07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

多武峰麓から大神神社 

9月27日、談山神社一の鳥居近くにある西内酒造さんから、彼岸花を愛でながら撮りながら多武峰街道を下る。
午後2時頃だったか。
陽ざしは厳しいものの、空はあくまで青く、風はもうすっかり秋めいて。
どうしても、そのまま桜井駅まで戻る気にはならず、足は自然に逆方向へ。

やがて、北に三輪山(写真左)、東に外鎌山(とがまやま)の秀麗な姿が見えてきたら、直角に北へ曲がる(ここがいわゆる「山の辺の道」の南端か)。




近鉄電車の踏切を越え、お地蔵さんに手を合わせたりしながら、なおも北へ。




まもなく、初瀬川(大和川)へ行きつく。
しばらく河川敷の散歩を楽しんでから橋を渡る。
橋の上で、西(二上山)と東(外鎌山)を見て、深呼吸。うーん、いい気持ち。



さらに北へ。



稲穂の向こうになだらかな山容、その裾に軒を並べる民家。平和な大和路を象徴するような、きっと昔からの姿だ(中央あたりに三輪山がのぞく)。


稲田を縁取る彼岸花の赤




静かで穏やかな里の秋風景を満喫して、久しぶりに海柘榴市(つばいち)観音堂→金屋石仏(写真左)




その途中、大神神社末社八阪神社への標識があったので、行ってみることに。ここは初めて。

彼岸花の咲く坂道を上ると鳥居があり、急な階段が続いていた。




↓鮮やかな朱塗り!




←三社をまつる(クリックで拡大)






そこから、磯城瑞籬宮跡の碑を左手に見ながら行く。ここも彼岸花がいっぱい。



もうひとつの、小林秀雄「山邊道」の碑




平等寺を経て、大神神社、着。ここで、エネルギー切れ。




おっと、記事も、時間切れ~^^; 急ぎすぎたようで<(_ _)>
これから、桜井方面へ出発しまーす。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/09/29 Thu. 08:28 [edit]

category: 桜井市

TB: --    CM: 2

29

コメント

 

たーちゃんさん
こんばんは。
何度歩いても新たな発見がありますね!
季節が違うとまた趣が違いますし、深いですね、奈良は。
いい所にお住まいですね!
平等寺は、今回は通り抜けさせていただいただけでした^^;
今日もまた、大神神社~檜原神社あたりをウロウロしていました。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/09/29 19:42 | edit

 

こんにちは
私も春日神社を去年の暮まで知りませんでした。
たしか神社の下に窯があったと思うんですが
薪があったので今でも使用されているのでは!
大神神社へ行くときは磯城瑞籬宮跡から平等寺へ行く道をよく
通ります、短い距離ですが木々の間を通って平等寺の鐘を
撞くとすがすがしい気分になります。
平等寺へ行かれた時は鐘を撞いてください。

URL | たーちゃん #79D/WHSg | 2011/09/29 17:07 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form