FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

中尾山古墳 現地見学会 

明日香村、高松塚古墳の北にある中尾山古墳が50年ぶりに発掘調査され、11月28日(土)、29日(日)、現地見学会が行われた。

昭和49年の発掘調査で、八角墳であることが判明していたので、これこそが文武天皇陵だとする説が以前から濃厚だった。あ、宮内庁は少し南にある古墳を文武陵と定めている。

新聞で大きく報じられても、やっぱり、そうか、と思っただけで、さほど驚かなかったが、実際に古墳の中を見られるとなると、行かないわけにはゆかない。
29日、久しぶりに明日香村へ。

15人ぐらいのグループに分かれて順番に見学。とても見やすくありがたかったのはコロナのせい?
これまで、人気の現地説明会などでは、「立ちどまらないでください」という感じで写真を撮ることさえままならなかったのだ。黒塚古墳とか條ウル神古墳とかを思い出すにつけて、これからもこんな見学会でお願いしたいと思わずにはいられない。ご配慮に感謝感謝。


中尾山古墳は、そうそう紅葉の名所でもあったよね。

201128紅葉


墳丘は、三段築成であること

201128墳丘
↑クリックで拡大

一段目、二段目は基壇状の石積み、三段目は版築の盛土だけで八角形に成形。


周囲は三重の石敷きで巡らされていることがわかった。

201129外周石敷き3


201128外周石敷
↑北西隅の角度(黄色いテープ)が135度で八角形ということがわかる。


昭和49年の調査ではたしか、二重の外部施設という報告だったので、三重というのは新発見カナ。


墳丘のイメージ

201128墳丘復元図
↑グループを引率された方が図を示し説明してくださった。


現説資料から、墳丘・外周石敷範囲想定図

201129墳丘・外周石敷範囲想定図



それでは、埋葬施設を

201129埋葬施設

底石1、側壁2、奥壁1、閉塞石1、天井石1、隅石(柱石)4。
見事な切石で構成された横口式石槨。側壁、奥壁、閉塞石、隅石は竜山石(火山礫凝灰岩)が使用されているとのこと。

↑盗掘口は鏡を置いて、わかるようにしてくださっていたが、現説の資料表紙にはこれがバッチリ。

201129現説資料表紙



石槨内の様子は、別室で見せていただけた。

201128上映会場

写真は✖だったので、配布資料から。

奥壁

201129資料から奥壁
↑きれいに磨かれている。全面に水銀朱が塗布されていたとみられる。

内部の大きさは幅、奥行きともに90cmということから、火葬墓だということがわかる。
中央部の凹みは60cm四方、深さ1cm。ここに火葬骨を収めた骨臓器が安置されたらしい。

201129資料から床石


沓形石造物は幅約95cm、高さ約67cm、竜山石が使われているとのこと。

201129沓形石造物

201129沓形石造物2

端面が削られていてこれが135度だとか。8個あったのかな? 墳頂部に飾られていたとみられる。

当日配布の説明資料

201129現説資料
↑クリックで拡大




関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/12/01 Tue. 11:19 [edit]

category: 発掘情報・古墳

TB: 0    CM: 4

01

コメント

見学会 


なむ隊長ゞ

こんばんは。コメントありがとうございます。ほんとうにご無沙汰しております。
コロナのせいでしょう、現地見学会の様子もずいぶん変わっています。15人ほどでの移動、見学なのでとてもよかったです。竜山石もそうですが、尾根の整地や古墳築造に2万人の労働力を要したという話にも驚きました。

さっき、ブログ更新をしたのですが、牽牛子塚古墳が整備中でビックリです。あんまりきれいにされると魅力半減(笑)

URL | かぎろひ #- | 2020/12/02 19:34 | edit

牽牛子塚古墳 


入江正則さま

こんばんは。コメントありがとうございます。
牽牛子塚古墳の現地説明会を思い出しています。たしかに、石敷きがとても美しくて、135度の角度もよくわかりました。今回は小石なので、黄色のテープで角度を示していました(笑)
でも、石室内は豪華ですし、私は文武天皇陵にふさわしいと感じました。

URL | かぎろひ #- | 2020/12/02 19:26 | edit

竜山石 

こんばんは!
ご無沙汰してます。

「竜山石」と聞いて、おおっ! て思いましたよ。
今の高砂市からわざわざ運んだのも、最高級の石材とされていたからなのでしょうね。
都合で見学会には行けませんでしたので、いろいろと有益な情報をありがとうございました。

URL | なむさいじょう #xJNZT49Y | 2020/12/02 18:31 | edit

御礼 

豊永様、詳細な情報有難うございます。牽牛子塚古墳だったと思いますが、大きく平らな石を敷き詰めて八角形に囲んでいたのに比べますと、礫敷きの八角形は、ランクが下がると思います、果たして天皇御陵だったのか、疑問に思います。また組み合わせ式石郭もランクが、下がると思います。時期差なのか、ランク差なのかは今後は検討の余地がありますが。

URL | 入江 正則 #- | 2020/12/02 09:36 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2362-a9bf101a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list