FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

加茂駅あたり 

「かぎろひ歴史探訪」4月4日のコースを案内しましたが(⇒)、漏れたことなどを。

実は、加茂駅に明治時代の遺構があるのです。それも、「大仏鉄道」という愛称で親しまれた関西鉄道時代のもの。
レンガづくりの「ランプ小屋」がそれ。

210329ランプ小屋

210329ランプ小屋説明

かれこれ35年ほど前になりますかね、「大仏鉄道」を追っかけていて、かぎろひ誌の旧刊で、シリーズ掲載していました。
その頃はまだ、大仏鉄道に乗った人や見た人がいらして、おもしろい話も聞けたんです。

もちろん、この「ランプ小屋」も撮りにきました。
加茂駅は今はすっかり新しくなっていますが、その頃は昔の駅舎そのままで、ランプ小屋もホームの片隅にありました。
保存されていてよかった! というより、今も倉庫としてしっかり活かされているようですね。

加茂駅からは船屋通りを行きます。

210329船屋通り2

かつては、街道として、またその名前からもうかがえるように、木津川の舟運でも栄えたとのこと。
今はさみしい限りですが、そこここに往時の名残がしのばれます。

210329船屋通り
↑右は江戸時代の旧家、左は酒蔵

210329山城酒造
↑山城酒造の看板がかかっていました。


昨日の案内では、万葉歌碑の紹介にとどめたのですが、こんな歌碑も

210329みかのはらわきて

しばらく立ちどまって首をひねりましたが(笑)
あ、百人一首でも有名なあの歌ですね!

みかの原 わきてながるる泉川 いつみきとてか 恋しかるらむ(藤原兼輔)

泉川=木津川

瓶原(みかのはら)は、まさに恭仁宮のあるあたり。
三方を山で囲まれた盆地で、南には木津川が豊かに流れ、都づくりには適していたのでしょうね。

210329木津川


木津川沿いに立つ1本の大きな桜の木に心ひかれましたー。

210329堤防


そうそう、この商店街にお菓子屋さんを見つけました。

210329小間安老舗

下見の日はお休みだったので残念でしたが

210329小間安老舗3

「恭仁古銭」が興味深い。和同開珎に由来しているのでしょうね。

4月4日は営業されていると思いますので、帰りに立ち寄りたいともくろんでいます。

ホームページありましたー⇒

小間安老舗(こまやすろうほ)と読むようです。
「和同開珎」もあるぞ(笑)

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2021/03/31 Wed. 13:51 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2491-94c460b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list