fc2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

近つ飛鳥博物館 

11月22日、Yさんが企画案内してくださる番外編では(⇒)、富田林寺内町を見学した後、金剛バスに乗って、近つ飛鳥博物館を訪ねました。

231122金剛バス
↑まもなく廃止される金剛バスに乗ろうというYさんのはからい。

すでに、この12月21日(木)から新たな地域公共交通が運行されるようですから⇒
↑写真も貴重なものになりそう。


約15分くらい?で到着。終点です。


近つ飛鳥博物館は、近つ飛鳥風土記の丘と一体になっています。

2311221風土記の丘

知らなくても、それとわかる安藤ワールド。

231122建物

打ちっぱなしの壁面が要塞のようですが

231122建物2


後ろに回ると、アッと驚く大階段

231122大階段2


231122大階段
↑塔は「黄泉の世界」をイメージ、とか


展示室は前方後円墳の形をしているんですって。
この時はピンときませんでしたが、そういえば、円形でしたね。ここが後円部?
スロープを下りながら、大きな大仙古墳を俯瞰しつつ、近づいていく感じが印象に残りました。

231122博物館3

近くまでいくと、なかなか手の込んだジオラマで、大仙古墳の大きさを改めて感じさせられました。

231122博物館6

興味深く見させていただきましたが、ワタクシ自身はなんと大阪の遺跡の知らないことよと、実感した次第です。

やっぱり、行ったことがある所は見方が違いますよね。聖徳太子廟とか、観音塚古墳は、記憶に残る風景を描きながら、やっぱり親近感がわきますね。

秋季企画展は「知られざる南河内ー地域に眠る遺跡たちー」

231122知られざる南河内

河南町、太子町、千早赤阪村、富田林市の遺跡が紹介されていましたが、知らないとこばかり(;^_^A

「鹿谷寺(ろくたんじ)」跡は行ったことがあるので、高~い石塔模型に興味津々。

231122鹿谷寺

上からも見られるのがいいですね。

231122鹿谷寺2

鹿谷寺跡へは、たしか、二上山から大阪側に下ったときに、立ち寄ったのでした。⇒
もう、7年前になるとは。雨中登山でしたよ。今なら、中止でしょう(笑)

南河内は二上山などの山を境界にして奈良と接していますよね。

博物館からの帰りのバスの中で、キャッチした一枚

231122二上山2



大阪府立近つ飛鳥博物館⇒

この日は、近つ飛鳥博物館見学の後、風土記の丘で古墳探検もしたのですが、またの機会にm(__)m

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2023/12/06 Wed. 19:47 [edit]

category: 番外編

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/3515-331c6950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list