FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

奈良国立博物館で 2020.12.23 

12月23日、奈良国立博物館へ。

201223奈良博

お目当ては、壱岐島出土の「滑石製弥勒如来坐像」⇒

つい先日、一支国博物館でレプリカを見たばかりだったので、何ともタイムリーな展示であったことよ。気持ちは複雑だけど(本物こそ壱岐にあったほうがいいんじゃ^^;)

ほかにもお宝がたくさん。おすすめデス⇒奈良国立博物館

年末のこんな時期ということもあるだろうが、鑑賞者は少なくて。
ゆっくり過ごして、館を出るとき、あっ、あのおじさまとバッタリ。

ちょっと立ち話をして別れたのだけれど、不思議なご縁を感じないわけにはゆかない方なのである。
お互い名前も知らないのだけれど…。

初めてお会いしたのが9年前、「ノムギ古墳」の現地説明会だった。
一緒に山の辺の道を歩き、「東乗鞍古墳」をのぞいた後、西へ下って、西山古墳や塚穴山古墳を教えてもらったのだった。

clip_image113.gif


この時のブログ記事はこの中に⇒(以前のブログポータルサイトが消滅するとき、古墳・発掘情報関係を一つにまとめたのだが、今は後悔。かえって見にくい。そのままにしておけばよかった^^;)


それからしばらくして、法隆寺で再会⇒


偶然、上ツ道を一緒に歩いたこともあったっけ。⇒写真消失したままだけど⇒


なんとも不思議な人で、カメラを向けたり資料を読んだリすることもなく、頼りは自分の眼だけという感じ。けれども、きっとこれまでに蓄えてこられたものがあってのことだと思わせる豊富な知識。それでいて、えらぶった感じはなく、ひょうひょうとしていて。


その後も、年に1度ぐらいはどこかでバッタリ顔を合わせるのである。
現地説明会が多いような気もするが、あまり行列が長いと帰ってしまわれたり。都塚古墳現地説明会⇒


今年2月には、偶然ならまちで出会った。⇒
懐かしい人との出会いについては改めて、と書きながらそれきりになってしまったが、実はこのおじさまのこと。

200228ならまち

そうして、この日、奈良博でしょう。
ほんとうに不思議な感じがしてならないのだ。

かなりご高齢のようだが、頭脳明晰、記憶力もしっかりされていて、一緒に東乗鞍古墳をのぞいたことも覚えていてくれていてうれしかった。この次はどこでお会いするだろうか…。


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/12/25 Fri. 11:21 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2387-023ee6c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list