09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

龍王山リベンジ 



ずうっと前から、龍王山へ登りたいと思いながら、しかもチャンスは何度もあったのに、叶わないまま歳月が流れていました。
雨天中止だったり、一緒に行くはずの人が急に体調をこわしたり、誘ってもらったときは都合がつかなかったり…。

1人散策は好きなのですが、山は別。
慎重をムネとするワタクシ、万が一を考えると勇気が出ません。
登山家のサックンから「低山をなめたらアカン、むしろ低い山での事故は結構多い」という話を聞くにつけても、やはり1人行動は慎もうと思うのでした。

『かぎろひの大和路』24号で柳本を特集した時も、取材中いつもお山を見上げながら結局、登れないままだったのです。

先日の「桜井市ウォーキングフェスティバル」18㎞に参加する気になったのは、龍王山を経由するコースだったことが大きいカナ。

ああ、それなのに、当日は雨天。

「いちばん楽しみだった龍王山からの眺めは視界ゼロ。トホホのホ。リベンジに燃えるかぎろひでした。同行者モトム。」

と、当日のブログに書いたところ、手を挙げてくださる人が続出。ブログ友達のありがたさを感じたのでしたicon59

しかーし、未経験のか弱き大和撫子軍団だけではちょっと不安。
よく山歩きをされているこの方が同行してくださればいいなあ、とひそかに思っていたところ、お申し出があり、欣喜雀躍。

おお、こちらの思いが届いたか~と思っていたのですが、改めて「同行者モトム」の記事コメントを確認してみたら…

「リベンジの会、欠員が出たらお声掛けください。(笑)」という遠慮がちななむさいじょう氏に対して、
ワタクシ「リベンジの会、ぜひご参加ください。っていうより、リーダーになってください!!」

あは、ひそかに思うどころか、強引な要請をしていたようで^^;
たいへん失礼しました。
お応えいただき、ありがとうございました。


というわけで、即、隊長が決まり、意外にも早く、龍王山リベンジの日はきたのです。
なむさいじょう隊長以下、emirin、kuma、メグ、らん♪、かぎろひ、5隊員という6人チーム。
(日程の都合で参加できなかった方には申しわけありませんm(_ _)m)。


11月27日、天理市トレイルセンターを9時30分に出発することになりました。

ワタクシはちょっと早めの、JR奈良駅8時発の万葉まほろば線に乗車。
トップの写真は、その電車から撮った龍王山。

柳本駅で下車してから天理市トレイルセンターまでの間も、道草しながらお山を眺めては気持ちを整えました。

↓黒塚古墳から(左)と崇神天皇陵から見た龍王山



龍王山は、中世に十市遠忠によって城が築かれたことで知られますが、時代をさかのぼると、柿本人麻呂が妻を葬った“引出(ひきで)の山”もそうだと言われています。

ワタクシにとっても、積年の思いがふくらんで憧れにも似た存在になっているお山ですからね、いざ初登頂となると、感慨深いものがこみあげてくるのでアリマス(笑)


←さあ、出発!











↓谷川沿いを、林の中を、頂上めざします。




↓群集墳の中を道は続きます。
やっぱり、1人では、ちょっと不気味でしょうね。みんなで歩くと怖くない。どころか、探検も。
600基以上の円墳があるのだという。




お昼前には頂上へ。






わぁ。






やや霞んではいますが、大和盆地に浮かぶ箸墓、その向こうに耳成山、畝傍山がはっきりわかります。


↓矢田丘陵と生駒山




↓北側の山並みを見てみましょう。




上の写真は南城跡から撮ったもの。

←北城跡へも行って見ました。








道中、水の神様をまつる、2つの龍王社に出合いました。



片や、背後に龍のような姿の木、もうひとつは「毒へび注意」。小社ながら強烈で忘れられません。


↓そしてこの方。長岳寺奥の院の不動明王さま。



おお、こんな山中に、ダビデのような面差し!?
若々しくて、たくましくて、とってもカッコイイんです。

ふだん、人の訪ね来ぬ夜なんか、動き回っていらっしゃるのでは、と勘ぐってしまいましたよ。


 

