07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

八幡神社の秋祭り 

昨年、磯城郡川西町の取材中に何度も通った下永の八幡神社。結局、誌面にはあまりとりあげることはできなかったのですが、ずっと興味をひかれていました。なんか、不思議な雰囲気があるんですよね。

最初に強烈な印象を受けたのが、これ↓。



一種の結界だと思うのですが、「ヨロイ」というそうで、毎年1月に、宮座の長老さんたちが作られます。
2本の木は、楡(にれ)、と『川西町史』に書いてありました。
右側の木に、竹筒のようなものが見えますでしょうか。町史によると、この中には、長さ50㎝ほどの竹の矢が37本入っているそうですよ。

一度、作業中の様子も見学させていただきたいものです。

←それから、八幡神社の狛犬。

江戸末期の名石工、丹波佐吉作。くるくるした巻き毛や顔つきが特徴的ですね。










そして、神社の横にある収蔵庫には、今はない古代寺院「白米寺」の諸仏が。



町役場に願い出ると拝観許可がいただけるようですが、それもしないまま、想像をたくましくしていました。







まあそんなこんな魅力があって、とても印象にのこる神社なのでありました。

そんなとき、昨年、お知り合いになった方から「八幡神社の秋祭りの取材に来てや」というご連絡を頂戴しました。
「今度の特集地域は生駒市なので、誌面に載りませんが…」と申し訳なく言うと、「雑誌に載らんかってええで。当屋にあたっているので、ちょっと来てくれへんか」

というわけで、10月5日、宵宮の日にお訪ねしました。

当屋さんは7軒。
集落を歩いてみると、当屋さんのお家はすぐにわかります。



↑右手にあるのは、神様のいらっしゃる「屋形」。
9月初旬に作られたので、竹笹や杉葉が茶色くなっていますね。

この日、当屋さんは屋形の神様に参拝してから出発。
当主、御幣、稲束と御神酒を吊した丸葉柳、1家に3人がお渡り。

丸葉柳を持つ役は、男の子




でも、この少子化時代、男の子がいなければ女性でもOK。




7軒の当屋さんが1か所に集合して



神社へ向かいます。
神主さんを先頭に、5人の長老さん(5人中と呼ばれます)、1番当屋さんから7番まで続きます。






神饌が多いのにビックリ。




当屋さん、長老さんたちが手渡しで本殿にお供えします。口には榊の葉。











公民館から神社まで、次々に神饌がお供えされていきました。



この日、夕刻から湯立神事もあったようです。

そうそう、収蔵庫拝観もかないました!



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/10/08 Tue. 23:30 [edit]

category: 大和の寺社

TB: --    CM: 4

08

コメント

 

雑賀 耕三郎 さん
おはようございます!
大和路のあちこちに、昔から受け継がれた地元のお祭りが残っていて、今は雑誌の取材でもこれにいちばん時間をかけています。なにしろ、準備がすごいですよね。4月からスタートしているんですもの。現在は、往馬大社を追っかけ中です。
いつか、雑賀さんのところの八幡神社もお訪ねさせてください。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/10/09 08:08 | edit

 

リンネさん
おはようございます!
雑誌の取材ではないので、宵宮だけという簡単なものになってしまいましたが、それでも行ってよかったです。
観光化していないので、ほんとうに地元に溶け込んだ神事というのもいいですね。ただ、こういう場合、女人禁制という所もあるので、ちょっと気を遣います(笑)
竹の矢37本、町史からそのままの転載です。一度、立ち合って確認したいものですね。
>又の名を白米密寺?
そのようです。飛行山も気になりました。リンネさんの想像どおりかも。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/10/09 07:58 | edit

 

すばらしいお祭りが残っていますね。でも、最近はやる方の立場にも立ちますので、このお祭りはすべてが、なかなか大変だ。うちの八幡神社でも来週は宵祭りだが、簡略にやりますが、掃除も準備も神饌も大騒ぎです(笑)。しっかり残してほしいものです。

URL | 雑賀 耕三郎 #79D/WHSg | 2013/10/09 05:41 | edit

 

お早うございます。
貴重な記事アップありがとうございます。
八幡神社は、宮座の組織が残されているんですね。
いつまでも残してほしい思いです。
「ヨロイ」や「竹の矢37本」も見てみたいですね。
でも何故37本なんだろう?
「ヨロイ」写真の左側の児童公園の場所も気になります。
それに何と言っても写真の飛行山 白米寺が大変気になります。
白米寺 はくまいじ 又の名を白米密寺 くめみつじ ?
くめみつじ 久米仙人の飛行を思い出し来目皇子久米部などを思い浮かべ・・・
飛行山って、どういう云われがあるのでしょう?

URL | リンネ #79D/WHSg | 2013/10/09 03:45 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form