07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

梅乃宿 蔵開き2011 


『かぎろひの大和路』の発行が遅れに遅れている状況のなか、「なにしてるんや」とお叱りを受けそうなのですが、11月5日、梅乃宿酒造の蔵開きへ行ってきました。

予定を入れた時点では、この日は、すでにかぎろひ誌は発行済みのはずだったのですが(汗)

でも、大和の酒蔵探訪は、『かぎろひの大和路』の1つのテーマでもありますので、長ーい目でみてやってくださーい。
とか言いながら、写真あまり撮っていません。
何しろ、おいしいお酒を真剣に味わっていたものですから。


「梅乃宿 蔵開き」、ワタクシは初めてだったのですが、今年はもう14回目になるのだそうです。

わぁ、ものすごい人、人!

梅の宿3


ワタクシは飲み友のMさん、Hさんと一緒に参加。すでにテーブルは満杯状態だったのですが、ひと隅にもぐりこんで、酒宴のはじまり~♪

梅の宿2


食べ物コーナーもたくさんあって、アテも調達icon22

同じテーブルの人たちともすぐにうちとけることができるのも、お酒のチカラでしょうね。


無邪気な楽しそうな人たちの表情も結構、酒のアテになります。笑顔のない人はなく、会場に楽しさが満ちあふれ、皆友達の輪icon61


いろいろな趣向が用意されていることにもビックリ。
ゲームもしましたよ。

梅の宿6

ワタクシは全然ダメでしたが(2回も挑戦したのに^^;)、景品(お酒)いただきました。


利き当てゲームもやってみましたが、難しい~
正解ならず。残念。

ラッキーナンバー抽選会などもあって、かなり盛り上がりました。

が、時間いっぱいいたのに、肝心の蔵見学を忘れてしまいまして…^^;

初参加は戸惑うことも多くて、宿題をのこした感じ。
また、来年も行けたらいいなあと思います。


蔵元さんスタッフはたいへんだっと思いますが、楽しく過ごさせていただき、ありがとうございました。

梅の宿5


至れり尽くせりなのに、蔵開き記念のお酒まで頂戴して、恐縮、恐縮(だって、参加費無料なんですもの。大サービスだと思います)。

先日、お近づきになったK杜氏さんにもお目にかかれて幸せでした。
お酒がらみでしかお会いしないSさんともバッタリ、久しぶりの接点を祝したのでした。


それにしても、朝は降っていなかった雨が、最寄りの新庄駅に降りるや降り出すとは。雨女の貫禄じゅうぶんといったところでしょうか。蔵開きイベントにこれまで雨が降ったことはない、などと聞くにつけ、うう…(-_-;)

それでも、10月30日の桜井市ウォーキングフェスティバルで雨中の龍王下山を果たした身にはもうこれしきの雨など何ということもないのでした。イベント自体は屋内会場でしたし、ね。

梅乃宿酒造葛城市東室27
TEL0745-69-2121

この日の夜は、かぎろひ誌の読者のあずみさんと、三条通りの「大和酒Shop&Bar 酒商・のより」で落ち合うことになっていました。

「今日は梅乃宿さんの蔵開きへ行ってきたんですよ」と言うと、心得た店主が出してくださったのが 、話題の鹿サイダー



ここで、最初に、お酒以外のものを飲んだ記念すべき日になりました。
すっきりとした味わいで、少し残っていた酔いが一気にさめるようでした。



それでも、さすがに日本酒は飲む気にならず、曽爾高原ビールをいただきました。
限定販売の“へレス”を。やっぱり地ビールはおいしいな。


あずみさんとは海龍王寺の布薩の行法に参加された後の21時頃の約束で、ほんの短いひとときでしたが、初対面とも思えない親近感がありました。どうやら酒豪らしい、ということもわかって、うれしい限り。

この次は、食事でもしながらゆっくり飲みましょうね。ありがとうございました。お疲れさまでした~。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/11/06 Sun. 11:50 [edit]

category:

TB: --    CM: 8

06

コメント

 

一文字 寅さん
おはようございます。
今回初参加でしたが、人の多さに圧倒され、なかなかテーブルを確保できず、やっとひと隅あけていただいたり、アテを買いに走ったり。皆さんいろいろと持ち込んでいらっしゃったので、慣れた常連さんは違いますね~
寅さんもさすが、ベテランといった貫禄です!!
しげちゃんの記事は、興味深く拝見しています。そう、おいしいお酒があれば、立ち寄る楽しみが増えますよね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/11/07 07:13 | edit