>ねえ、キミ。
ちょっとの間、ここに立っててもらえないかな。
キミのかわりに、オイラがご婦人方をお山へ案内しますんで。





※同行の皆様がすでにブログアップされています。
emirinさん→こちら
らん♪ちゃん→こちら
なむさいじょうさん→こちら



大きな地図で見る

皆様、一緒に歩いてくださりありがとうございました。

積年の願いがここに叶い、記念すべき日となりました。感謝です。

山歩きに仲間の存在が大事なことを、改めて感じた次第です。

奈良には、魅力的な山がいっぱい。
どんどんチャレンジしていきたいものです。
また、どうぞご一緒してくださいね~。

さあっ、次はどこに登りましょうか?

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2011/12/01 Thu. 23:34 [edit]

category:

TB: --    CM: 19

01

コメント

 

なむさいじょうさん
おはようございます!
お疲れさまでーす。
これまで抱いてきた思いが達成したので、龍王山に登ったぞ~!と、あの日の感激は、じわりとしたうれしさになって続行中です。
おかげさまです。ありがとうございました。
同時に、山歩きの楽しさをひしと知ってしまいました。
他の山にも登りたい→単独行は無理→大和撫子軍団だけでは不安→要隊長、という図式が成立しますので、どうかよろしくお願いします。
ぜひとも相談させてください!
あ、“か弱き大和撫子軍団”“慎重をムネとするワタクシ”という下りは苦笑しながら、キーをたたきました^^; はい、一応、自覚はあります。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/12/03 07:45 | edit

 

こんばんは!
遠慮がちな隊長です!
いつも山ン中を単独行でウロウロしてますけど、今回、グループでのハイクの楽しさというものをよ~く感じました。
ハプニングもありましたし・・・・トイレ事件
龍王山はそれほど高い山ではありませんが、この山道は、女性の単独行はやはり避けたほうが無難でしょうね。
> 隊長にちょっと相談してみましょうか。
はい、どうぞっ!(笑)
また楽しく同行させてもらえたら嬉しいです。
P.S.
“か弱き大和撫子軍団”・・・・・ちょっと、引っかかるものがあります。

URL | なむさいじょう #79D/WHSg | 2011/12/03 02:54 | edit

 

リンネさん
こんばんは。
そうでしたね。あれからもう1年!
では、山歩き第2弾が具体化したときは、ご連絡さしあげますね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/12/02 21:28 | edit

 

円亀山人さん
こんばんは
応援ありがとうございます。
意外に早くリベンジできて、うれしくてたまりません。
もう以前から山歩きをしたくて仕方がなかったのですが、1人ではためらわれるし、周りには同好の友がいないしで、なかなか実現しにくかったのです。
山仲間の輪が広がればいいな~と思っています。
衾道をの歌は、龍王山を背景にしていたと思いますが、もう少し北だったかな。
長岳寺奥の院の不動明王さま、私もこれほどすばらしいとは思っていませんでした。また会いに行きたいくらいです。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/12/02 21:26 | edit

 

リンネです。
>ナラ咲くブログ仲間での山歩き、もしよろしければリンネさんも参加されませんか?
そう言えば、一年前ならまちで「ナラ咲く祭り」が開催され、かぎろひさん、なららさん、emirin達とお会いしましたね。
「同行者モトム」の企画 楽しみにしています。

URL | リンネ #79D/WHSg | 2011/12/02 16:54 | edit

 

