07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

結崎ネブカ 

7月4日、磯城郡(しきぐん)川西町(かわにしちょう)へ。

約束していた午前中の取材を終え、午後からは「結崎ネブカ」のリサーチ。といっても、今頃は植え付けの時期かなあと漠然と考えていただけで、誰にもアポはとっていなかった。現地で動こうicon09

結局、商工会→農協とお訪ねして、その日のうちに生産者の方にまでたどりつけたのは、とてもラッキーだった。
しかも、植え付け最中にも行きあえて、願ったり叶ったり。充実した楽しい1日となった。日焼けはどんどん進んだけれど…(今さらなにを)(>_<)


「結崎ネブカ」は、大和野菜(※下記参照)23品目の中にも選定されていて、最近とみに知名度も評価も高い。

←昨年11月24日、結崎駅前のお店で、結崎ネブカうどんを食べて、そのやわらかさとうまさに、これは川西特集号にはずすわけにはいかないぞ、と思っていたのだった。

うまみだけではなく、栄養価も(普通のネギと比べても)高いという。



川西町は観世能発祥の地として知られるが、室町時代に翁の能面とひと束のネギが空から降ってきたという言い伝えがあるそうだ。
こんな伝説を聞くと、ますますありがたい。


この日、まず、川西町商工会を訪ねてみた。
突然だったのに、広域経営指導員のYさんがいろいろと資料を出して説明してくださった。

最後には「貝ボタン」の話になり、アッと、川西町のもうひとつの特産品に気づかされた。全国トップのシェアだそう。


結崎ネブカの生産者や圃場については、農協で聞いてください、ということだったので、その足で(違った、糸井神社さんへ立ち寄ってから)JAならけん川西支店へ。
これまた突然だったのに、とても親切に対応してくださった。
今、お名刺を見て、あっ、支店長さんと副支店長さんやったんや、と気づいた次第^^;

さすがに生産者の状況を逐一把握されていらっしゃった。

ここで、結崎ネブカづくり第一人者の宇野さんの連絡先を教えていただく。

改めてお電話して約束してから出かけようかとも思ったのだけれど、近くまできていることだし、畑の場所もだいたいお聞きしていたので、行ってみることに。もしかしたら、畑にいらっしゃるということだってあり得るかも。

へへ、4月に、油掛地蔵を見つけるのにicon52迷ってウロウロしたせいか土地勘が結構できていることが幸いした。迷うのも悪くないなぁ。


畑の中に人影を見つけ、「こんにちは~」
いきなり「宇野さんですか?」と聞くほうも聞くほうだが、これがオオアタリicon22

自分の名前や所属を名乗る前に、小躍りして喜んでしまったのだった。
失礼の段、お許しください。

宇野さんは、農作業の手を止めて、結崎ネブカの畑へ案内してくださった。宇野さんご自身はまだ植えられてないそうで、他の方の畑である。




と、ちょうど植え付けまっただ中の方がいらっしゃった。



↑手前が宇野さん。
ずっと向こうにいらっしゃるのが、この日植え付けされていた方。定年退職したばかりで、結崎ネブカには今年から取り組まれるのだという。「初めてなのでどうなるかわかりませんが」とおっしゃりながら、実に丁寧に作業をされていた。


まっすぐに植えるために赤い糸を使っていらっしゃったり、右のほうの穴は15㎝間隔にあけられている。




しばらく話をしてくださった後、奥様と一緒に仕事にかかられた。




見ていて気持ちが熱くなるほどの黙々とした丁寧な手作業で、これは食べるほうも心して味わわなければと思ったのだった。




↓5月初旬、こんなトレイに種をまく。




結崎ネブカが復活の兆しを見せたのが平成14年。
「市場から姿を消したとはいえ、おいしいので家族で食べる分だけは作っていたんですよ」と宇野さん。

復活を決めたとき、種は盃一杯しかなくて、種を増やすのに数年かかったという。

平成17年、3軒の農家で15アールを作付け、初めての出荷。

平成18年、生産者7人で「結崎ネブカ生産部会」(宇野会長)を立ち上げる。

毎年、生産者が増え、現在は18軒。


軟らかくて背が高い分、育てにくく、手間もかかるそうだ。
強風は要注意だし、病気にも弱いらしい。
折れやすいので、袋詰め作業に至るまで、細心の注意をはらわなけらばならないという。


