FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

続明暗 

夏目漱石最後の小説『明暗』を読むと、尻切れトンボがなんとも歯がゆい。すぐに水村美苗さんの『続明暗』を読んでスッキリ(笑)。続いて紹介するつもりだったのに、すっかり遅くなってしまった。

昨日(12日)、1回目のコロナワクチンを接種したこともあり、今日は静かに過ごしている。まあいつも静かではあるのだが、心持がやっぱり違うような。ブログカテゴリーも読書にしようということで思い出した次第^^;

2105続明暗

『明暗』について書いたのは2か月ほど前⇒

『明暗』の終わりを受けて、ごく自然に始まる『続明暗』
何の違和感もないのだが、時間の流れが全く違う。早いテンポで物語は展開してゆき、読むほうは、ドキドキはらはらしながら、ページをめくる。

『明暗』は、就寝前のひとときをゆっくり読んで、何日もかかったのに、こちらは眠くならず、一気に読んでしまった。
ミステリー小説を読むような、と言ったら失礼になるだろうか。どうなるのー、という感じで途中でやめられない。

作者の意図にまんまと乗せられたようだ。あとがきより。
私は『続明暗』が『明暗』に比べてより「面白い読み物」になるように試みたのである。
ゆえに漱石と意図的にたがえたことがいくつかある。まず『続明暗』では漱石のふつうの小説より筋の展開というものを劇的にしようとした。筋の展開というものは読者をひっぱる力を一番もつ。次に段落を多くした。これは現代の読者の好みに合わせたものである。さらに心理描写を少なくした。これは私自身『明暗』を読んで少し煩雑すぎると思ったことによる。語り手が物語の流れからそれ、文明や人生について考察するという、漱石特有の小説法も差し控えた。



津田とお延の新婚夫婦をとりまく登場人物のうち、『続明暗』で鍵をにぎるのは小林と吉川夫人。
小林は『明暗』から一転、なんだかかっこよくなっているし、吉川夫人はかわいそうなくらい悪人に仕立てられているのが、ちょっと気になった(笑)


『続明暗』の展開については、ネタバレはいかんので、ぜひご一読を。
あ、その前に『明暗』を読んでおくのは必須。


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2021/07/13 Tue. 13:45 [edit]

category: 読書

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2601-a70b8c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list