FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

開基勝宝 

久しぶりに「じーさんの手料理」をアップしようと思っていたのですが、過去記事に誤りを見つけたものですから、日本で初めての金銭「開基勝寶」について。
ブログ記事が間違っていれば、何事もなかったように、そっと修正しておけばいいといえばいいのですが、記事をアップしてから2日も経ってしまいましたので、横線で訂正しお詫びを入れました。⇒

センセ作成の、歴史探訪配布資料を見ていて気づきましてん^^;

「開基勝寶」は皇朝十二銭(⇒)中、唯一の金銭。


昭和12年12月8日に発見されました。

210602新聞記事
↑新聞のコピーはHaさんからいただいたものです。

クリックで大きくなりますが、読みにくいですよね。

八日、生駒郡伏見村西大寺土木請負業宮本孝次郎さんが数名の人夫とともに西大寺停留所西方四、五町吉田病院東南線路の南側畑山を屋敷に地均し工事中(土地所有者布施市腹見町高見信七氏)地下四尺の炭を混へた灰層中より金色燦然たる金貨二十五個、金塊、金延板…


翌年、昭和13年1月1日発行の『大和志』に、日本史学者の田村吉永氏による詳しい報告が載せられています。

210602大和志
↑『大和志』コピーもHaさんから提供いただきましたm(__)m

これによりますと、昭和12年12月8日の午前9時頃に出土したのは

1、開基勝寶  完全なるもの      16個
  同       2個連接せるもの   2個
   同       少し痛めるもの    4個
   同       銀塊、沙金等の附着せるもの  1個
   計       25個
1、金塊    約20匁のもの   1個
1、金延板              1枚
1、銀製盤              2個分


翌日も発見されて、計31個となったとあります。

「開基勝寶」はそれまでに1枚、寛政6年(1796)、西大寺西塔跡から発見されていたのですが、こちらのほうは献上されて皇室の御物となっているようです。

昭和12年に発見された31枚の「開基勝寶」は、重要文化財として東京国立博物館に収蔵⇒


「少しくらい奈良に戻してほしいね」とセンセ(笑)


現在の出土地あたり

210602開基勝宝出土地


その少し先に、称徳天皇の山荘跡

210602称徳天皇山荘跡


いずれも説明板などなく、「史跡西大寺境内」の石碑が立つばかり。

210602西大寺境内碑

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2021/06/06 Sun. 09:34 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2564-e5ab01be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list