FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

月日貝と竹泉 

9月12日。塩昆布と焼鮭と梅干と漬物がそろったから、今夜は「お茶漬け」メインにするか、と夫。
わ、それは楽しみ。

塩昆布は、出汁をとった後、冷凍保存しておいて、ある程度ためて佃煮にしたもの(夫が)。シイタケやタケノコ、実山椒を入れて。2~3時間コトコト煮詰めた、なかなかの絶品。
5年以上つけた梅干しと、白菜と長ナスの浅漬けと。いずれも夫作^^;

予定では、ブログの中心話題になるはずだったのだが…
もっと、興味あることが出てきて、お茶漬けは退くことに(笑)


お茶漬けの前に、ちょっと酒のアテをと仕入れてきたのが、

200912お酒

↑月日貝のお刺身


え、え、風情ある名前やん。どんな貝なん? 調理するところは見ていなかったので、台所へ行ってみると

200912月日貝

わぁ、きれいね。なるほどお月様かお日様か、って感じがするわ。

と言ったところ、貝の裏と表も見てみ。

200912月日貝2

↑月日貝の表と裏。表と裏でこんなに色が違う貝って珍しいよね。


お刺身も、ボリューム感があり上品な味わい。貝特有の海の香りはそのままに。

月日貝⇒

ビールの後、お酒はいただきものの「竹泉」。
すでに飲み干した、やはりいただきものの「京伝来 純米大吟醸さらなり」と一緒に記念撮影。

「京伝来 純米大吟醸さらなり」は、「京の輝き」という酒造好適米を100%使っているらしい。精米歩合50%。すっとした、あまり主張のない穏やかさ。

その後に飲んだ「竹泉」は、え? 複雑な味わい。こんなタイプは飲んだことがないかも。
改めて酒瓶のラベルを確認してみる。純米吟醸雄町飴色Vintage、とある。雄町米100%、精米歩合55%。

この味わいはVintageの特徴? 2017BY.。3年古酒ということになるのだろうが、いわゆる古酒とは違う。一定の温度で熟成させた、いわばワインのような、ということになるのかな。

検索をかけてみたら、2017年からフランスで始まった「kura Master」がヒットした。フランス人によるフランス人のための日本酒コンクールだそうな。⇒

「竹泉」Vintageは、このコンクールで金賞を受賞したらしい。

夫はぬる燗にしてうまそうに飲んでいたが、どうやらこれが正解だったのかも。


贈ってくださったIさんにお礼を申し上げたら
「私は飲まないのでわからないし、箱のデザインが素敵だったので選んだだけ」とのこと。

「ジャケ買い」っていうやつよね(笑)。あるある。

IMG_3489.jpg


模様をじっと見ていると、竹泉という文字が現われてきた。秀逸やね。
この模様はしばらく、コースターにして利用するつもり。

箱に書いてあったよ。
筋柄の「竹泉紋」は、その紋様で
「雨がふり、川になり、田に入り、米がなる」様子を表しています。


話題にことかかない夕食となったのだった。

Hさん、Iさん、ありがとうございました。


すっかり主役の座を奪われてしまったお茶漬けも登場させておこう。

200912お茶づけ用


夫は予定どおり

200912お茶漬け
↑これにお茶を注いで

ワタクシは、白いご飯にも合うわ~とお茶漬けではなく、がっつりパクパク。

食欲の秋ですな(笑)

200912空
↑夕食後の空(笑)

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/09/13 Sun. 12:28 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

13

コメント

変なじーさんです 


かなでさん こんばんは。コメントありがとうございます。

月日貝が出回るのは珍しいようなのですが、たまたまおなじみのお店に置いてはったそうなんです。おいしかったです。

夫に興味をお持ちいただきありがとうございます(笑)
料理が趣味な変なじーさんです。買物も好きなので、すべてまかせています。まあ、こっちはどんどん腕は落ちますが^^;

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2020/09/14 21:24 | edit

 

こんにちは。

月日貝って初めて聞きました。
とっても美味しそうですね~♥
仕入れてきたと言うことは、ご近所で買って来られたのですか?

貝もさることながら、かぎろひさんちのお茶漬け、、、めちゃめちゃ美味しそうです。
具材ひとつひとつにこだわりがあって、きっと絶品お茶漬けなんでしょうね。
写真見ているだけでも美味しさが伝わってきます。

それにしても、いったいどんなご主人さまなんでしょう❣?





URL | かなで #- | 2020/09/14 15:33 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2274-ed229774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list