 

マーキーさん
おはようございます。
以前のことは、うわさには聞いております。救急車の出動などもあったとか? 飲み過ぎは、お酒に失礼ですね。なーんちゃって、おいしいとつい、ですよね。
今のスタイルでもじゅうぶん楽しめました。
初回だったので、戸惑うこともあったのですが、来年はスムーズに立ち回れると思います。蔵見学をしなかったのも心のこり。
あ、別メール拝受しております。またメールさしあげますね。
ありがとうございました。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/11/07 07:06 | edit

 

■かぎろひさんへ
少し昔の盛大なステージショーと無料飲み放題を知る私などにとっては、相当おとなしくなってしまったな~ の印象なのですが、
一緒に連れて行った初参加の3人は、今日の感じでも とても良かった~を連発していました。
「やっぱり日本酒はいい」 そういってくれたので、とても良かったです。
今日連れて行った小さな立ち飲み屋のしげちゃんと日本酒ファンを一人でも増やそうと計画中です。
新展開あれば今後のブログに書いていく予定です。
(寅)

URL | 一文字 寅 #79D/WHSg | 2011/11/07 01:37 | edit

 

お久し振りです。
梅の宿の蔵開き。最近は行けてません(^^;)
昔(10年前くらいかな)結構ザックバランな感じでどちらかというと大吟醸クラスも飲み放題な感じの蔵開きだったんですが、飲み過ぎの人が続出してから少しずつ変わっていって今の形態に至っているようです。
かなり楽しんだ様子で良かったですね♪

URL | マーキー #79D/WHSg | 2011/11/06 22:52 | edit

 

三郷人さん
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。
私も5日午後の部で参加しました。
たくさんの人にまずビックリ。いろいろな趣向もあって楽しめました。1000円のお酒福引きのときは、あっという間に行列ができて、思わず後ろに並んだのですが、時すでに遅し、だったようです。
それでも、いろいろ楽しかったです。また来年も行けたらいいのですが。
へぇ、長龍酒造さんのあるのですか~
いつか機会があったらこちらものぞいてみたいものです。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/11/06 21:32 | edit

 

円亀山人さん
こんばんは!
わぁ、スゴイ、スゴイ。
文豪たちとゆかりの深い「神谷バー」ですね!!
デンキブラン、どんなんなのでしょう。
コワイような、試してみたいような。
それにしても、円亀さん、東京でハツラツとはしゃいでいらっしゃる感じがして、レポート楽しいです。
また、写真などありましたら掲示板へよろしくお願いします。
私は昨夜、あずみさんから「ヨイトマケ」ゲット。感動の出会いを楽しんでおります。私もまた、掲示板でご報告しまーす。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/11/06 21:22 | edit

 

私は5日の午後の部へ参加しました。確か4回目ぐらいです。
現在住んでいる前は高田市に住んでいたのですが、その頃は
行かずに、4年前に移ってから参加しています。
当日は残念ながら雨でしたが十分楽しめました。
今週は広陵町にある長龍酒造の蔵開きです。常連のお目当ては
酒粕と新米(5kg)です。

URL | 三郷人 #79D/WHSg | 2011/11/06 20:28 | edit

 

「梅乃宿 蔵開き」凄い人ですね。アテコーナに柿の葉寿司が見えるのが
うれしいです。その後の「あずみさん」との出会いもいい感じですね。
曽爾高原ビール(限定販売のへレス)、私も呑みたい~!
今日は東京も雨。でも浅草へ繰り出して、かの有名な「神谷バー」にて、
古典的な「デンキブラン」を味わってきました。創業当時は45度もあった
のが、現代風に30度程度に落としていますが、店の宣伝文句には、
生ビールとデンキブランは「相思相愛」とありました。なるほど、デンキブランを
ストレートで飲むと(空腹時は特に)キク~ッという強さ。独特のブレンドで味
もクセになりそうなキツさ! でもうま~い!
ちなみに神谷バーの住所は浅草1丁目1番1号。名誉ある歴史を誇るお店な
のです。つづいて東北蕎麦の名店「十和田」で純米吟醸「浦霞禅」でお蕎麦を
戴き! 秋田名物「たくわんの燻製」も初体験。飲み食いだけでは芸がない
ので「台東区立一葉記念館」の開館50周年記念特別展もバッチリ鑑賞して
帰りました。雨の東京からのレポートです。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2011/11/06 18:59 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form