リベンジ成功、おめでとう!!
よかったですね。これも、すべて、かぎろひさんの日頃の
山歩きの、いや、ブログ道への精進のなせるワザです。
お仲間に感謝しなくちゃ!
「ぶろぐ仲間」=「登山仲間」、凄いことになってきました。
「円墳がある」辺りの杉林、ほとんど熊野路(中辺路)の山道そっくりです。
そして、「長岳寺奥の院の不動明王さま」素晴らしいですね。
横顔なんか、ほとんど「ガンダーラの石仏」ではありませんか。
制作者の精神も形象化された様式も、時代の若さを感じさせます。
何か関連する背景でもあったのでしょうかね。
頂上からの眺望は言うことなしです。箸墓、耳成、畝傍が連なる大和国中。
まさに「まほろば」です。手前の柳本古墳群などの点在が、かつての低湿
地と弥生の稲作の始まりを彷彿とさせます。
 「衾道ふすまぢを 引手ひきでの山に 妹を置きて
                山道やまぢを行けば 生けりともなし」
                           (柿本人麻呂 巻2-212)
犬養孝先生揮毫の万葉歌碑があるのはどこでしたかね。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2011/12/02 15:11 | edit

 

リンネさん
こんにちは。
アドバイスありがとうございます。
はい、靴って大事ですよね。
手持ちの新しいのは、これから慣らすところです。
楽しいですよねえ、山歩き。
リンネさんは本格派ですものね。
あ、この前は葛城山を歩いてはりましたね。
ナラ咲くブログ仲間での山歩き、もしよろしければリンネさんも参加されませんか?

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/12/02 12:23 | edit

 

メグさん
こんにちは。
お付き合いありがとうございました。
たいへん楽しかったですね。
やっぱり山歩きは1人では危険ですよ。
またみんなで登りましょう。
大国見山、私も行きたい山の1つです。
とても秀麗な山ですよね。
隊長にちょっと相談してみましょうか。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/12/02 12:10 | edit

 

kozaさん
こんにちは。
長年の思いが叶って大感激の龍王山でした。
あそこから、ウォーキングフェスティバルとは逆に歩いて瀧蔵権現さんにもお参りしたいなあと思う今日この頃です。
kozaさんはあっちゃんという同行者がいつもいらっしゃるからうらやましい限りです。
うちは、つき合ってくれませんし、ブロ友のほうが楽しいです。
お家から見える山々を制覇されたのはスゴイですね。
私もいろいろ登ってみたくて仕方がありません。
矢田丘陵は一部だけ歩きましたが、縦走もしてみたいな。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/12/02 12:06 | edit

 

らん♪ちゃん
こんにちは!
そうそう、歩いてみたら、みんな結構、いける。
自然も、石仏も、何よりもチームワークが楽しいですね。
それと、頂上に立ったときの達成感。お弁当!
身体にもいいみたい。
先月、雨中のハイキングをしてから、体脂肪率がぐっと下がって、そのままというのも不思議。体重は変わらないのに。って、この話、以前もしたような^^;
楽しいひとときをありがとうございました。
また、ゼッタイ行きましょうね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/12/02 11:59 | edit

 

こんにちは
信貴山・若草山・高円山・国見山・龍王山・・・
「山」のカテゴリの記事がどんどん増えてこれからも楽しみです。
山歩きの装備なんですが、雨具も重要ですが、やはりしっかりした足回り、山靴選びも大切だと思います。
良い靴は、疲労度も随分違います。
ちょっとずつ買って山の装備が増えていくのも楽しいですよ。♪

URL | リンネ #79D/WHSg | 2011/12/02 11:01 | edit

 

さっきのコメント
石上神社って書いてましたね
石上神宮です。 訂正 こんな初歩的な間違いしたらアカンよね
それと コメントを投稿してから もう一度コメント見たら
emirinさんと 出だし 一緒だったので 思わす(笑)
だから こうやって ブログでの繋がりが どんどん進化していけるのかな?? これからも 楽しい事 続きますように (*^。^*)

URL | メグ #79D/WHSg | 2011/12/02 10:25 | edit

 

