FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

二上山 石切場跡 

8月12日(⇒)、「岩屋」から「石切場跡」へ。

200812石切場跡


ちょっと不安になりながら、細い道をたどると

200812石切場跡へ


数分で到着

200812石切場跡2


高松塚と書いてありますが

200812石切場高松塚


説明版によると

200812石切場説明

高松塚古墳のほかにも、いろいろなところで使われているようです。
そういえば、二上山の凝灰岩で、という表現を各所で見てきたような気がします。兵庫県の竜山石、というのもありますよね。

なぶんけんブログで教えていただきましょう。⇒

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/08/20 Thu. 06:04 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

20

コメント

サヌカイト 


なむ隊長ゞ おはようございます。コメントありがとうございます。

ああそうでした、二上山はサヌカイトのほうが有名かもしれませんね。石器などはこれで作られていましたね。

竜山石と聞くと、何だか緊張がはしります(笑)。
採石遺跡のブログ記事、思い出しました。ありがとうございます。

運搬はほんとうに重労働だったことでしょう。名もなき人たちに思いをはせています。

URL | かぎろひ #- | 2020/08/21 07:06 | edit

凝灰岩 

凝灰岩もそうですが、石器に使われた二上山のサヌカイトもよく見聞きしますね。
二上山あたりは石器時代から人々に特別な思いを持たれた場所だったのかも知れませんね。

兵庫県の竜山石もよく知られていますね。
高砂市にある国史跡「「石の宝殿及び竜山石採石遺跡」へ以前、行きましたよ。
(弊ブログ → http://namusaijo.blog.fc2.com/blog-entry-997.html
平城宮で使われた竜山石は藤原宮で使われたものを移設したものだそうですが、藤原宮造営時は採石場で竜山石を切り出した後、船に載せて大阪湾に入ったのでしょうけど、大和川?(木津川?)をさかのぼって運んだのでしょうね。
二上山での採石、運搬も大変だったでしょうね。

URL | なむさいじょう #xJNZT49Y | 2020/08/20 23:23 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2250-bc8bcedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list