fc2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

中将姫と當麻曼荼羅ー祈りが紡ぐ物語 

奈良国立博物館で、貞享本當麻曼荼羅修理完成記念 特別展「中将姫と當麻曼荼羅ー祈りが紡ぐ物語」が開かれています。8月28日(日)まで。

220803ポスター


8月3日、行ってまいりました。

220803奈良博

當麻寺のご本尊は「綴織當麻曼荼羅」(国宝、8世紀)
中将姫が一夜で織ったという伝説がある、4メートル四方の大きなもので、極楽浄土の教えが描かれています。奈良時代の原本(根本曼荼羅)は傷みがはげしいため非公開。現在、當麻寺にご本尊として祀られているのは、2回目の模写とされる、室町時代の「文亀曼荼羅」(重文)。

今回、奈良博で修理完成記念として公開されているのは、江戸時代の貞享3年(1686)に写されたもの。

根本曼荼羅と同じ大きさ、精緻な絵と鮮やかな色彩に圧倒されます。修復作業もご苦労が多かったことでしょうね。

展覧会では、全国各地に及んだ當麻曼荼羅信仰の一端を感じることができます。
奈良町にも中将姫ゆかりの寺院がいくつかありますが、徳融寺や誕生寺のものが出ていました。

當麻曼荼羅厨子扉(国宝)もすばらしい。

220803厨子扉

もちろん、こちらも大きなもので縦343cm、横は63cm×6。黒漆塗り、蒔絵で蓮池が表されていて壮麗。源頼朝の名前を見ることができました。


期間中、當麻寺では、
国宝「東塔・西塔」初層特別開扉
令和4年(2022)7月16日(土)~8月28日(日)の毎土・日曜日及び祝日

曼荼羅堂の国宝・曼荼羅厨子の裏扉が開扉され、秘仏「裏板曼荼羅」がご開帳されます。
曼荼羅堂拝観料:500円

奈良国立博物館⇒
當麻寺夏季特別展「中将姫展」⇒
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2022/08/05 Fri. 11:23 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2999-3464cb24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list