FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

化粧坂へ 

7月2日、初瀬で所用を終えた後、長谷寺へ向かったときの話。

210702参道

参道を歩いていて、ふと、こんな時期の化粧(けはい)坂はどんな様子かな。久しぶりに行ってみよう。てな気になりまして。

参道を右へ折れて化粧坂へ。

210702化粧坂へ


これまでに2度ほど歩いたことがあります。
かれこれ30年ほど前に、郷土史家の方に教えていただいた旧道です。
坂の途中から望む長谷寺の景観が忘れられません。

210702化粧坂へ2

この日は、参道を歩く人もいなかったのに、こんな山道を行く人などいるはずもなく、やや不安になりながら。でも、さほど長くない道を知っているので、少しは安心感も。


こんな急勾配やったかなあ。トシのせいか、と思いながら(笑)

210702化粧坂


化粧坂の道標、ありました!

210702道標


頂上について

210702頂上

あれ、坂道からの展望は何もなかったことに気づいたのでした。樹木が成長したんですね。


頂上では、休憩しつつ、近鉄電車を心待ち(笑)

210702近鉄

山の中を走る電車が一瞬、姿を現すのです。

210702近鉄1


あまりにも急勾配だったので、元へ戻る勇気がありません。滑りそう^^;

なだらかな道が続いているような道をとることに。

210702集落へ


急坂もありましたが、ぐるっと回るかたちになって、反対側から元の道へ。

210702一周
↑正面が化粧坂。左手は長谷寺参道へ


なかなかオモシロイコースでした。もしかしたら、以前歩いたことをブログに書いているかも。

と、調べてみると、11年前の記事にありました!⇒

同じことをやっていて、我ながら笑ってしまいました。成長してへん(笑)

すっかり忘れていたのですが、11年前は、元に戻らなかったのは同じながら、この道を行ったようです。

210702石標

この7月2日も、ちょっと迷ったのですが、勇気が出ませんでした。
過去のことを覚えていたら、行ったかも。

↑道標は、右 くわんおんちか道

この時、読めていたら、行ったかも(笑)
享保5年(1720)の建立だそうですよ。
桜井市図書館のPDFで知りました⇒


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2021/07/07 Wed. 07:56 [edit]

category: 桜井市

TB: 0    CM: 6

07

コメント

思い出しました! 


なむ隊長ゞ

おはようございます。ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。

なむさんの写真を見て、急速に思い出しました! というか、なんで忘れるんや、というところなのですが。
35年ほど前に郷土史家の方に、実は愛宕山へ連れていっていただいていました。ただ、愛宕山とは聞かなかった(と思う)ので、化粧坂からの途中から見た風景だと思いこんでいたようです。朝から、かぎろひ誌の旧刊を引っ張り出して確認。本文記事のトップにここからの写真を使っていました(笑)

この次はぜひとも行ってみます。
それにしても、自分の記憶の曖昧さにガクゼンとしています。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2021/07/09 06:43 | edit

愛宕山 

こんばんは!
ご無沙汰しております。

大和の和尚さんのコメントにある愛宕山は愛宕神社(の跡)がある所ですね。
ほぼ正面に長谷寺本堂が見えます。
JR東海の「うましうるわし奈良」で以前長谷寺が採り上げられたとき、愛宕山からの映像が素晴らしかったので、その後何度か足を運びました。
弊ブログでアップした写真がありますので、ご参考まで。
http://namusaijo.blog.fc2.com/blog-entry-1684.html
の中の「長谷寺 (2012年11月24日撮影)」。
もっといい写真があればいいのですが、残念。

URL | なむさいじょう #xJNZT49Y | 2021/07/08 20:56 | edit

勇気が要りますね 


大和の和尚さん こんにちは。引き続いてのコメントをありがとうございます。

あ、言われてみれば、たしかに頂上付近に分岐があったような気もしますが、進んで行くのはちょっと怖そうな感じですね。長らく人が歩いていないような? 化粧坂もそうでしたが(笑)。樹木が繁茂し、薄暗いうえに、この日は雨の後だったこともあるかもしれません。ニョロニョロさんもいるから気をつけてと、その前に会った方に言われていましたし、ドキドキな寄り道でした、実は(笑)

観音近道はブログで見ると11年前に歩いているようですが(笑)、この日はトンネルに入って行くような感じで勇気が出ませんでした。今度行くとしたら、秋から冬でしょうかね。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2021/07/08 12:50 | edit

化粧坂と愛宕山 


おはようございます。大和の和尚です。

かぎろひさんは「伊勢辻」から南東方向の橋を渡り左の「下化粧坂」を登られたと思いますが、この頂上付近で右方向の神社への分岐があります。
この神社が「愛宕山」に鎮座してます。

この峠を越えると与喜浦へ下り、「右 くわんおんちか道」道標のところに出ます。この道標に向かって右方向「観音近道」「上化粧坂」を行くと「与喜天満神社」を経て長谷寺前の赤い橋「連歌橋」へ出ます。

ちなみにこの「化粧坂」を経由する街道が江戸時代の参詣道で、明治時代には「愛宕山」の麓をぐるっと迂回する道(かぎろひさんが戻られたアスファルト道)ができ、昭和時代には今の国道165号ができました。いずれも大和と伊勢を結ぶ重要街道ですね。

URL | 大和の和尚 #1B17l5wo | 2021/07/08 10:42 | edit

初耳です 

大和の和尚さん こんばんは。コメントありがとうございます。

愛宕山、知りません。化粧坂からの分岐にも気づきませんでした。
峠の頂上までにあるのでしょうか? え、どこかな^^;

次の機会には探検して行ってみたいと思います。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2021/07/07 21:24 | edit

隠口の里 泊瀬 


こんにちは、大和の和尚です。

長谷寺参道南側の山道(旧道)を歩かれたようですね。
与喜浦の「くわんおんちか道」道標に反応してます。

この山道(旧道)から分岐して「愛宕山」へ立ち寄りましたか?
私はこの「愛宕山」から長谷寺を見るのが好きで写真スポットですよ。

この辺の裏道、以下のまちづくりマップを参考にして下さい。
緑の点線道がおすすめです。ここの(A)と(B)が写真スポットです。

奈良県まちづくりマップ → 初瀬
http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?itemid=15271

URL | 大和の和尚 #1B17l5wo | 2021/07/07 13:44 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2595-9ef4ebb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list