FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

東海自然歩道で室生寺へ 

10月13日、室生口大野駅から、東海自然歩道を歩いて室生寺を訪ねた報告をば。

その前に、東海自然歩道について。⇒

2010東海自然歩道とは

↑クリックで拡大

東海自然歩道は、八王子と大阪・箕面を結ぶ1都8県2府に及ぶ全長1697.2kmの自然歩道で、長距離自然歩道の第一号として誕生しました。東海自然歩道連絡協会は、自然歩道が通過する関係団体がお互いの連携を深め、各地の優れた個性と魅力を紹介し、観光レクリエーションのマナーの啓蒙活動と、地域会社の発展に寄与することを目的に設立されました。


奈良県の場合は

2010東海自然歩道奈良


そのうち、我々が歩いたのは約4.4km(室生口大野駅からだと6km)。

宇陀市のサイトから⇒

宇陀市


室生口大野駅から東海自然歩道の入口まで約1.5kmは、舗装されたバス道を歩きます。

大野寺や

201013大野寺


対岸の磨崖仏を見ながら

201013磨崖仏


しばらくは車道沿いを歩くのですが、交通量はあまり多くないし、歩道はしっかりついているし、何よりも室生川の清流や迫る山をそこに感じながらなので、苦にならない、というかむしろ快適。

20101013県道沿い


やがて見えてくる「東海自然歩道」の文字にいざなわれて森の道へと入ってゆきます。

201013東海自然歩道入口


渓流に沿うなだらかな山道が素敵

201013東海自然歩道


何度も深呼吸しながら

201013東海自然歩道2

あっ、モデルがいまいちですが、ご容赦くださーい^^;


やがて、こんな看板が現われる頃から

201013注意


道が荒れ始めました。

201013東海自然歩道7

201013東海自然歩道6

ま、山歩きに慣れた人なら、大したことはないと思うのですが…

立山のあの岩道には比べようもないくらい⇒

なのですが、山歩きの経験がない人には過酷なようで

201013東海自然歩道14
↑センセが進まなくなり、振り返ると


門森峠はすぐそこ

201013東海自然歩道峠へ


下りの石畳がさらに滑りやすくて

201013東海自然歩道下り


ほんとうにお気の毒でした^^;


やがて、向こうが明るくなったと思ったら、山上公園へ出ましたよ。

201013芸術の森


山を抜けると、室生の里を見下ろす風景がすばらしくて。

201013室生寺へ2


201013室生へ

201013太鼓橋をのぞむ
↑紅い太鼓橋が見えて(クリックで拡大)


人が変わったようにスタスタ歩くセンセ(笑)

201013室生寺へセンセ

太鼓橋の前に出ました!

201013太鼓橋2


10月18日に実施した「かぎろひ歴史探訪」では当初、この東海自然歩道を歩く予定でしたが、急遽、バスに変更しました。
峠越えで室生入りをするのを楽しみにされていた方もいらっしゃったようで申しわけありません。
先日、番外編で歩きましょうかとお誘いしたところ、10人ぐらいから手が挙がりました。

予定を合わせて、11月頃に決行しようと思っていたのですが…
・室生寺は何度でも拝観したいけれど、18日にたっぷり味わったので、季節を変えたほうがいいのでは。
・室生寺はスルーして、室生古道を歩いて高井~榛原へ出るのも一案。が、ちょっとハードかもですし、18日に不参加だった人は室生寺拝観したいはず。ここで2グループに分かれるのも残念。

などなど、考えて、番外編歩きは来春あたりにしませんか~。
また、ご相談させてくださーい。

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/10/21 Wed. 09:10 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 0

21

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2320-959f109a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list