宇野さんに教えていただいた結崎ネブカの畑を見ながら、東へ歩く。
どの畑も美しい。





←あっ、これは。違いますね。

でも、周りには結崎ネブカが植えられるのかも。








↓整地中の畑、発見。



お尋ねしてみると、やはり結崎ネブカを植えられるとのこと。「天気がよかったら明日にでも」
そして「苗はあそこに」と教えてくださった。



↑手前にあるのが、トレイの苗。
ちょっとのぞかせていただく。





それから、農協でお聞きしていたFさんの畑へ。
わぉ、この生育ぶりはどうだ。実は、実験的に、時期を早めて栽培されているとのこと。




おいしそう~♪




※結崎ネブカの収穫、出荷は8月中旬から翌年の2月下旬まで。

生産者は時期をずらしながら植えていく。
現在のカボチャ畑が結崎ネブカ畑になったりもするとか。

ワタクシ、これからまだしばらくは結崎通いが続くので、見守っていきたい。
成長ぶりをレポートできたらいいな。

皆様、たいへんお世話になりました。
ありがとうございました。

※川西町商工会 結崎ネブカ復活物語

大和野菜(大和の伝統野菜)
戦前から奈良県内で生産が確認されている品目。
地域の歴史・文化を受け継いだ独特の栽培方法等により「味、香り、形態、来歴」などに特徴をもつもの。

(奈良県発行のパンフレットより)

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2012/07/05 Thu. 20:05 [edit]

category: こんな品

TB: --    CM: 10

05

コメント

 

K商工会 広域経営指導員 Y さん
こんばんは!
わぁ、コメントありがとうございます。
その節はお世話になりました。
はい、おかげさまで、あの日はとんとんといってラッキーでした。
結崎ネブカの成長ぶりもまた見学に行きたいと思っています。
店頭に並ぶのが楽しみですね。
あれから何度か、商工会さんの前を通らせていただいてます。
あっ、先日の夏フェスタ2012にも、ちょこっとお邪魔させていただいたんですよ。
貝ボタンの積み上げ大会などもあったようですね。
まだ取材は続きますので、また立ち寄らせていただくかもしれません。よろしくお願いしま~す。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2012/08/07 21:15 | edit

 

かぎろひさん  先日はご苦労様でした。
あの後、JAそして生産者の方にうまく辿りつき、植付けの取材までできたとはラッキーでしたね。
「結崎ネブカ」はあと少しで出荷となりそうですが、この暑さで栽培状況がどうか…少し心配ですが出荷が始まれば店頭に並ぶのを期待して下さい。
あと「貝ボタン」にも興味を深めていただき、広く広報していただければありがたいです。

URL | K商工会 広域経営指導員 Y #79D/WHSg | 2012/08/07 16:36 | edit

 

なむさいじょうさん
おはようございます!
お疲れのところ、ご丁寧にありがとうございました。
私も、1度食べただけなのに、あちこちで言いふらしていたようで、ちょっと混乱しておりました。失礼しました。
結崎駅前のおうどんやさんは、気取らない、ほんとに大衆的な雰囲気で、これがまたいいのです。
取材中に、これから何度か行くと思いますので、また正式にご報告したいと思っております。
これから、久しぶりに、神戸へ行くところです。楽しみ~♪
雨もあがったぞぉ。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2012/07/07 07:46 | edit

 

こんばんは!
大ボケこいちゃいましたか。
糸井神社と、結崎と、どっかで写真を見たネブカうどんが、ごっちゃになってしまいました。
結崎ネブカの実物は、東京日本橋の奈良まほろば館で初めて見ました。
早く食べてみたいです!

