07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

散華美術館 

昨年末だったか、奈良きたまちに「散華美術館」ができたことを知ってから、ずっと行きたいと思っていました。
近いのだからすぐに行けばいいものを、行動派でないワタクシ、まずは、“行きたいとこひきだし”へ入れておくのが常です(ひきだしは、あふれるばかり^^;)。

不思議なことに、ひきだしに入れておくと、ゆっくり近づいてくるんですよね。

この春、別のところで、「散華美術館」のYさんとお知り合いになったのも、そんな先ぶれだったかもしれません。

そうして、先週、中川俊彦さんの「描くよろこび」展を見に行ったときicon52、そのお隣が散華美術館で、ついに念願かなったのでした。




行きたいと思ってから半年も経っていますから、ワタクシの想像力もふくらみっぱなしなのですが、実際はもっともっと素敵でした。

「描くよろこび」展開催中のヨシミチガギャラリーと、散華美術館は2軒続きの長屋で、風情たっぷり。同じ方が営んでいらっしゃることも初めて知りました。

その方こそ、中川さんからお聞きしていた絵の先生で、散華美術館(NPO法人美術散華保存会)の事務局長さんという顔もお持ちなのでした。
別件でお聞きしていた方も、実はご本人だということが判明し、ひとつの糸に。ワタクシの中にいた数人は、なんと同一人物だったというわけです。多方面でご活躍のようです。はい、聞きしにまさる、とっても素敵な方でした!


散華美術館の内部






←もちろん販売用もあります。











←ワタクシは、かねてからほしかった「奈良八重桜散華」を入手しました。


珍しいものや美しいものがたくさん展示されていて、うっと~り。
今回はおしゃべりに夢中だったので、また改めて、ゆっくり見せていただきたいと思っています。



散華美術館

奈良市西笹鉾町24

開館は、原則、土日祝。それ以外は事前連絡すると対応してくださいます。

開館時間:11:00~16:00(春夏は17:00まで)
入館無料
毎月第1土曜日に写仏散華教室開講。

お問い合わせは
NPO法人美術散華保存会
TEL:0742-36-8780
E-mall: info@sange-npo.jp


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )




帰ってから、手持ちの散華を見たくなりました。




蓮の花のかたちだそうですが、よく見ると、微妙に曲線などが違っているんですよね。




←これは、どこのかおわかりになります?















こたえ:2010年の「正倉院展」レイトチケットの記念しおり
(昭和23年開催の正倉院展ポスターを使用)

散華形しおりは、この年だけだったのかしら。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2012/06/16 Sat. 09:50 [edit]

category: こんな店

TB: --    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form