fc2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

なら歴史芸術文化村で修復工房見学ツァーに参加 

5月16日、急に「なら歴史芸術文化村」へ行く気になったのですが、翌17日、上皇ご夫妻が訪問されたというニュースを見てびっくり。

16日、「文化財修復・展示棟」では、ちょうど、修復工房見学ツァーにも参加できる時間だったので迷わず申し込みました。

※13時に参加券を配布。定員10人。14時5分前に東塔模型前に集合。14時から40分のツアーでした。

薬師寺東塔模型

230516薬師寺塔


1階には、触って体験できる、校倉造りの隅組なども

230516校木隅組



1階は写真撮影OKだったのですが、修復工房見学は×

修復工房見学ツァーは、学芸員の解説つき。この日は若い女性でした。ご自分の経験や感想なども交えてわかりやすく解説してくださり、参加者10人ということもあって、和やかないい雰囲気でした。

ツァーは、建造物、考古学、絵画・書跡等、仏像等彫刻の、4分野を巡ります。

ツァーに参加しなくても、フロアから見学できるのですが、参加すると、もう少し身近に様子がわかる特別エリアへ誘導していただけました。

現在修理中の文化財は、HPによりますと
【建造物修復工房】  多坐弥志理都比古神社本殿
【考古遺物修復工房】  天理市内出土品(寺山古墳群、柳本立花遺跡等)
【絵画・書跡等修復工房】  當麻寺奥院蔵・當麻曼荼羅図、南法華寺(壷阪寺)蔵・両界曼荼羅図、榮山寺蔵・栄山寺文書、春日大社蔵・競馬図 六曲屛風
【仏像等彫刻修復工房】  光堂寺蔵・四天王立像、安明寺蔵・薬師如来坐像、野迫川村平区・釈迦如来坐像、當麻寺・金剛力士像のうち阿形像


この日、残念だったのは、作業されている方が少なかったこと。絵画・書跡の分野でお二人いらっしゃっただけでした。今から思うと、翌日の上皇ご夫妻訪問に合わせての準備に追われていた? のかと(笑)


それでも、印象深かったのは、あの當麻寺の仁王様。
日本ミツバチが仁王像のなかに巣をつくっていたというあの方です。ついに解体修理されるのですね。

3年前に仁王門で撮った金剛力士、阿形像

20200817仁王像

修復工房では、仁王様はこちらに背を向けて横たわっていらっしゃったのですが、背筋のみごとなりゅうりゅう感にひきつけられました。
説明では、後ろは見えないからということで手を抜いた彫刻もあるようなのですが、これは、きちんと細部まで力を入れていることがよくわかりました。

詳しい報告が、文化村のスタッフブログにありました(2022.5.25)。搬出作業の写真も。こういう記事はありがたいですね。⇒


記事をざっとまとめてみると
當麻寺の仁王さん(阿形像)の頭の中に約30年の月日をかけてミツバチが巣を作った。
2021年、約1万匹のニホンミツバチのお引越しが完了。

當麻寺仁王像は江戸時代の作で、ヒノキ材の寄木造、玉眼が嵌められている。大阪仏師であった田中主水家に伝わる仏師系図によると、作者は高福(1766年没)という仏師であると書かれている。仁王門は延享二年(1745)の上棟で、ほぼ同時期の作と考えられる。

阿形像はニホンミツバチの影響で損傷が激しく、また経年の劣化で矧ぎ目が緩んできているので、解体修理が行われることになった。2年間かけて美術院が文化村工房で修理を行う。

阿形像の修理完了後、さらに次の2年をかけて吽形像の修理も。



なら歴史芸術文化村は、4棟から成り立っています。

こちらは、交流にぎわい棟

230516交流にぎわい棟

「道の駅」にも登録されているようです。

230516道の駅

農産物をはじめ特産品、お土産物が販売されています。
ホテルも隣接

※なら歴史芸術文化村⇒

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2023/05/18 Thu. 10:27 [edit]

category: 天理市

TB: 0    CM: 0

18

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/3301-b23bf504
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list