fc2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

いにしへの奈良の都の八重桜、あの歌碑は今 

3月15日、近鉄尼ヶ辻駅からJR郡山駅まで歩いた日のこと。⇒

九条公園を過ぎて、郡山の古いまちなみへと入ろうとしたとき、こんな道標を見つけて

220315羅城門跡道標

行ってみることに。
平城京の羅城門跡へは、ずいぶん昔に行ったことがあるのだが、なーんにもないというか、殺風景な所に説明板だけがあったような? でも、それから10年以上は経っているはずだから、少しは変わっているかも、と思いながら。

220315高架下

変わってないやん(笑)

説明板だけポツン。

220315羅城門跡説明

たしか、この近くに「平城京羅城門跡公園」というのがあったはず。↓グーグル地図から

公園地図

地図で見る限りでは、結構広くて誰でも知っている感じがするでしょ。

が、地元にお住まいらしい、散歩中の男性「さあ、聞いたことないなあ」。
ベビーカーを押した若いママならきっと公園デビューしているでしょうと尋ねても「わかりません」

この時点で、ん? どんな公園やねん。

車道の端っこをこわごわ歩いていくと、薄暗い広場が出現し、あれかなあ。

220315平城京羅城門跡公園

たしかに、子どもが遊ぼうという気にはならないだろうし、親も「あそこはやめときなさい」って言いそうな不気味さ。

おそるおそる足を踏み入れると、懐かしい歌碑が!

220315いにしへの歌碑

20年前は確かに平城宮跡にあったのだ。

2001歌碑
↑2001年4月25日、小川光三先生


周りを見回すと、他にも歌碑が

220315あをによし歌碑

220315定政歌碑

行き場のなくなった歌碑の末路のようで、何だか悲しくなってしまった。というか、ほかに行先あるでしょ。北浦定政さんの歌碑なんかは、ふるさとにあったほうがいいのでは。かぎろひ歴史探訪で行ったよね⇒


「羅城門跡」にしても、平城京の正面玄関なのだから、もっと大事にしてほしいもの。
実際の跡は、佐保川の中らしいけれど。

220315羅城門跡説明2

220315佐保川


ネックはその微妙な地理にある?

220315地図2

奈良市の南の隅っこで、すぐ南も西も大和郡山市。
羅城門跡に至っては、大和郡山市のエリアになるのか?

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2022/04/08 Fri. 23:12 [edit]

category: 奈良八重桜

TB: 0    CM: 0

08

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2876-c61f9c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list