09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

片上醤油さんで 

2月26日、お酒つながりのマーキーさんと一緒に葛城の道を歩きました。
へへ、近々のイベントの、まあ、下見といったところでしょうか。

その途中、思いがけないハッピーな出来事がありましたので、今回はその話を。

一言主神社を過ぎると、片上醤油さんの蔵があります。
お酒のことに詳しいマーキーさんは醤油蔵にも興味津々。一度ゆっくり見学したいなあという話などしながら蔵にさしかかりました(※事前にお願いすると見学させていただけます)。


この日は日曜日なので閉まっているはず。

と思ったら、あれ、開いているみたい。「ちょっと寄っていきましょう」




マーキーさんは小瓶のセットを購入され、「青大豆醤油がめちゃおいしいのよね」などなどおしゃべりしていたところ、

突然、上のほうから「マーキーさん!」という声が。
なんと蔵見学されていたのは、マーキーさんのお知り合いのYさん一行だったのです。
偶然ってほんとにおもしろい。楽しい。

蔵で説明されていたご主人から「時間があったら、ご一緒にどうぞ」とお言葉をかけていただき、喜んで見学させていただいたのでした。




杉の大桶の中で、醤油たちは約1年半ほどをかけてじっくりと熟成します。
青大豆醤油にいたっては、3年もの熟成期間なんですって!

お酒の見学でもいつも思うことですが、発酵という現象はほんとうに不思議。
興味が尽きません。


この後、厚かましく、モロミを味わう会にも同席させていただきましたicon22



↑これだけの種類を“ききモロミ”(ってそんな言葉あるんかい^^;)

色も味わいもビミョーに違います。
うまくそれを表現できないのが残念でくやしいのですが無理~
語彙の乏しさ、言葉の限界をつくづく感じてしまうのです。
今となっては、1つ1つのお味を区別して思い出すこともできませんしね。


とても貴重な楽しいひとときでした。
片上醤油さん、奥様、お世話をおかけしました。
突然でしたのに、ありがとうございました。


それにしても、奇遇な出会いやハプニングがあるから、人生っておもしろい、と思わずにはいられません。

マーキーさんとも昨年、お酒のご縁で知り合っただけですし、この日お会いしたYさんは大阪天神橋で小料理店を営んでいらっしゃるとかいうのを聞けば、近くまで行くことがあったら寄ってみようと思いますものね。
お酒つながり(だけ)は、果てしなくどんどん広がるような気がする昨今なのでアリマス^^;


この日、ワタクシは醤油ではなく、「古代ひしお」なるものを求めてまいりました(←)

奈良県醤油工業協同組合が文献をもとに試行錯誤の末、復元したものだそう。








これもちょっと試させていただきましたが、なんとも玄妙なお味で、惚れ込みました~
お酒のアテにサイコーでしょう。

あ、これについては、改めてご紹介したいと思いまーす。


片上醤油さんでは、冬季限定で、←醤油もつくっていらっしゃいます。

ああ、子どものころを思い出します。
実家のお餅の醤油は、だいぶ甘めで、冬は特別にこの醤油の入った器が常にありましたね。
焼いたお餅はこれにドボッとつけて、たっぷりの醤油をくぐらせていただいたものです。

今はそういう食べ方はしませんが、窓から見えた雪景色とともに懐かしく思い出されます。

片上さんの焼もち醤油は、いろいろな醤油をブレンドした醤油屋さんならではのもので、かつてワタクシが慣れ親しんだものよりももっと上等ですが、どこか懐かしいお味なのです。
焼もち醤油→こちら


※以前、片上醤油さんについて書いた記事もよろしければどうぞ。→こちら

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2012/03/01 Thu. 17:15 [edit]

category: こんな品

TB: --    CM: 4

01

コメント

 

おはようございます。
お疲れさまです。
日帰り東京出張でこの時間では、お疲れがたまるのではありませんか。
たっぷり睡眠をとってくださいね。
醤油のことを以前書いたときに、いただいたコメントでそれぞれの方がすでに愛着のものを使っていらっしゃることがわかり、ちょっと感動しました。
郷里のものだったり、お気に入りがあったり…
たしかにお味噌も味わいがちがいますよね。
奈良県内にもまだまだ知らないものがありますので、機会があったら試してみたいと思います。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2012/03/02 08:16 | edit

 

■かぎろひさんへ
片上醤油さんは、数年前雑誌クロワッサン(だったと思います)で、シロガネーゼ御用達しの醤油として
全国の食材(酢・みりん・砂糖・味噌など)に混じって紹介されたことがあります。
私も片上醤油の「たまり」という醤油小瓶を使っています。
あと奈良県では、五條のナカコさんや今井町のイヅツマンの醤油「夢ら咲」が、冷奴やたまごかけごはんに良く合いますよ。
私も全国の醤油と味噌にはまったことがありますが、
ただ日本酒以上に、味に好みが分かれるのが、醤油や味噌なので、これらに関しては、好みの押し付けはしないようにしています。
(一文字)

URL | 一文字 寅 #79D/WHSg | 2012/03/02 02:01 | edit

 

マーキーさん
こんばんは!
ほんとに思いがけない展開で、楽しかったです。
モロミのビミョーな味わいの違いを、マーキーさんはきちんとおさえてはって、スゴイです。
私などはもうごちゃごちゃになっていますので^^;
今週、来週とよろしくお願いします。
あっ、コース変更の件、まだ確認に行けてません^^;
来週早々にはと思っているのですが。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2012/03/01 23:07 | edit

 

こちらこそ ご一緒出来て楽しかったです。
いやあそれにしても、井上醤油さんの蔵見学はテンション上がりましたね♪
もっとお話が聞きたいので、機会を設けて蔵見学お願いしようかと思ってます。
まあ今は目の前のイベントですけどね(^^)
モロミはどれも興味深かったですね。モロミによって塩味、香ばしさ、酸味などそれぞれの特徴が味わえて素晴らしかったです。
醤油蔵は初めてでしたが、日本酒と同じくらい面白くて大変なんだなとしみじみ思いました。
今週もよろしくお願いします。

URL | マーキー #79D/WHSg | 2012/03/01 22:06 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form