URL | なむさいじょう【再び】 #79D/WHSg | 2012/07/07 01:24 | edit

 

emirinさん
こんにちは!
朝、雨の降らないうちにと出かけたら、ものの数分後にどしゃぶり。やっぱりかぁ、と思いながら用を済ませて帰ってきました^^;
すぐに止んだので、ベランダに傘を干していたら、また降り出して、ありゃりゃ。
あ、でもこの日はいいお天気でした~
「結崎ネブカ」最近は大手スーパーにも出回っているようです。すき焼きがきっとおいしいと思うな。ネギ焼きも食べたい。
そうそう、貝ボタン。そんな豪華な貝ボタンのブラウス…持ってないやろな(って知らんのかい)。
そうか、自分で付け直すという手もあるんですね。今度、ボタン屋さんで見てみよう。しかし…きっと、似合わない…^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2012/07/06 13:29 | edit

 

かぎろひさん       こんにちは!
クンクン・・・
美味しい匂いに誘われて~~来ましたぁ(笑)
「結崎ネブカ」すごい!
それと、「結崎ネブカうどん」美味しそう!
結崎ネブカ・・
ちょっと待てよぉ~・・と、思いだした事が・・
結崎に知っている方がいらして(主人の)頂いた事があるかも??です。
奈良県中央卸売市場でもみましたよ。
川西町の貝ボタンもすごい!
全国トップのシェアとはびっくり!
まったく知りませんでした!
昔、数年間・・服の販売員をしていましたが、そこのお店は拘りで
プラスティクのボタンではなく貝ボタンを付けてました。
白蝶貝や黒蝶貝のボタン・・虹色に輝くので綺麗でした。
今は、あまり見なくなりましたが、普通のブラウスなどを、
少し高めの値段ですが、貝ボタンにすると雰囲気も変わって・・・
少し豪華になり気分も一新しますよね!
私も・・・・「結崎ネブカうどん」」食べたくなりました!
秋からが、楽しみですね!

URL | emirin #79D/WHSg | 2012/07/06 11:43 | edit

 

なむさいじょうさん
おはようございます!
さすが、くいしんぼのなむさいじょうさん、結崎ネブカのこと、よく覚えていてくださいました!
って、今まで、写真アップも記事にもしていないと思うのですが…私のところではこれが初登場かと…たぶん(だんだん自信がなくなってきた…確認します^^;)。
誰かのブログ(らん♪さんでしたっけ)で、結崎ネブカのことが話題になってコメントしたような気はします。(思い違いだったらゴメンナサイ)
とはいえ、食していないのに、結崎ネブカうどんのイメージがしっかりできているというのはスゴイです。ぜひ食べに行ってください。寒くなる頃がいいでしょうね。私もまた行くつもりです。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2012/07/06 05:44 | edit

 

円亀山人さん
おはようございます。
苦労の多いわりには評価されず、市場から消えていった野菜たちが、スローフードの時代とともに見直されてきたのはとてもうれしいですね。
奈良盆地のまんなか、ちょうど磯城郡のあたりは肥沃で、いい作物がとれるのだと思います。
高齢になっても、土と親しんでいる皆さんは活き活きして魅力を感じます。この日お会いした宇野さんも80歳を過ぎているとおっしゃっていましたが素敵でした。
農業こそ日本にとって大事ですよね。
はい、この地を中心にした特集を考えています。
相変わらずのんびりな取材ですが、よろしくお願いします。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2012/07/06 05:27 | edit

 

こんばんは!
以前の記事にアップされていた、ネギたっぷりの結崎ネブカうどんの写真を見て、食べたくて仕方ありませんでした。
再度、アップされましたね。
目の毒です。(笑)
今年はぜったい食べに行きます!

URL | なむさいじょう #79D/WHSg | 2012/07/06 01:13 | edit

 

「結崎ネブカ」ですか。みごとなものですね。
面(おもて)とネギが天から降ってきたお話は有名ですが、
こうして今もネギが栽培されているとは・・・。
「京野菜」に劣らぬ奈良の野菜ガンバレ!!
何がTPPか! この手間暇かけての農業をつぶされて
たまるか!!
(あんたが、そんなに怒ってどうする、の声あり?!)
次号はこの地域の特集なんですね。楽しみです。

URL | 円亀山人 #79D/WHSg | 2012/07/05 21:58 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form