じがします。
特急つばめはちょっと違いますね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/16 00:29 | edit

 

*ならら*さん
こんばんは
今回、唐津の街を散策したり、窯元へ行ったりしなかったのが、ちょっと心残りなんです。
泊まった旅館で、唐津焼きのぐい飲みをいただいたのがうれしかったですね。
九州へはまた行きたいなあと思います。魅力いっぱい。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/16 00:20 | edit

 

らん♪ちゃん
こんばんは
らん♪ちゃんのおうちから大文字よく見えるんですね。すごい!
私は、まず若草山へ行って、春日大社を抜け、飛火野あたりで、見ました。ウロウロした後、ちょいと飲んでいて、遅くなりました。テヘヘ。
特急つばめ、中はどんな感じなのかなあ。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/16 00:14 | edit

 

Tenichiさん
こんばんは。
特急つばめ、今度、乗ってみたいです。
ローカル線に乗ると、土地の言葉なまりがとても楽しいですね。
女子高生がこんなふうに寝るなんて、こちらではあまり見かけないのでビックリしましたよ。九州ではよくある光景なんでしょうかね。
特急つばめ以外はカラフルでした。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/08/16 00:08 | edit

 

■かぎろひさんへ
鉄道ルネッサンスという言葉がある九州の列車
九州で列車は、「旅する空間」というコンセプトがしっかりとしています。(下記は参考)
JR九州は細やかな工夫を重ね、愛される列車の開発のため独自の挑戦を続けてきました。
このような鉄道ルネッサンスともいうべき、
今までのイメージを一変させた車両のデザインは、鉄道ファンのみならず多くの人を魅了し注目を集めています。
『デザイン満開 九州列車の旅』より
国鉄時代の超名門特急「つばめ」 その名の復活の地が九州だったということも
いかに九州の特急レベルが高いものかの現れだと私は思います。
(一文字)

URL | 一文字 寅 #79D/WHSg | 2011/08/15 23:18 | edit

 

こんばんは
私も思いました。
九州の在来特急はとってもかわいい♪
座席は少し狭いかも・・・
もう一度唐津に行きたいです!
窯元めぐりにですけど^^

URL | *ならら* #79D/WHSg | 2011/08/15 19:42 | edit

 

こんばんわ!
あ~~わたしも数年前に乗ったことあります。
特急つばめ(*^_^*)

URL | らん♪ #79D/WHSg | 2011/08/15 19:42 | edit

 

今晩は!
4枚目の写真は、JR九州の特急つばめ号と似てるけどちゃうかな?
チョット昔、出張で度々乗りました。
女子高生の写真は、松浦鉄道でよく見かけました。
当地のバスに乗った時は、女子高生の九州弁でのお喋りが
めちゃ面白かったのが思い出されます。
JR九州の車輌は少しカラフルです。

URL | Tenichi #79D/WHSg | 2011/08/15 18:19 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form