よっ  待ってました!!
(て言う私 ブログにアップしてません・・・)
私もご一緒できて 良かったです。
一人で登ってる時とは違う 楽しさ 
ありますよね~~
だって 古墳の所 気味悪くて ちょっと足早に通りたくなるのに
探検してましたもんね~~
お陰で こちらの古墳の様子 のぞき見る事 できました (^^ゞ
それに 南城跡も北城後も 両方行けて良かった良かった!!
下りが急だったので このコース 逆で 登っていたら
きっときつかったやろうな~~って 隊長さんに感謝しながら
下ってきましたわ。
準備して行ったお陰で?(普段 ウロウロしてる)足も筋肉痛になる事もなく過ごせました。
次 行きたいお山は~~ 
は~~い
同じく天理にある <大国見山展望コース>
石上神社~桃尾の滝~大観寺~大国見山
宜しく~~ (@^^)/~~~
 

URL | メグ #79D/WHSg | 2011/12/02 10:14 | edit

 

龍王山、良かったですね。左回りで上ると群集墳を見ながら登りますから、よく目に入ります。
もう、登ったかもしれませんが、矢田丘陵の縦走がいいですね。眺望もあります。
それから三輪山参拝はどうでしょうか。写真は撮れないし、眺望はないけど、一見の値打ちありますよね。
僕らは「家から見える山はすべて登ろう」と、三年がかりで達成しました。

URL | koza #79D/WHSg | 2011/12/02 09:06 | edit

 

おはようございます~
山登りの醍醐味を感じながら読ませて頂きました。
なんだか無事にみなさん筋肉痛にもならなかったようで
よかったです(*^_^*)
なんだかんだいいつつ奈良を散策している中で
みなさん歩いているんでしょうか。
たくましい会となりましたね。
あ~~楽しい一日でした\(^o^)/

URL | らん♪ #79D/WHSg | 2011/12/02 08:59 | edit

 

kumaさん
おはようございます!
おかげさまで、積年の夢を果たすことができました。
ありがとうございました。
下りが結構しんどいことを、龍王山で知った気がします。
雨の経験があったので、今回はわりと楽でした。筋肉痛もなかったし。やはり慣れかも。
また登りましょ。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/12/02 07:33 | edit

 

emirinさん
おはようございます!
ありがとうございました。
お山から大和盆地を眺めることができて感動でしたね。
emirinさんの望遠、やっぱりスゴイですよ~
達成感もいいですね。
仲間と行くのも楽しい。
お弁当がおいしい。
やみつきになりそう^^;
また登りましょうね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2011/12/02 07:28 | edit

 

こんばんは!
お疲れさまでした〜。http://blog.narasaku.jp/img/d/xE721.gif>
楽しかったし、無事に頂上まで登れて気持ちよかったです〜http://blog.narasaku.jp/img/d/63733.gif>
見所もたくさんありましたね。http://blog.narasaku.jp/img/d/63903.gif>http://blog.narasaku.jp/img/d/63903.gif>
下りでちょっとへこたれそうになったのですが、かぎろひさんとなむさいじょうさんは、雨の中歩いてらっしゃったんだ…と思うと力が湧いてきました。
また貴重な経験をさせていただきました。
ありがとうございました!!
かぎろひさんの願いが叶ってよかった!! (^-^)v

URL | kuma #79D/WHSg | 2011/12/02 00:43 | edit

 

今晩は!
よっ・・・待ってました!
読んでいて・・フムヅム・・(笑)
やっぱり・・・かぎろひさんはすごい、楽しいブログ記事です!
本当に、誘って頂き・・ボツボツながらも付いて行けて
良かったと感謝です、有難うございました!
龍王山からの眺め・・良かったですね!
若草山や高円山火床よりも高い場所・・・
あんなに遠くまで見えるなんて・・最高でした。

URL | emirin #79D/WHSg | 2011/12/02 00:10 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form